« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004.11.29

乙女心って

 まだ、ちゃんと「乙女心」が残っていたんですよ。うれしいですよ。涙が自然に出てくる。
ってね、そりゃぁ、40代後半60代になって、自分の中にこんなにも夢中になれる物があったなんて、嬉しいことでしょう。

 でもね、乙女心の無茶は若いから許されるのであって、大人の乙女心にはもっと分別があるはず。年代相応の夢中のなり方があるんじゃないだろうか。
 ひとの迷惑も考えずに夜中までウロウロ。再三の忠告にもかかわらず去らなかったという。挙げ句の果てに名前入りのサインをゲットしたという。

 ヨン様ってほんと人がいいんですね。これが優しさってことなのですか。夜通し集まってくれた家族(ファン)もいたから、何もせずにはいられなかった。と出て行ったら、あの大混乱。あのときそのまま裏から出て行けば良かった。サインにしても混乱が起きなくて良かった。
 日本のアイドルだって最盛期には逃げ回っていた。あれは、混乱を防ぐためだった。

 ファン思いのヨン様の、ああいう優しさにホロッといってしまうのね。
と、こんなにワイドショーを見ている私も相当な物だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.28

横濱カレーミュージアム

 今日も天気が良かったので散歩。伊勢佐木町の松坂屋4階には郵便局があったのです。知りませんでした。休日でも郵便を扱っているんですね。中郵便局ではやって無いから便利便利。

 

 横濱カレーミュージアムはいつでも行けるからいつでも行けない状態。で、初めて足を踏み入れた。

中はガラガラに近いほど空いていたが、お昼を食べてから出かけたので、何も食べずに出て来た。こんなに狭い場所で店毎に行列していたらにっちもさっちも行かないだろう。

一応、ミュージアムだから歴史が展示されている。テレビコマーシャルもやっているし。なつかしい。

 お試しサイズが半分の大きさで、値段は6割かな。いつかはしごをしてみたい。

041128-0.jpg 041128-2.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.27

ようわからん

 韓国からやって来た、ヨン様。
CMやらなにやらでずいぶんと稼いで帰ったのね。と思っていたら半年ぶりの来日だという。

 それにしても、なんの騒ぎ、って感じ。いい大人が、殺到して怪我までしたという。今どきの子供は並ばない、座ってられない。って言えないわね。マスコミも少しは自粛したら。って感じ。ワイドショーの司会者までもが浮かれている。あきれてしまう。

 私にはどこがいいのかさっぱり。笑顔がいいと言うが、顔そのものが私には馴染めない。
まぁ、プエルのどこがいいのぉ。って言う人もいるから、そんな物か。

 韓国はついこの前まで、日本語の歌の発売もされていなかった。日本の物は何でも排除だったと記憶している。サッカーによって両国は近くなったと言うが、本当にそうなのか。

 まぁ、日本人特有の昔のことは水に流して忘れましょう。って事で、韓国ブーム。今では、簡単に韓国行きのエアーチケットも取れない。と昔かっらの韓国ファンが嘆いている。スーパーに行けばキムチでもマッコリでも売っている。そりゃ、日本人はそれでいいだろう。

 あの人達はどう思って日本に来ているんだろうか。年寄りから聞かされている、日本の昔の事をどう思っているんだろうか。日本も戦前は洗脳教育だった。韓国だって…
 新しい時代の人たちは、昔のことは忘れて自分たちで時代を築こう。って思っていればいいが。
日本に行けば、稼げる。おばちゃま達が金を振りまいてくれる。ちょっとニコニコして手を振れば泣いて喜ぶぞー。とほくそ笑んでいることは無いのだろうか。

 それにしても、ここも中年パワーなのよね。この世代ってもしかしてGSに失神した年代なのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.24

いけれない

 行く、行かない、出る、出られない。行かれない、行けない。出れない。いけれない。
出れない。これを打つと我がATOKはら抜き言葉です。と警告してくる。でも、出れない。はもう認知されてしまったのだろうか。アナウンサーが中継で使ったときにはぞーっとした。

 今日も、紅白歌合戦のニュースで、上戸彩が「でれて」と使った。だが、字幕スーパーは「でられて」となっていた。

 間違った使い方が、正しいと通用するのが言葉は生きている。って、この前無くなった。金田一さんが言っていたが、「いけれない」はどうしても馴染めない。いい大人が言ったりすると、妙に気になる。なんで、行かれないが、いけれない。になり、なんでこれもら抜き言葉なんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.23

青梅奥多摩散策

 天気よし、体調いまいちだが青梅と奥多摩に行ってきたのです。
10年近く前に奥多摩湖と青梅の鉄道公園には行った事があるが、駅に降り立ったのは初めて。

 駅を出ると、着物の婦人が沢山。最近は着物が流行っているけど、ここまでいるとは。そうそう今日は、年に一度の青梅宿アートフェスティバル2004で、着物で行くと特典があるという。昭和物も流行っているし、町は老若男女の集まりになっていた。

 赤塚不二夫に竹下夢二、吉川英治。けっこういろいろ有るのでした。メインの道路が交通規制になっていないのが、少し気になったけど、楽しめるフェティバルかもしれぬ。
 青梅と言えば、青梅マラソンぐらいしか知らなかったけど、なんか頑張っている町に感じた。

041121-1.jpg  041121-2.jpg

 今回青梅に行ったのは、友達が店を出したので訪れたのでした。「マンガ図書館 ぱんぷきん」といいます。駅を降りたら右前方ビルの3階。セブンイレブンの向こうです。入り口は駅から行くとビルの裏側になります。

 まんが喫茶では無いんですね。そこはマンガだけではないのです。パソコン使えるし、教えもらえる。はんこも作ります。新聞も読めるし。スキャナは無料で、携帯の充電もできる。自分のパソコンを持ち込んで無線ランで使える。その上、刃物の研ぎまでするんです。

 青梅の駅前なので、電車待ちや乗り換え時にちょいと立ち寄れます。だけど、3階です。
 マンガ喫茶って思って入ると、なんだこれ。って思うけど、変わった「便利処」って思うと利用価値があるかも。基本料金は20分100円。延長は10分50円。食べ物の持ち込みも自由、自動販売機で飲み物もあるし、今秋葉で人気のおでん缶もありました。

続きを読む "青梅奥多摩散策"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.11.07

犬山に出張

041105.jpg

 4日から6日まで、またまた犬山に出稼ぎに行ってきました。
3日間とも晴天に恵まれて。こんなに青い空を見たのは久しぶりってくらい青い、吸い込まれそうだった。
 行く前は体調が最悪。這うようにしてやっと犬山に着いて、翌日からの仕事は出来るだろうか。と心配だったが始まれば何とかなり、お客さんがやってくると、不調のことは忘れていった。


041106-2.jpg

 翌日に体調はほとんど回復。テレビ愛知の取材が商店街にやってきて住民でもない私もちゃっかり写ってしまいました。旅の番組らしいが12月の放映で尚かつ全国放送ではないらしい。

 3ヶ月ぶりの犬山。それでも私を待っていてくれたお客さんもいて嬉しかった。通りの商店街の人たちもお世話になりました。
 こんなに皆さんに来てもらって嬉しいです。と近くの店のおじさんに言うと、いい仕事をすれば、お客さんは来るよ。と。励まされて。

 来月はいつ来ますか。さすがに毎月は出来ない。春祭りの前に来ますよ。と。あてにして待っていてくれる人がいると言うのは嬉しいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.02

京急日ノ出町駅

 たまには近場の風景でも紹介しようかと思って写真を撮りました。

 先日の台風で京急が一日も不通になったのは、この日ノ出町のホームのすぐそばの土砂崩れ。

この駅は小さい頃からの馴染みの駅。伊勢佐木町に行くのに降りた。駅前の不二家にもよく行った。懐かしい。まさかこのそばに住むことになるとは想像もしていなかった。

 不思議と言えば不思議な駅。ガードの上にホームが有り、その先がトンネルになる。えー、この駅ってガードの上に有ることを知ったのはびっくり。

041101-1.jpg

 小さい頃はこの掲示板一面に、映画のポスターが貼られていた。8カ所くらいの映画館が有ったのだろうか。今は2軒の紹介。寂しくなったのもです。

 昔の名画座はジャック&ベティになって、今もいい映画をやっている。

 今は、JRAが有るから週末には、新聞を持った人と、野毛山にいく家族連れが入り交じっている。

041101-2.jpg

 上りのホームに有るこれ、なんだかわかりますか。

三浦半島がタイルで描かれている。いわれを書いた本を読んだことが有るのですが、今は見つからない。

 京急のいろんな駅を見たけど、こんなのはない。初めて見たときはなんだかわかりませんでした。

 京急の創立と何か関係が有ったような。探してみよう、あの本。

041101-3.jpg

プラプラと伊勢佐木町を歩いて行くと、老舗のニシカワが閉店していた。大正初期に創業。後継者がいずに閉めることになったと書いてあった。

 帽子だけを売る店なんて、本当に珍しかったのに。

しかし、伊勢佐木町は生きているように変わる。二ヶ月に一度くらい歩くと、店が変わっている。前は何の店か覚えていないのは何だろう。

 どこの商店街も寂しくなっている。ここも昔と比べたら寂しくはなっているが、まだまだがんばっている。それでも、シャッターを閉めてしまった店もチラホラ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.01

新札

 何も考えずに、銀行にお金を下ろしに行ったらATMに大行列。月初めでもこんなに混むのか。昨日下ろし忘れた人が多いのかな。と思いながら並んで順番が来た。出してびっくり、新札だった。
 そうか、今日だった。朝からテレビで何度も見ていたけど、まさかATMから出てくるとは思ってもいなかった。みんな知っていて並んでいたのだろうか。
 こんな事なら、千円札も出せば良かったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »