2005.05.09

賢寿がんばれ!!

 GWの最後に日に横須賀スタジアムへ。シーレックス対巨人。もしかしたら、山本賢寿選手が出るかもしれない。と、ちょっとは期待を持っていたのでした。
 イースタンリーグの応援をしようと思ったとき、賢寿の姿を見ることが出来るかもしれない。と言う気持ちは少なからず有ったわけで、巨人だと球場は遠い。ならばここで待っていよう。って感じかな。

 彼は肩を壊してリハビリ中。と冬の間に聞いていて、シーズン初めのプロ野球選手名鑑にも、故障リハビリ。とあった。
 故障はして欲しくない。って願っていたのだけど、やっぱり、プロの道は厳しいのかな。

 試合が始まる前に3塁側のスタンドを見たけど、知っている顔は見あたらなかったし、親も見つからなかった。いないと言うことは、賢寿の登板は無いのかな。と。

 シーレックスは好調。巨人は次々と投手交代。66番が出て来たときには、ああ、あれが65番ならばなぁ。プロ野球名鑑を見ると、去年の新人はなんだかんだと1軍の試合に出ているのに、賢寿はない。それほど前に肩を壊したと言うことか。
 活躍していれば聞けるけど、なんか怖くて聞けなくて、シーズンが終わったら肩を壊した。と聞いたのでした。

0508-1

 そして、8回の始まりの時に3塁側スタンドがどよめいている。何だろうと思ったら、背番号65番がマウンドに走っている。私は何度も何度も背番号を確認してしまった。
 1塁側スタンドからも「賢寿がんばれ」「うなぎ屋がんばれ」のかけ声。今までのどの選手よりも大きな声援。確かに地元、そして小さい頃はここ追浜にいたから、敵味方もなくの応援なんだろう。
 再び3塁側を見ると、真剣な目で我が子を見る親父の姿を発見。やっぱり来ていたんだ。と私も3塁側に行ってみる。

 巨人は負けてしまったけど、賢寿の投げる姿を見ることができて良かった。これで肩も治っていれば次回は先発をして欲しい。と願ったのでした。

 がんばれ賢寿、故障に負けるな。応援してるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.04.06

湘南シーレックスの応援

 何か違うことをしてみよう。と今年に入ってから思ってました。で、考えついたのは横浜ベイスターズの応援。
一応横浜市民だし。って安易な考えで、プロ野球のことは殆ど知らないけど。

 高校野球は前はよく見ていたが、最近はみていないし、プロ野球のあのトロトロした行動がどうも気にくわない。
子供の頃は、一家に一台しかないテレビを夏になると親父様が独占。マンガをみていようがドラマを見ていようが、帰って来るなり野球中継にチャンネルを回されてしまうのだった。そのせいでプロ野球が嫌いになったのだろうか。アンチ巨人にもなりました。そのくせ、若い頃は「あぶさん」に夢中になって、ビックコミックオリジナルを読むため喫茶店に通ったこともあったのだ。やっぱり野球はパリーグだよ。なんて言ってみたりもして。プロ野球ニュースだけはみて、日本シリーズはパリーグを応援していた。

で、ハマスタの事を調べたら、なんでこんなに高いの。貧乏人にはそうそう球場なんか行けないじゃない。といろいろとやっているうちに、イースタンリーグにたどり着いた。
あっ、これならばセ、パは関係ない。入場料も安いし、女性の年会費は500円で、入会時に1枚の入場券をくれるという。若い人が多いからトロトロも少ないだろう。横須賀スタジアムもそんなには遠くないし。これだぁ。と湘南シーレックスの応援を決めたのでした。湘南シーレックスは横浜ベイスターズの要するに2軍です。

0326-1

開幕3月26日。追浜駅でおりると、湘南シーレックスの応援段幕。商店街にも応援旗。地元密着って言うけどこんな感じか。数年ぶりに行った追浜はなつかしかったけど、知ってるお店が何軒も無くなっているのは寂しかった。

イースタンリーグがどんななのか、全然わからずに、それも一人で横須賀スタジアムに乗り込んだのだが、チケットの買い方もわからない。友の会に入らないと。と記入して、チケットの交換をして、いざ出陣。
どこに座っていいかもわからない。とにかくよく見えそうな一番高いところに陣取る。天気はいいのに、風が冷たくなってきて、花粉は飛ぶし。マスクにサングラスに帽子の重装備の姿が、なんとシーレックスのHPに載っていたのを発見したときは、ぶったまげ。

1時近くなって来ると、1塁側はほとんど埋まっている。こんなに人気があるのかぁ。と実感。開幕セレモニーで、選手が投げたボールが運良く私のバックに飛び込んできた。ごめんね。って感じで貰ってきた。

0326-2


試合は千葉ロッテと一進一退。向こうはソロホームランで2点。こっちはこつこつ2点。だんだんと様子がわかってきて、応援も出来るようになって来た。9回のホームランで勝負は決まってしまったが、さすがのイースタン。きびきびした雰囲気。

途中、妙にスタンドが騒がしい。なんと大魔神が外野席にやって来たのだ。私は双眼鏡で確認してしまった。シーレックスの攻撃中にもかかわらず、どどどどーと駆け込む人多数。

500円で試合がみられて、ボールも拾って、招待券を1枚貰って。なんだか妙に得した気分で帰ってきた。
次回からは会員は200円引きの800円で横須賀スタジアムで試合を見ることが出来る。年間シートは1万円。10回ぐらいはいけそうだけど、まぁ、今年は様子を見ないとわからないので、止めた。でも、年間シート券を買うと、帽子をくれるらしいんだなぁ。まぁいいっか。

4月13日はハマスタ。これは招待券を貰ったから行かねば。座布団と膝掛けを今度は持って行こう。この日に見に行くと、夜のベイスターズの試合がそのまま内野席1000円でみることが出来るというのだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.01.10

わからない、かるた

 かるたクィーンの座を中学生が取った。凄いことだと思う。見ているとあの迫力。私など百人一首を覚えようと遙か昔にかるたを買ったが、結局は3首くらいしか覚える事は出来ず、最終的には坊主めくりの道具となってしまった。

あれを全部覚えるのは大変。何でもやりっ放しの私は般若心経を覚えたい。と突然思い、毎晩寝る前に反復練習をしたことがある。
しかし、半分ぐらいのところから全然進まない。覚えられないのだ。20年以上も前のことだが、そこまでは今でもそらんじられる。いつかは完成したい。

それにしても、かるたのルールがよくわからない。かるたもスポーツなんだろうか。よくわからないのはサッカーのオフサイトもわからない。ラグビーも細かいところはわからない。でも、サッカーもラグビーも点が入ったことはわかる。しかし、かるたはなんで終わったのかわからない。って、知る機会が無かったんだなぁ。調べればわかることだろうが、そこまでは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.16

初めてのプロ野球観戦

 041016i.jpg

 今シーズンはスタジアムに一度は行こう。ってオープン戦の始まったときのわが家の話題。それが梅雨が去り、夏の去り、阪神戦もすっかり終わってしまった。今年一番の寒さの今日、それも最後の最後の試合を見たのです。寒かったです。夜には日本シリーズが有るというのに、なんか変な感じ。

 最後の試合だからか、外野席は無料の自由席。3時半頃に行ったら6回の裏。内野は空席ばかりが目立つけど、1塁側も3塁側も外野は立ち見も多くほとんどの席は埋まっていた。

 スタジアムに入るのは何年ぶりだろう。外野席ってこんなに傾斜がきつかったかな。としばらくは場慣れせずに様子見。

 ガラガラのスタンドではグローブを持った子供達がファールボールを追い掛けてかけずり回っている。ファールボールってもらえるんだ。ファールボールどころか、選手が練習したボールもスタンドに投げ込んでいる。最後のサービスなんだろうか。初めての私には勝手がわからず。

041016i2.jpg

 試合はヤクルトが1点リードしていたが、8回に1点追加の2点差。しかし、その裏に2塁打で同点。その打球が私の方めがけて飛んで来た。手前のフェンス直撃だったけど。迫力。
 9回にホームランで1点追加、ヤクルトが逃げ切った。3回だけ、1時間半ほどの観戦だったけど、充分の見応え。ヤクルトの東京音頭も見たし。満足満足。

 古田も今シーズンは本当にお疲れ様でした。山下監督も2年間お疲れ様でした。でも、もしかして2年とも最下位?ヤクルトは勝って2位。最後の最後の試合なのに、単なる消化試合では無かったのだ。知りませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.22

テレビ観戦大忙し

 今日はチャンネルをあっちこっち。大忙し。高校野球にオリンピックにそして24時間テレビ。

 高校野球は素晴らしい試合だった。決勝戦の印象って、あっけなく終わってしまう。準決勝があまりの迫力があったする。

 それが今年は、何度も何度もがんばって凄い試合。見応えがあり、はらはらドキドキ。春夏制覇もさせたいし、北海道にも勝ってもらいたい。

 どっちを応援するのではなく、高校野球を応援。どっちが勝ってもの負けてもこんな素晴らしい試合をありがとう。
 今の若者にもまだこんな根性があるんだ、やれば出来る。素晴らしい。日本に将来も捨てたもんじゃない。なんても思って。そして、初めて北海道に優勝旗が渡る。これも凄いこと。あの学校に横浜高校は負けたんだよね。

 オリンピックも前半が終わる。初めから女性のオリンピックって言われていたけど、ここまでがんばるとは。柔道も水泳も凄い。いや、みんな凄い。
 柔道は日下部の階級は制覇。だけど、日下部だってがんばった。よくやった。凄いよ。あの足で。

 金メダルのプレッシャーとか、連覇のプレッシャーを乗り越えて取るって凄い。どうしたらあんな根性が出来るのだろうか。

 がんばる姿を見ると、こっちにも元気が沸いてくる。

今夜は女子マラソン。さて、どうなる事か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)