2006.06.13

なぜか絵心が目覚めて

 3年ほど前から、絵が描きたくなった。中学の美術の時間に運動靴を描く課題。出来上がった絵を見て、自ら封印をしたのだが、絵を見るのも好きだし、美術館のもよく行く。

  私にも描けたらいいな。とは思いつつ、無理、無理。
でも、旅先でチョコチョコって描けたらいいな。旅手帳にメモ的に絵が描けたらいいな。

いたずら書きは出来ても写実は出来ぬ。と思っていたら、こんな本に出会い。

 文字にも自分だけが読める文字と人に見せる文字が有って、全然違う。

 絵だって同じ。そうか、そう言うことか。似せて描こう。とは思わずにとりあえずは、自分が楽しめれば良いんだ。と気付いて3年。

 描いては見た物の、自分でも目をそらしたくなる代物。幼稚園の子の方がもっと上手に描けるだろうに。


 そんな事をしたのが3年前。描きたい気持ちも忘れていた。それが、またまた同じ著者の絵が描きたくてたまらない!って本に春に出会った。

 何かの縁かも。と読んでから、スケッチ帳を買う。

 すると本屋のNHKテキスト売り場で「日帰りで楽しむ風景スケッチ」を見つける。
 縁だ、縁だ。私の絵が描きたいって思いだ。

と、言うことで小学生の気分になって、ヘタだって良いじゃないか、絵を描くことを楽しもうよ。
 描けないなんて、思わずに描けば良いんだよ。


 熱しやすい自分の性格はよくわかっている。
描きもしないのに大小のスケッチブックを買い集めたり、絵の具もあれもこれもとするに違いない。
 挙げ句に、やっぱり上手くかけない。と止めるに決まってる。

 絵の具はあきらめて、前にもらった水彩色鉛筆を使って、スケッチブックだって、安いのを買いなさいね。と心の声が言う。

 そうだよね、そうだね。と自分の声に答えながらも、何も出来ないから、とりあえずは自分の撮った写真を写し取って、描いてみよう。とトレーシングペーパーとチャコペーパーを買って来る。

 うふふ、楽しいじゃない、絵を描くって。

 まだまだ、小学生の絵には違いないけど、楽しい。
しかし、外で写生するには、恥ずかしいし、場所がわからない。公園の隅で隠れて描く私である。

 習いに行くにも恥ずかしい。かっこよく言えば独学で3ヶ月が過ぎた。

 上手下手は考えまい。好きこそ物の上手なれ。

 旅に出掛けたときに、ひょいと描く自分の姿を想像しながら、描いている。
キャー、格好いい。

なんて、完全な想像かなぁ。

やっぱり、絵の具が欲しいと思うこの頃である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.09

賢寿がんばれ!!

 GWの最後に日に横須賀スタジアムへ。シーレックス対巨人。もしかしたら、山本賢寿選手が出るかもしれない。と、ちょっとは期待を持っていたのでした。
 イースタンリーグの応援をしようと思ったとき、賢寿の姿を見ることが出来るかもしれない。と言う気持ちは少なからず有ったわけで、巨人だと球場は遠い。ならばここで待っていよう。って感じかな。

 彼は肩を壊してリハビリ中。と冬の間に聞いていて、シーズン初めのプロ野球選手名鑑にも、故障リハビリ。とあった。
 故障はして欲しくない。って願っていたのだけど、やっぱり、プロの道は厳しいのかな。

 試合が始まる前に3塁側のスタンドを見たけど、知っている顔は見あたらなかったし、親も見つからなかった。いないと言うことは、賢寿の登板は無いのかな。と。

 シーレックスは好調。巨人は次々と投手交代。66番が出て来たときには、ああ、あれが65番ならばなぁ。プロ野球名鑑を見ると、去年の新人はなんだかんだと1軍の試合に出ているのに、賢寿はない。それほど前に肩を壊したと言うことか。
 活躍していれば聞けるけど、なんか怖くて聞けなくて、シーズンが終わったら肩を壊した。と聞いたのでした。

0508-1

 そして、8回の始まりの時に3塁側スタンドがどよめいている。何だろうと思ったら、背番号65番がマウンドに走っている。私は何度も何度も背番号を確認してしまった。
 1塁側スタンドからも「賢寿がんばれ」「うなぎ屋がんばれ」のかけ声。今までのどの選手よりも大きな声援。確かに地元、そして小さい頃はここ追浜にいたから、敵味方もなくの応援なんだろう。
 再び3塁側を見ると、真剣な目で我が子を見る親父の姿を発見。やっぱり来ていたんだ。と私も3塁側に行ってみる。

 巨人は負けてしまったけど、賢寿の投げる姿を見ることができて良かった。これで肩も治っていれば次回は先発をして欲しい。と願ったのでした。

 がんばれ賢寿、故障に負けるな。応援してるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.05.07

人間の誠意

犬山の最後の日に、事故のことを知ったので帰ってきてからテレビで見てひどいことになった。と知った。

事故を知っても万博見物に行った私ですが、それはいいんですよね(^_^;)

最初は車と正面衝突と言うことだったので、テレビの映像をチラと見たとき、なんで車とぶつかって

あんな状態になるんだろう。

まだ、どこかの不届き者が、踏切で間違えて右折でもして、そこに電車が来たののか。なんて思っていました。

それにしても、あの社長の誤り方が気にくわなかった。誠意が感じられない。

「オレのせいじゃないのに、なんでオレが頭を下げるんだ。どうして、こんな罵倒されるんだ。」ってどうしても見えてしまいました。

なんか、違うだろう。大きな声で謝れってそう言うことか。幹部達の訪問状態もテレビで見るたびになんか違うんじゃない。あれでは、遺族もいろいろ言いたくなる。

相手の気持ち。って考えているんだろうか。頭ばっかじゃだめよね。のフレーズが浮かんでしまった。

雪印事件の時と似てるな。と思った。「こっちも、寝てない」なんて言い出しそうでした。

すると、やっぱり。

なんて言う会社なんでしょう。社長の態度が社風なんですね。

管区が違うからと、他の会社のことだったのですね。

人間味とかヒューマニティーとか無かったんですね。

上司に反論する事も無かったんですね。JRってどんな会社なんだろう。

勤務も大切かもしれないけど、人間の気持ちが有ったら、どうにかこの状況を伝えて

このままでは出勤は出来ない。と言えなかったのか。多分そう言う事は言えない会社だったんだろう。

本人も後悔はしていることだと思うが。

それにしても、社長がもっと誠意のある態度をとっていれば、あそこまで根掘り葉掘り突っつかれて

失態が報道されなかった様な気もするが、それが社風だから仕方ないのか。

これで、改善はされるのだろうか。

人間誠意は大切だと、あらためて思ったのでした。

私も大事なことを忘れていました。
犠牲者の方々のご冥福をお祈り致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.12

桜のエネルギー

 今朝は肌寒いくらいだ。ゴミを出したついでに自宅の近所を散歩。ここらは桜が多いので桜の絨毯。雨上がりの風なのに落ちた花びらが舞い上がる。
 桜の花びらを踏んづけるのは申し訳ないけど、エネルギーをもらえる気がする。花の下に立ってエネルギーを分けてもらい、木肌を触ってもエネルギーを分けてもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.09

ベランダ蛍族よ

自分ちはいいかもしれないけど、他に家に影響していることも知って欲しいなぁ。
そりゃぁ、ホタルイカの季節だけどさ。蛍違いだし、ホタルイカは青く光る。

今朝はベランダからの桜が本当にいい感じ。満開。山も川沿いも一気に桜色。天気はいいし。こんな時にはマイナスイオンも沢山なんだよなぁ。と春を楽しんだ。
花粉もずいぶんと飛んではいる。今朝もくしゃみで目が覚めたくらい。その花粉さえ季節が変わった。って知らせかな、と喜ばしい。

のに、のにどこかのベランダから漂ってくる、たばこの臭いですべてのいい感じが吹き飛んだ。
外で吸えば、人には迷惑が掛からない。と思っているかもしれないけど、そのたばこの臭いはけっこう遠くまで行くんですよね。
あわてて窓を閉めたけど、換気口からヒシヒシと入り込んでくる。自分が吸ったたばこの臭いがよそのお宅におじゃましているなんて思いもしないよなぁ。自分は朝の一服を気持ちよく吸っているんだろうな。

でも、気づいてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.08

朝から18度

朝から18度もある。今朝はギリギリ6時台に起きた。早起きをしようと心に決めて来たけど、8時台から脱皮出来ない。4時台に起きていたなんて嘘のようだ。

今日こそ缶を出さないと。両手に何袋も持って降りていく。誰にも会いませんように。この量は1週間分では有りません。と心でつぶやく。1週間でこんなに。って、まぁ、来客が有ればこんな物かなぁ。

なぜか缶の日のは起きることが出来ず、尚かつ妙に早い時間に回収に来るので、出せないことが何週も続いてしまう。何も前の晩に出せばいいのに。と思うのだが、マンションの玄関に監視カメラが付いてからは、どうも出しにくい。会社を辞めてから管理人さんと懇意にするようになったので、なおさら出しにくい。

それにしても暖かい。18、8度。今は19度を超えた。部屋の中は21度。横浜は昨日で満開宣言だったけど、ここの桜は昨日の夕方に、姿が変わったように咲いていた。
 もう、春爛漫。寒い冬が長かった時は春が待ち遠しいが、一気に夏になってしまうと身体がついて行けない。やっぱり、四季が有るのにはそれなりに理由が有るんだろう。春のうちに毛穴が開いて、身体が夏型のなっていくのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.06

復活します

桜が咲きましたね。
情報がいろいろと氾濫している中で、こんな私のくだらないことを書いていいのだろうか。と疑問も湧いたりしているのですが、やっぱり書きたい。もっと気楽に書けばいいんだぁ。と言うとで、身体もだいぶいいし、桜も咲いたので、マイペースで復活です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.26

お休みします

 いろいろ考えて、自分の身体を治すことに専念するためにブログの更新を3月一杯休んでみようと決心しました。1月の時と比べたらずいぶんとよくなっているけど、こうやってパソコンに向かえば肩こりを感じる。1時間だけと決めても、なんだかんだとやってしまう。

 ワープロで始めたパソコン通信の書き込みから始まって12年も毎日毎日何か書いていた。よくやったなぁ。と自分でも思う。

 考えてみたら、自分の日記は中学の時から毎日書いている。日記と言うより、覚え書きかな。そして、このブログやHPのルーツは小学校5年の時から20年以上も続いた友だちとの交換日記だと思う。小中の頃は流行っていた。なんで始めたのだろうか。夏休みだったことは覚えている。最初は文通だった。そして、ノートになって、別の高校に行っても、大学生と社会人になっても、お互いが社会人になっても続いていた。中学を卒業してからは2冊のノートが行き来した。あのノートは私自身。自分の書いた物を何度も読み返したり。交換日記って言い方が嫌で、「ノート」と呼んでいた。

 毎日毎日よく書いたものだ。テスト前になるとよけいに書きたくなって。そうやって、毎日書く習慣がHPになりブログになったのだと思う。

 もっと、文章が上手だったら物書き商売になれたかな。なんて本気で思ったこともあった。
まぁ、とにかくどこかで宣言しないと、だめな私。更新を休みます。

 ここを読んでいただいている方々には、ほんとうに感謝感謝です。再開後もまたよろしくお願いします。

 パソコンに向かわない時間は何をするのだろう。それも興味津々。何かが見えてくるかもしれない。とにかく桜が咲く頃まで休みます。たぶん。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.02.23

地球を掘るって

 地球が怒っている。と数年前から私の口から出ている。地球人としてもっと地球のことを考えないと。どんどんと地球の怒る度合いが増えているように思う。

 異常気象、異常現象と言うけど、元はと言えば人間の行動。自分たちの事ばかりを優先してきた。まさか、人間の勝手な行動が自然現象までも変えるとは想像もしていなかった。でも、それは仕方ないこと、しかし、考えなければいけない時期はとっくに過ぎている。

 地震ばかり起こるのはなぜだろう。確かにそろそろ寝返りでも打ちたい頃なのだろうか。ずーっと、長い間静かにしてきたけど、地球も生きているのだから、人間が住んでいるからと気を遣って自分の行動を止めることもないだろう。

 それを、メカニズムを調べるために地球に穴を掘って中を調べるという。今まで出来なかったことだからと張り切っているらしい。
 私は止めて欲しい。それで、何かがわかったことでどうなるのだろう。何かの対策が打てるのだろうか。地球がだめだからと他の惑星に移転でもするのだろうか。
 
穴を開けることで、何かのバランスが崩れてもっとひどいことが起きるような気がしてならない。人間だってどこかを切れば、身体の気の流れが変わるという。地球が痛がって暴れないように祈るしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.22

時間の実感

 最近よく思うこと。現代人は時間貧乏?毎年毎年一年が短く感じる私です。年齢と時間は反比例だとは言うけど、昔の人もそうだったのか。
 
 昔の人の方が時間に優雅に暮らしていたように思う。焦ることもいらつくこともなく、太陽と共に生活し、季節と共に生きていたのだろう。

 朝起きて、竈に火をおこし、湯を沸かしご飯を炊く。食器は汚れていない物から荒い、最低限の水で終わる。たらいで洗濯をして手で絞り干した。今より子供の数は多かったから大変だったろう。

 座敷にお茶の出がらしを絞るか、新聞紙を湿らせてまき、箒で丁寧に掃き清め、ぞうきんでこまめに拭く。
 薪を割りお風呂を沸かす。火を付け薪や石炭をくべる。いい湯加減の時に入ってもらうには大変。

 お米を干したり、梅干しを作ったり、着物の虫干しをしたり、洗い張りをしたり。畳を上げての大掃除。七輪で火をおこしてこたつに入れたり、魚を焼いたり。靴下が破れれば電球を入れて繕う。

 今は、起きれば炊飯器がご飯を炊いてくれ、洗濯物もタイマーで洗えてる。干さなくても乾燥機までかければできあがり。乾燥した後たためてればもっといいのに。などと思う。

続きを読む "時間の実感"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧