« 1周年の準備開始 | トップページ | デトックスデー 残念でした »

2009年3月 8日 (日)

1周年と1ヶ月

 1ヶ月伸ばしたにもかかわらず、10名の方に来ていただき、楽しい一時が過ごせました。
ありがとうございました。

1年間の写真を見返すと、こんな物も、こんな事も有ったなぁ。と想い出が深くなってます。

戴いた花
 こんなにかわいいお花も戴きました。

5時からのスタートなのに、その段階ではまだ2品が出来上がっておらず、結果的には、メインが先の出て、前菜が一番最後になってしまいました。
タイムチャートを作ったのに、どこでどう時間が違ってしまったのか。

同席して、ゆっくりお話しすることが出来なかった方もいて申し訳無かったです。

グリッシーニ

 まずは、昼間に焼いて置いたグリッシーニ。
粒胡椒がなかなかアクセントです。ジャムやはちみつをつけて食べてもらいました。

ベッコフ

 12月のキャンドルナイトの時には、マトンが手に入らず、牛と豚肉でしたが、今回は近所の店でもマトンを取り扱うようになったので、良かったです。

 ベッコフってなに?ベッカムじゃないよ。
などと言いながら、実は私だって本物は食べたことがない。
しかし、アルザス地方の家庭料理。ベッコフ鍋と言うのが有るくらいですからね。

3種類の肉を白ワインとハーブで漬け込んで、ジャガイモ、ニンジン、タマネギと重ねて、白ワインだけでオーブンで2時間半焼きます。

アルザスでは、勤めに行く前に、パン屋に鍋を預けて、パン窯の隅に置いてもらい、仕事帰りに受け取りに行くそうです。
長い時間かけて焼くのですね。

だれも本当の味を知らないので、私としても、作った味が本当の味かは分からないけど、美味しいと言う声が出るので、これでいいのでしょう。

「アルザス大好き」と言う本にレシピは載っています。


ほうれん草と鮭のキッシュ

 これは、最近カタログハウスの料理セミナーで覚えてきました。
なかなか好評でした。
作ったものを喜んで食べてもらえる幸せを味わいます。

五目寿司

こちらも、先月築地の寿司職人セミナーに行って、にぎり寿司を習ったときに、合わせ酢の作り方を習って、目から鱗。
五目寿司など、具に甘みをつけるときは、合わせ酢には砂糖を入れなくていいという。
具は、はちみつで甘みをつけてます


桜の形で
 型にいれて、かわいくしてみました


このほかにも、野菜を10種類使ったスープ、フィッシュ&チップス、カスタードレモンのデザートなど。
スープは心にしみる味とかホッとする味。と言われることが有るので、今までは季節のスープとか、いろいろと名付けてましたが、心のスープ、心のポタージュと命名することにしました。

これだけを作るのは、大変でしたが、皆さんに喜んで食べていただけて、そして一緒に1年を祝うことが出来て、感謝感激でした。ありがとうございました。

また来年もみんなで楽しい時が過ごせる事を願います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ

|

« 1周年の準備開始 | トップページ | デトックスデー 残念でした »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21276/44432136

この記事へのトラックバック一覧です: 1周年と1ヶ月:

« 1周年の準備開始 | トップページ | デトックスデー 残念でした »