« ラッキーナンバー500 | トップページ | チキンカレー »

2010年3月29日 (月)

米粉のパンモチモチ旨い

 今日もパンを焼きました。

28日には行けないけど、29日なら行けるんだけど…
と言う連絡を、もと同僚のゆうちゃんからもらって、それならやりましょう。と

acha's Roomがまだオープンする前に来てくれて、それ以来なので3年ぶりです。
積もる話もあって、パンは午前中に焼けたのに、解散は5時でした。こうやって来てくれることは、本当に嬉しい。

さて、パンですが、今日は米粉とあんこを使ってみました。
ゆうちゃんもパン教室には通っていたのですが、パンをちゃんと焼くのは15年ぶりだと言います。

どんな事をしたいのかなぁ

簡単焼けるパンがいい。

パンを焼くのって、なんだか気合いがいるよね。
計量も面倒だし。

私も計量が面倒。

どんな方法でもパンは焼けるけど、計量だけは重要よね。

時間が有るときに、生地だけ作って置いて、冷凍する方法はどうかしら?

1次発酵、分割して、小分けにして冷凍するのね。

食べたいときに食べたい分だけ解凍するのよ。

そんな事も出来るんだぁ。

ご飯を炊くようにパンも簡単に焼きたい。

だからホームベーカリーが有るというのか。

私はご飯になるパンが焼きたい。ふわふわで甘いパンではなく。

などと話をして、始めました。

生地作りはいいかと思って、前夜にイースト0.5%で作り、冷蔵庫で低温熟成発酵をさせて置きました。

分割や丸め
脳の奥深くに沈み込んだ記憶を引っ張りだして、頑張ってました。
やらないと忘れるよね。

記憶を呼び戻すためには、生地作りからやった方がよかったみたいです。

米粉と紅麹で赤くした2つの記事であんパンとプチパンを作りました。

米粉は全量の3割 水分はいつもと同じ65%

油脂は使わず、糖分ははちみつ

米粉のパン

ガス抜きが上手く無かったのか、プチパンは爆発してます。

あんパンもおへそが出来てない。

私も久しぶりのあんパン成型なので、コツを忘れました。

紅麹のパン

紅麹のパン

上新粉、牛乳、ポピーで実験してみました。

あんこを入れすぎて、閉じることがどうにもこうにも出来なくなって、オープンあんパンとなりました

紅麹のあんパン

芸術は爆発だぁ。って感じな程にあんこが盛り上がってます。

低温熟成の場合は、もっとしっかりとガス抜きをしないとダメなんだろうか。

さて、試食です

菊芋とキャベツのポタージュ

米粉のパンはモチモチしていて美味しい。

ちょっと病みつきになってしまいそうな味。

米粉はグルテンが無いので、それだけでは膨らまないので、混ぜるなら3割まで。

市販されてる米粉には、グルテンが添加されていて、パン用の米粉を買うとそれだけで焼き上がるようだが、100%では無い事を食品の裏側で確認してね。

今日のスープは、菊芋とキャベツのポタージュ(菊芋、キャベツ、エノキ、ニンジン)

菊芋は初めて食べたけど、切るとヤーコンに似ていて、加熱するとちょっととろみがあって上手い。

いつもの様に味付けは塩だけ

野菜のうま味が出て美味しかったです。

いろいろコツとか、パンの生地の見方

などの話もしましたが、あまりに詰め込み過ぎだと分からなくなりますよね。

でも、これでゆうちゃんが気楽にパンを焼けるようのなるといいのだが

私も楽しい一日でした


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ

|

« ラッキーナンバー500 | トップページ | チキンカレー »

イベント」カテゴリの記事

パン研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米粉のパンモチモチ旨い:

« ラッキーナンバー500 | トップページ | チキンカレー »