« 梅雨が来る前に | トップページ | 人生ホロスコープの日 »

2010年6月 6日 (日)

生産現場視察

なんて言うと、ちょと偉そうになりますが、楽しい社会見学かなぁ。
いや、農家さんともちゃんと話もしたし、収穫的には大きかったです。

直売所でも買い物もしたけど。

日曜の朝8時半に天理ビルに集合して、藤が丘で解散したのが3時過ぎでしたが、長い一日でした。

まずは、はまふぅどコンシェルジュの研修でも立ち寄った、下飯田176の「自然館」さん

下飯田自然館


直売所を初めて20年だといます 休憩スペースがなんとも良い感じです。

休憩スペース
私たちがここでレクチャーを受けている間にもお客さんがひっきりなしに立ち寄ってました。 しかし、昨今は大型直売所が出来て、やり方にも工夫がいるそうです。 種類は少なくして、ここのこれが美味しい。にしているそうです。
炭素循環型農法にも取り組み始めたといいます。 物みな炭素に戻る。何も殺さない方法だそうです。 でも、まだ成功してる農家さんは無いそうです。

トマトハウスの見学へ
そろいのTシャツで

濱の料理人の後ろ姿はいかがかしら。 気づいたら、役員で着ていなかったのは、私だけだったぁ。

斜めです
ここでは斜めにトマト棚を作っています。 1段目2段目、と7段目までトマトがなるそうです。

ろくさんまる
かわいいでしょう、食べたいでしょう。 この子、「王様のろくさんまる」と言うそうです。 630って、私じゃない、と思ったのでした。 私のトマト。 早速直売所で、「ろくさんまるって、どれですか?」と買いました。 調べてみたら、病気に強くて、大きくて、収穫量もあって、完熟出荷が出来る、と有りました。

泉区下飯田町1761です。 私は車を持っていないので、ちょっと行くのは大変かなぁ。


次は、神奈川区上菅田町922の「菅田農園」 横浜にもこんなに広い農地が有るんですね。
広い広い
谷だった所には埋め立てをして、平らにしたのは30年以上も前のことだと言いますが、よくもここまで残ったなぁ。と思いました。 遠くにランドマークが見えます。

まずは、ビニールハウスというよりは、りっぱな温室のトマト ズッキーニーも大きかったです。

ルビーのようなトマトです。

ミニトマト
食べてーっと言ってるようだ。と思わず言ってしまったら、どうぞお一つ食べてください。と言われまして、プッシュと食べました。 旨い、旨い。 ミニトマトってこんな味だったけ? 目から鱗


車で数分の所に、直売所が有ります。 さっきのミニトマトを買うよ。と来たものの、結局、ミニトマトの他にもトマトの桃太郎、空豆と買いました。 トマトはさっきのろくさんまると食べ比べです。
スタンプラリー

直売所のスタンプラリーを横浜JAでやっていますよ。 買ったらスタンプを押してね。


次が、「前田養鶏」さん 緑区八朔町1206

前田養鶏

横浜に120軒ほど有った養鶏所が今は10軒ほどしか残っていないそうです。 幹線道路からちょっと歩いたところにこんな風景が有るんです。



ここも横浜
鶏舎の近くに行っても、鶏の鳴き声も臭いも感じない。 よーく聞くと声が聞こえた来た。

ペットの鶏です
なぜか、ペットの鶏がいました。

餌にこだわった卵を作っているそうです。 いろいろお話を聞いて、さぁ、買おう。としたら、今日はもう無いという。 目の前に沢山ある卵は、これから納品するのだというのです。

次に行く予定の中里の直売所には、先ほど納品したので有ると思います。と言われて、次に期待。

で、中里の直売所にやって来ました。 今日はお肉の日だそうですが、1時を回ったこの時間では売り切れていました。

I中里の直売所t
横浜牛乳デビューと有りましたが、こちらも品切れでした。 前田養鶏の卵は買えました。よかった。


さて、1時も過ぎてやっと私たちのお昼です。 藤ヶ丘のナチュラーレ・ボーノさんです。駅からはすぐ近くです。 濱の料理人のメンバーです。

Img_0847t
初めて来ましたが、なんかいい雰囲気です。 地下ですが、半地下というか、ガラス張りの壁がら光が入ってきて、良い感じです。


テーブルセットされていて、メニューありました。 アルコールはここ解禁です。

メニュー

ビーツのカプレーゼサラダ仕立て
サラダ

横浜野菜のバーニャカウダ
Iバーニャカウダ

5種類のジャガイモのミルフィーユ
I5種類のジャガイモのミルフィーユ

ピッツァ 緑の野菜のピッツァ ヴェルデ 食べるのに夢中で、気づいたら食べ終わってましたので、隣の人の撮らせてもらいまし。
緑の野菜のピッツァ

パスタ トマトの冷製リングイネ ナスタチューム添え
トマトの冷製リングイネ

リゾット やまゆりポークのパンチェッタとズッキーニーの玄米リゾット
玄米リゾット

デザート 前田養鶏の卵とイチゴのセミフレッド
セミフレッド

もうどれもこれも美味しかったです。 お腹は一杯だし豪華なランチになりました。 ナチュラーレ・ボーノさんも大変だった事と思います。 ごちそうさまでした。
濱の料理人のメンバーには、料理人の方も、野菜を作る方もいます。 同じメンバーといえど、この会はまだ始まったばかりで、様子も分からず緊張もするだろううなぁ。 と、食べるのが専門な私たちは、他のお店にも行きたいわね。 スタンプラリーでも作りましょうか、なんてお気楽に話してました。

ジャガイモのミルフィーユは意表を突いたというか、なんか凄かったです 玄米のリゾットの香ばしさ。

大満足の生産者視察でした。 会員のコミュニケーションも図れたと思います。

朝の8時半から3時まで、楽しくためになり勉強になったバスの旅でした。 お疲れ様でした。

藤ヶ丘と言うところは、初めてだったので、さぁてどうやって帰るのだろう。と調べたら、あざみ野から地下鉄で帰れることが分かりました。 田園都市線だったのね、ここ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ

|

« 梅雨が来る前に | トップページ | 人生ホロスコープの日 »

濱の料理人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21276/48559538

この記事へのトラックバック一覧です: 生産現場視察:

« 梅雨が来る前に | トップページ | 人生ホロスコープの日 »