« 肉まん研究会 | トップページ | 初級名前のことだま師認定試験 »

2011年2月20日 (日)

パン講習 入門編

 午前中は肉まんで、午後はパン
ちょっとインターバルを取って、3時過ぎから始めました

今日は、何度か作ったけど上手く行かない。と言う方です。
その本でやって見ましょう。と言う事で、本を持参してもらいました。

油を使わないで作るパンでした。

それは、私の得意とするものです。
砂糖は、はちみつにしました。

その本の通りに、やっているのですが、始めて10分もすると、いつもと違う。といい。
こね始めると、いつもと全然違う。と言います。

本に書いてある、イーストが混ざったら、とか
溶けたら。という表現が初心者には難しいのでしょう。

こんなに、混ぜるんだ。
そうなんですよ、イーストがすっかり目覚めて働き出すまで、混ぜてね。
混ぜている間に、ほぉーら、プクプクと働き出したわよ。

なんて具合です。


ここでしっかり混ぜていないので、こねてたたいても、ブツブツだったのです。
これで、触って気持ちいい生地になりました。

1次発酵は、プラボールに湯煎でやってみました。
普段は、オーブンの発酵機能を使っているそうです。
本もそうでした。

そして、分割ガス抜き。
ここでも、いつもはこんなにプチプチしない。との事

気持ちよくガス抜きをして、ベンチタイム。
ベンチタイムにもコツが有ります。
本に書いてあるように、5分とか10分ってどこから計るのでしょうね。

どんな状態になったら、ベンチタイムを終わっていいのでしょうか。

仕上げ発酵は、プラケースに湯飲みの湯で。
オーブンの発酵機能を使ってもいいのだけど、発酵が終わってから、電気オーブンの温度が上がるまでって、凄い時間が掛かるので、1次発酵はオーブンでしても、仕上げ発酵はビニール袋を使ったり、プラケースがお勧め。

仕上げ発酵が終わったら、すぐに焼きに入れます。

と言うわけで、単に本を見ながら作っても上手く行かないのは、それなりの理由が有るのです。

肉まん同様、手前味噌なのでどんな作り方をしても確かに美味しい。
でも、より美味しくするためには、ちょっとしたコツと、手を抜いていいところと、抜いてはダメなところが有るんですね。
そんなに難しい事では無いと思うのです。

プチパン完成

お家で炊くご飯は家々で違う事でしょう。
パンだって、そうだと思うのです。

今日は個人授業になりましたが、充分に楽しんでもらえて様です。
こんなに違うなんて、と目からうろこを落として行きました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ
ポッチとお願いします。

|

« 肉まん研究会 | トップページ | 初級名前のことだま師認定試験 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パン講習 入門編:

« 肉まん研究会 | トップページ | 初級名前のことだま師認定試験 »