« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

安曇野2泊3日

 ことだま師になって、知り合ったのが、安曇野の住人でした。
長野が好きな私にとっては、いいところの知り合いが出来たものだと、喜んでいました。

遊びに来てね。

と言われるとホイホイ行きます。
私には社交辞令は無いよ。本当に行くよ。

随分前に、帯広の牧場に行った時は、本当に来たのね。ってあきれた顔をされた事が有りました。
だから、それからは、私には社交辞令はないよ。と付け加える事にしています。

と、言う事でひとみさんとは、出会って4ヶ月目には、一人で3泊もお世話になって、なんと、今回は二人も道連れにして、お邪魔しました。

出会いというのは、縁であり、「袖触れ合うも多生の縁」の多生と言うのは、前世から決まっていた事だ、と知った時に、人との出会いって凄いな。と改めて思ったのです。

そして、私の名前には「結ぶ」と言う使命が有ります。
これは何かが繋がりそうだな。と思うとどんどんと紹介していきます。

しかし、今回は連れていく二人がどんな人かも良くわからないのに、泊めてくれたひとみさん一家には、感謝です。

achaさんが、言う人だから、間違いない。
と、私を信じての事でした。

なんと嬉しい事でしょう。

私の応援している、シンガーソングライターのChoji夫妻を連れていったのでした。
私も彼らも、どこか住むところを探しています。

安曇野はいいところだよ。畑も田んぼも有るし、一度見に行こうよ。と言う事で1年後に一緒に行ったのでした。

行った先で、ライブが出来ればもっといいな。と言う事で、お宅でライブを開く事にしました。

それも、私やひとみさんを信じての連鎖
どんな内容の歌なのかも、ほとんど知らずに、私が紹介する歌手だから大丈夫と、ひとみさんが受けてくれて、ひとみさんの友達はひとみさんがやることだだから大丈夫。と集まってくれました。

ふたを開けたら、大人が10人、子どもが5人、凄いと思います。
人とのつながり

二部制ではありましたが、それだけの人が聞いてくれました。

20121128_163043

そして、来てくれた方々は感激の嵐でした。

涙があふれ出して仕方なかった人もいます。
あまりに、泣くので、Chojiさんもどうしていいものか、動揺してしまう場面も有ったりして。

自分が受けた感動を人に分けたい、分かち合いたい。
これは素晴らしい事だと思う。

子ども達も、自分の家に歌手が来て歌った。
いや、二泊もして、一緒に温泉にも行った。
これは、いい思い出ですよね。

私もいいつなぎが出来て良かったと思っています。
私の思っている、感じている期待を壊さないライブをchojiさんが開いてくれた事も、とても感謝です。

せっかく紹介しても、なんだかなぁ。
で終わってしまえばそれまで。

今回は、子どもも大人もChojiさんのファンになってくれたようです。
本当に良かった良かった。

今年は1月、3月、9月、11月と4回もChojiさんのライブをプロデュース出来た事は、私の節目の年としては、いいことでした。

20121127_063825
安曇野の朝です。山が高いので、日の出の時間になっても、太陽は顔を出さず、雲への反射がきれいでした。

P1000148
そして、西の空に光が反射するのです。
こんな光景を毎朝見てるのですね。

20121128_065957

ライブの朝は、一面の霜、霜、霜。
雪かと思う程白かったです。
野沢菜もこうやって、霜を浴びる事で美味しくなるそうです。

P1000157

芸術的な霜です。今年一番の寒さ。
指先が凍る様でした。
なかなか日の出が来ない。

凍みる寒さと言うそうです。
こんな時間に小学生は登校です。
4キロ弱の道のりを歩いて行くんです。
都会にサラリーマンの様な時間ですね。

こんなに霜が降りる日は天気はいい。と言う事でした。
確かに、真っ青な空でした。

20121128_115905

ライブの時のおやつのお焼き。
自家製お焼きは美味しいです。私達のお昼ご飯でもありました。
50個は焼いたかも。
大根の葉の炒めたの、ナス炒め、おからと3種類で、3個も食べたら満腹
その上、おにぎりも食べたのは誰?

帰りは、国立あずみの公園のイルミネーションをみによりましたが、あまりの寒さと風に気弱になり、入口の明かりだけ堪能してきました。

P1000159

P1000160_2

出会いって不思議です。
安曇野も不思議な空気の町でした。

住む住まないの事は、やっぱり寒いのはダメかも知れない。
山も温泉もあるけどね。
たまに行くのがいいのかなぁ

これで、また行き先が増えた事で満足の私です。
春にChojiライブが出来る事を願って…

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ ポッチとお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

acha's Room通信 第51号  12月は大納会です

acha's Room通信 第51号  12月は大納会です
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
食とからだの研究室
acha's Room 通信 第50号   2012.12.01
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
このメルマガはacha's Roomの会員さんに主にacha’s Roomとachaのスケジュールをお知らしています。
--------------------
こんにちは、acha's Roomのachaです。いつもacha's Room通信を読んでいただきありがとうございます。
平成24年もあと1ヶ月となりました。
思い起こせばいろいろあったけど、今年も早かった。
12月は今年のいろいろな事を締めるときです。今年のいいこと悪い事を納めて、新しい年を迎えましょう。
28日はacha's Roomで大納会です。新しい年をいい年にするためにも、納めましょう。
お待ちしています。

続きを読む "acha's Room通信 第51号  12月は大納会です"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

名前セラピー講座 氏名は使命

acha's Roomでの名前のことだま講座の開催です。

食生活アドバイザーでもある私がランチをしながら、ちょっと食のお話もして行きます。

名前セラピーってなに。
自分の名前に付いて考えた事ありますか?
名前には奥深い秘密があったのです。

氏名は使命、そして指名
って、何だ面白いですよね。
使命は外から要求されるもの、指名もされるもの。

自分の中に何かがあるのです。
人とのつきあいも絡んでいます。

まずは、地場野菜のランチで軽くお腹を満たしてからです。
雑談の中にキラリと光る話もあると思います。
参加者の一音鑑定もあります。

12月15日(土) 11時半から14時
受講料    3500円 (ランチ付き)
申込締切  12月12日(水)
再受講料  1500円

お名前、ふりがな、連絡先、メルアドを添えてお申し込みください。
お申込をいただいてから詳しい場所をお返事をします。
お返事をいただいて、お申込の完了とさせていただきます。

一両日中に、こちらからの返信が無い場合は、再確認していただけると幸いです。

お申込先
PCメール 209.uzuhashi@gmail.com
@を小文字に変えてくださいね。

命名言霊協会 講師    埋橋 眞弓(うずはし)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ことだま教室 (藤沢)のお知らせ

こんにちは、acha's Roomです。
突然に寒くなりましたね。おこたやストーブが恋しいです。

さて、今日はことだま教室のお知らせです。
昨今は、「良いことを言おうよ、ことだまだよ。」なんて事を良く聞くようになりました。

そう、口に出したことが叶う不思議な力なんです、「ことだま」

運気が下がるような事が知らずに口癖になっている方はいませんか?
「どうせ、私なんで…」「だってぇ」「でも」
ってね。

そんな事もことだまになっているんですね。

さて、今回は「さ」と「や」のことだまについてのお話をします。

そして、年神さまの話です。

各回完結ですので、途中からの参加
1回だけの参加でも、楽しく過ごしていただけると思います。

講座と言っても、座談会のようなものです。
楽しくお話をしたいです。
ご参加をお待ちしています。

日付 12月11日(火)

時間 午前10時半から12時

場所 蔵まえギャラリー
〒251-0052
神奈川県藤沢市藤沢630-1

JR藤沢駅北口より、徒歩6分
http://www.geocities.jp/a_whto/tuzu.htm


金額 参加費 2500円(一音鑑定カードプレゼント)

講師 埋橋 眞弓(命名言霊学協会認定講師)

申込期限 12月8日(土)

申込はコメント、もしくはメールでお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ ポチッとお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

蔵まえで楽しむ秋のひととき

 雨でした。
晴れ女より、強い雨女が何かをしようとしていたのだろうか。

写経、ことだま入門、ビールを楽しむと3部作
全部に参加していただいた方もいらっしゃって、感謝です。

私は、写経をしたかったのですが、ことだま入門に5名の参加申込みがありまして、写経をしていたら、講師としての心構えができそうにない。
初めての方とお会いするのは、本当に緊張をするのです。

と、言うわけで、自分の担当から参加しました。

すると、あんなに大雨だったのが、藤沢に移動するときはほとんど傘もささず。
ウフフ
って感じでした。

講座の内容は、いつもとはちょっと変えて、人生を10倍楽しくなる。って事を強調したつもりです。

でも、またまたいろんな事が降ってきて、横道それそれでした。

それでも、1時間半に収まってやれやれ。

そして、そのあとはビールでした。
蔵まえの大皿が素晴らしかった。

ちょっと、詰め込み過ぎって感じになってしまった。
最初の構想では、午前と午後に1講座って思っていたのですが、参加者が大変だろうと、午後からになったのですけど。

それぞれの会で楽しんでいただけたようで、まずは安堵の一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

大人の社会見学無事終了

 濱の料理人主催の「生産現場視察」無事に終わりました。
生産現場視察なんて言うと、ちょっと堅苦しいですね、大人の社会見学&穴場買い物ツアーって感じでした。

朝は暗いうちから起きて、ちょっと寒い朝でした。

今年は、例年よりちょっと豪華なバスです。
補助席がなくても、27人が乗れるバスです。ほぼ席が埋まって良かった。

朝日がまぶしい中、金沢漁港に向かいました。

東京湾で捕れる魚が減っていることと、取る人が増えたので、大変です。
金沢漁港は、主に穴子漁だそうですが、年々漁獲量は減っているそうです。

こんなに早い時間に集合したのは、ここの出漁は月曜と水曜。
と言うことで、水曜にしたのですが、悲しいことに、月曜が天気が悪くて、穴子の仕掛けに出る事が出来なかった。

よって、今日は漁がなかった。
よって、私たちは、魚のいないいけすを前にお話を伺うことになりました。

P1000061c

自然が相手なので仕方ないことですね。

ウナギ漁獲が減っていることは周知ですが、ここのところの、気温上昇や環境の変化で穴子の稚魚もどんどん減っているそうです。

環境の変化かか、今まで東京湾に入ってこなかった魚が来たり、捕れる時期が変わっていったり。
海の中もいろいろと変化をしているそうです。

東日本大震災でも、大きく変わったそうです。
海の上からは、変わった様には見えませんが、海底がボコボコになっていたり、いろいろ変わっているそうです。

漁獲がないから、今はワカメや昆布、釣り船など多義にわたっての仕事になっているそうです。

その筏もほとんど津波で流されしまったそうです。
地震の被害は、以外と知られていないようです。私もです。

船のエンジンが1500万円するって、知ってました?
一回、船を出すと3万円の燃料費が掛かるそうです。
仕掛けをかけに行って、取り入って、6万。
それで、捕れる穴子が少なかったら…ねぇ。

市場に出すより、直接お店に出す漁師さんが増えているとか。

今は、天日干しのワカメなどが人気があるそうです。

八景島を裏手から見る事は滅多にないですね

P1000063c

お話を聞いているときは寒くなって来ました。

次は、南部市場
場外で、買い物ツアーです。
安い。ただ量が多い。多すぎる。
店に寄っては、小袋に分け直して売っているところもありました。
1時間半もあると、2周くらい出来て、充分に買い物しました。
糀の1キロ袋入り、岩塩、昆布、走水の海苔、ひよこ豆、おかし。
どんどん荷物が重くなっていく。

早めのお昼です。
今までの食堂の場所でなく、組合の事務所の有るところに、橫濱屋本舗さんの食堂が出来ていたのですね。

お刺身や丼物と、今までの食堂とはちょっと違った感じです。

20121031_105647c

お刺身に天ぷら
岩井の胡麻油の胡麻油を使っているそうです。
美味しくいただいて、お腹が一杯です。
歓談も弾んでいたのですが、お昼を過ぎて、お店も混んで来たので、次に移動です。

橫濱屋本舗さんでは、横浜発祥の「清水屋ケチャップ」を作っています
横浜産のトマトを使ったペーストや、うどんにスパゲティも売ってました。

南部フーズさん。

P1000073c

私は焼きたての豆と読んでしまいました。

工場では、煮豆を煮ていました。
上からその様子を見たのですが、クレーンで豆を運んで洗ったり、砂糖を入れたり。
なぜかこれが見飽きない。

11月に入ると、お正月製品を作るそうです。
水曜日は本来は休みだけど、お豆の部は忙しくなってきたので、休出だったそうです。

P1000069c

見学のあとは、直売所で買い物。
メンマやアサリ。
塩煮の豆、佃煮。とお安く沢山有りました。
12月28日に行くと良いことが有りそうですが、朝から行列だそうです。

南部フーズ 通販もあります。

P1000070c

戦利品(笑)の見せあいっこ
あら、そんなのもあったの?

このあとは、同じ敷地にある、お菓子の直売所も襲撃しまいた。
こんなに入って350円よ。
ちょっとくらい壊れていたって、味には関係ないわよね。

と、どんどんと買い物袋が増えて行くのでした。

そして、最後は

美濃屋あられ製造本舗さんの見学
P1000076c

昭和32年に建てられてそうです。

P1000078c

焼いて、つけダレを付けただけのあられです。
しっとりしてました。
これから乾燥させて、わさびを付けるそうです。
濃口醤油のこだわり特製だれ

P1000079c

沢山の試食品
こんなに沢山の種類が有るとは知りませんでした。
直売所は、安売りをする日もあるそうです。
ネットでも買えますよ。

美濃屋あられ製造本舗


朝は寒いくらいでしたが、南部フーズさんをあとにする頃には、バスの中は暑いくらいになっていました。

朝は漁を見る事も出来なかったし、どうなる事かと思っていたけど、女性陣は買い物をする毎に、元気になって行くようでした。

P1000087c

で、私もこんなに買ってしまいました。

楽しかった、面白かった、また来年もよろしく。と言う声を聞くことが出来て、安堵の私でした。
幹事の小森さん、昔宮さん、メンバーの皆さん、お疲れさまでした。

さて、来年はどうなるのかなぁ。

濱の料理人の次のイベントは
いずみ野小学校のスーパー給食です。

子供たちは喜んでくれるかなぁ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ ポチッとお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »