デザート研究

砂糖を使わないデザート作り

2010年7月11日 (日)

スコーン焼きました

 毎日暑いです。
今日はオーブンを使ったのでもっと暑かったです。

やっとスコーンの講習会が出来ました。
参加者は3名です。

ちょっと準備不足でごめんなさい、ってところも有りましたが、研究会と言うことで…

今回は春に作ったレシピの完成という使命も有りました。
あのレシピをみてなぜ上手く出来なかったか。
膨らまない、さっくりしない。食感が違う。

と言うところを追求しながら、主食にするなら…
という2つの研究テーマでした。

なので、作っているところで、とうもろこしを入れよう
ドライトマトはどうだろう。
クルミは?チーズは?レーズンは?パセリもやってみたい。

と、どんどんアイデアが出て来て、結果的には50個以上のスコーンが出来ました。

勢揃いのスコーン


レシピは知っているから読める。知らないと読めない。

切るようにバターを混ぜるって、切っていいの?
さっくり粉気があるくらいってどんな感じ?

と、この2点が重要な感じでした。

1センチ角のバターを半分くらいになるまで、スケッパーで切りながら粉と混ぜる。
そうか、切っていいのね。
バターはつぶさないで、切って細かくした方がいい感じに出来るようです。

レシピに寄っては、手でボロボロになるように粉とバターを混ぜる。
などともありますが、私はさっくり混ぜる方を選びます。
いろいろやってみて自分に合う方でいいと思うのです。

牛乳を入れたらさっくりと混ぜる。

をやってもらったら、それはこねてるよ。
となって、やぱり実際に混ぜてみないとわからないところでした。

ご飯が炊けたら空気を入れるように鍋底の方から大きく混ぜるよね。
そんな感じよ。
で、何回か混ぜて、まだ粉気が沢山有っても、ラップで包んで形を整えて入いるうちにも混ざるし。
形を整える時に、生地を半分に切って重ねてを2回ぐらいやると、層もでる。

とやって行くうちに、自分のポイントがわかって来たようです。

今回はちょっと冷蔵庫で生地を冷やしてから型をとって焼きました。
それもどちらでもいいです。
気温が暑ければ冷やしたのがいいかなぁ

自分流を作るといいと思います。

焼くところの落とし穴もありました。
ガスオーブンで200度13分
電気オーブンとの違いも確かめるため、電気オーブンも使いましたが、ここでもひとつわかりました。
200度で余熱をして13分焼いても、膨らみがないし、色も付かない。

そうなんです。
電気オーブンの場合は余熱は230度から250度くらいにします。
焼くときにも210度くらいにして焼くのがいいようです。

ドアを開けると、あっという間に3,40度は下がり、上がるまでに時間が掛かる。
膨らみたいときに膨らめないスコーンになってしまうようです。

一番人気

カレンズ(やまぶどう)とクルミのスコーンが人気でした。
具は粉の3割くらいは入れないと、どこに入っているのかわからない。

沢山作ったスコーンとカレーでお昼にしました。

気になっていたことがスッキリして良かった。
家でもう一度挑戦してみます。

そういっていただけると、私も嬉しいです。
今日も楽しい一日でした。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

スコティッシュスコーン

クリスマスも若い頃は特別な日だったけど、今は普通に過ぎていく日

クリスマスって訳じゃないけど、前にテレビで見た、スコティッシュスコーンが気になって、気になって、やっと作る事が出来ました

リンク: 世界ふれあい街歩き.

ここに載っているのですが、バターの入れ方がよくわからない。
イングリッシュスコーンだと、バターは細かく切ってこねないように小麦粉と混ぜるのだが…

切るようにして入れたけど、バターの塊は大きい。
こんなのでいいのか。
それとももっと混ぜて良いのか。

ま、いいっか、と焼いてみる。
200度で10分。

1個を切って見るが、どうも中心が生っぽい

あと5分、あと3分とやっているうちにちょっと焼きすぎた様だ。
15分で良かったかも。

スコティッシュスコーンが気になって、気になって、やっと作る事が出来ました

小麦粉450グラムで、5センチの型抜きで13個出来ました。

味は、至って素朴。バターの塊のせいか、いろんな味がする。
そうだ、バターは無塩が良かったのかなぁ。

とても一人では食べきれないので、軽くラッピングしてご近所にプレゼント。

ジャムやはちみつをつけて食べるのに良い感じ。
この塩加減もいいと思う。
無塩じゃなくて良かった。

そして、今日食べてみたら、堅い
10秒ほどレンジをかけてみる。

甘くないって言うのがいい。
堅いかなぁ、と思ったけど良いじゃない。

焼き15分でまた作りたい

小麦粉と重曹、牛乳にヨーグルトと塩
ヨーグルトを入れないとだめかなぁ。

実験のしがいが有るかも


良いかも、なんだか美味しいわ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

紫芋研究

 寒いですね。この冬1番の寒さとか。
acha's Roomでも、初めてホットカーペットをつけました。

しかし、他の部屋よりここは暖かい。
それは、敷き詰めたウレタンコルクの保温力が高いらしいです。

さて、今日はデザート研究日
紫芋をいただいたので、炊飯器で蒸し芋に挑戦

蒸し芋

隣はサツマイモのプリン。

まずは蒸し芋 皮はむいて。
紫が濃い方は、生のままフードプロセッサーで砕いて、芋の10%の片栗粉と同量の水、そして米飴を半量入れて、炊飯器に入れて焼きました。

もう少し固くなるかな。と思っていたのですが紫芋はデンプン質が少ないのか、軟らかい感じです。

もう一つは、茹でて軟らかくしてから、つぶして片栗粉と小麦粉を入れて、芋の1/4の水分とはちみつを入れて、炊飯器の内釜に入れて両面を押さえて、炊飯40分

モチモチ感が今ひとつ。

試食してもらったら、賛否は二つに別れて。
それぞれのお好みは違うようでした。

サツマイモプリンは、サツマイモを皮のまま茹でて、ザルにあげてから、フードプロセッサーに豆乳と一緒に砕いて、ゼラチンを混ぜて、型に入れて冷やした。
プロセッサーにかけているうちに、固まってきて、出来上がりは結構固くなってしまった。
こんなにかけなくてもよかったのか。


そして、今日のお昼ご飯。

初冬のカレー
ヒラタケ、エリンギ、タマネギ、大根、ニンジン、ゴボウ、鶏肉
カレーの壷のチキンとシーフードをミックス
そして、ココナッツミルク
タマネギは最初に30分フライパンで炒めて。

他には油を使っていないので、胃にもやさしい味になりました。
辛さは先日の方がとんがった辛さ。直球の辛さかな。
今日は辛さは同じくらいに感じるけど、マイルド。
ココナッツミルクを多く入れたからかなぁ。

今日のお昼ご飯

スープはブロッコリーと豆乳と塩だけ。
ご飯は4分搗きくらいの新米。レーズンを載せたら味にアクセントが出ましたね。
カレーにはレーズンなんでしょうか。

パンも焼いてみました。

今日も美味しく食べられて幸せ。

そして、今日は嬉しいこと。
このブログを見てacha's Roomに来てくれた方がいたのです。
私の考えや、やっていることに興味があって、一度あったみたい。と
の事でした。

行動して頂けたことは本当に嬉しいです。
こうやって、小さな和が広がって行くといいなぁ。

バタバタしていて、ゆっくりお話が出来なくてごめんなさいね。

ありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

またもや豆花(トーファー)

 今日はスイート研究日

と言えど、まだまだ豆腐花が納得いかないので、今日も作りました。
トーファーは、台湾では豆花と書かれています。

今日のトッピングのタビオかは淡い色が付いています。
2ミリぐらいの玉なので、15分から20分で茹で上がります。

ショウガとはちみつのタレ
これが美味しい。

アーモンドエッセンスと杏仁霜を入れてみました。
食感は、ツルリとしだしたわ。

豆乳でも味は変わって来る。
1%のにがり アーモンドエッセンスは10ふり 杏仁霜小さじ2を入れて、かき混ぜる。
杏仁霜は少しの豆乳で溶かした方がベター
小鉢に入れ、中華蒸籠で10分。そのまま10分蒸らし。

温かくても、常温でも、冷やしても。
お好きにどうぞ。って感じです

豆花


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

豆腐花(トーファー) 再び

 さて、今日も作りました。豆腐花
なかなかでした。

近所にこのシルバーウィークでもお仕事をしている事務所に持ち込んで食べてもらいました。
好評でした。

美味しい
やさしい味
ホッとする
お豆腐ってこうやって食べてもいいのね

豆腐花(トーファー)

今日はこの前とは変えて、「にがり」を使ってみました。
そして、小鉢に入れて蒸したのです。

台湾で食べたのと近い味になりました。


作り方は
豆乳 500cc にがり 5cc を混ぜて、アーモンドエッセンスを少々
4個の器に入れて、中華せいろで蒸すこと10分 

その間に、180ccの水にショウガの薄切り6枚を入れて、煮立たせて、はちみつを大さじ5。
適当にかき混ぜて、常温に冷やす。

小粒タピオカは茹でて、水にさらし。
小豆は、冷凍庫に常備してあるもの。
クコの実も戻しておく

豆腐には甘みが無いので、蜜をたっぷりかけていただきます。

前回の寒天で作ったのは、なめらかだけど、プリンの様だったのでいまいちだったけど、今回はいい感じです。

意外と簡単に出来るデザートでいいです。

人は、美味しいという言葉を聞きたくて料理をするのかも知れない。と聞いたことが有るけど、本当にそうだと思う。

いまいちならまた挑戦して、美味しいという言葉が聞けると本当に嬉しい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月 7日 (月)

豆腐花(トーファー)

 またまたご無沙汰です。
8月のacha's Roomはこれといってイベントもせずに、だらだらと夏休み。
だけど、なんだかバタバタしていて、殆ど在室出来なかったです。

今月こそは、レイアウト変更します。

陽射しが秋になってきて、パンを焼こうか、デザートを作ろうか。って気持ちが出て来ました。
パンも随分と焼いてないです。

で、今日はデザートを作って見ました。
前々から作って見たかったけど、どうやるんだろう。と思っていた、トーファーです。

台湾で食べてからと言う物、大ファンになってしまいました。
日本ではそれほど認知されていないかなぁ。
数年前にカネボウさんが、出しましたがいつの間にか消えました。

さて、そのトーファーの作り方なんですが、豆腐を作るんですね。
日本での豆腐は食事ですが、台湾や中国では、デザートとして発展したようです。
ほのかに甘く、食感はふわふわ。
タピオカや緑豆、小豆がトッピングに有るんです。

昨日の産経新聞にデザートコーナーに載っていたので参考にしてついに作りました。
材料は砂糖をはちみつに変えて作りました。

豆腐花

 豆乳 2カップ 粉寒天 2グラム 水1カップ はちみつ大3 杏仁霜 9g

豆乳は人肌に温める。
水に粉寒天を入れて、中火で暖め沸騰したら弱火で2分。杏仁霜を入れて、溶かす。
豆乳を入れて、かき混ぜて、容器に入れて冷やす。

それだけです。レシピには杏仁霜ではなく、アーモンドエッセンス少々でしたが、残っていた杏仁霜に変えました。

蜜には2カップの水にはちみつ大5を入れ、ショウガ薄切り6枚ほどを入れて、温める。

ブラックタピオカと小豆にクコの実をトッピング。

はちみつの量はなかなかよかったです。ほのかな甘さが出ました。
甘いのが好きな方は、物足りないかも。

しかし、豆腐の部分が本物と比べるとなめらかすぎる。
やっぱり、にがりで作った豆腐で作るべきだろうか。

また挑戦したい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)