濱の料理人

22.4月に発足した団体です。achaも関わっています。横浜の食を考えます。

2012年11月 1日 (木)

大人の社会見学無事終了

 濱の料理人主催の「生産現場視察」無事に終わりました。
生産現場視察なんて言うと、ちょっと堅苦しいですね、大人の社会見学&穴場買い物ツアーって感じでした。

朝は暗いうちから起きて、ちょっと寒い朝でした。

今年は、例年よりちょっと豪華なバスです。
補助席がなくても、27人が乗れるバスです。ほぼ席が埋まって良かった。

朝日がまぶしい中、金沢漁港に向かいました。

東京湾で捕れる魚が減っていることと、取る人が増えたので、大変です。
金沢漁港は、主に穴子漁だそうですが、年々漁獲量は減っているそうです。

こんなに早い時間に集合したのは、ここの出漁は月曜と水曜。
と言うことで、水曜にしたのですが、悲しいことに、月曜が天気が悪くて、穴子の仕掛けに出る事が出来なかった。

よって、今日は漁がなかった。
よって、私たちは、魚のいないいけすを前にお話を伺うことになりました。

P1000061c

自然が相手なので仕方ないことですね。

ウナギ漁獲が減っていることは周知ですが、ここのところの、気温上昇や環境の変化で穴子の稚魚もどんどん減っているそうです。

環境の変化かか、今まで東京湾に入ってこなかった魚が来たり、捕れる時期が変わっていったり。
海の中もいろいろと変化をしているそうです。

東日本大震災でも、大きく変わったそうです。
海の上からは、変わった様には見えませんが、海底がボコボコになっていたり、いろいろ変わっているそうです。

漁獲がないから、今はワカメや昆布、釣り船など多義にわたっての仕事になっているそうです。

その筏もほとんど津波で流されしまったそうです。
地震の被害は、以外と知られていないようです。私もです。

船のエンジンが1500万円するって、知ってました?
一回、船を出すと3万円の燃料費が掛かるそうです。
仕掛けをかけに行って、取り入って、6万。
それで、捕れる穴子が少なかったら…ねぇ。

市場に出すより、直接お店に出す漁師さんが増えているとか。

今は、天日干しのワカメなどが人気があるそうです。

八景島を裏手から見る事は滅多にないですね

P1000063c

お話を聞いているときは寒くなって来ました。

次は、南部市場
場外で、買い物ツアーです。
安い。ただ量が多い。多すぎる。
店に寄っては、小袋に分け直して売っているところもありました。
1時間半もあると、2周くらい出来て、充分に買い物しました。
糀の1キロ袋入り、岩塩、昆布、走水の海苔、ひよこ豆、おかし。
どんどん荷物が重くなっていく。

早めのお昼です。
今までの食堂の場所でなく、組合の事務所の有るところに、橫濱屋本舗さんの食堂が出来ていたのですね。

お刺身や丼物と、今までの食堂とはちょっと違った感じです。

20121031_105647c

お刺身に天ぷら
岩井の胡麻油の胡麻油を使っているそうです。
美味しくいただいて、お腹が一杯です。
歓談も弾んでいたのですが、お昼を過ぎて、お店も混んで来たので、次に移動です。

橫濱屋本舗さんでは、横浜発祥の「清水屋ケチャップ」を作っています
横浜産のトマトを使ったペーストや、うどんにスパゲティも売ってました。

南部フーズさん。

P1000073c

私は焼きたての豆と読んでしまいました。

工場では、煮豆を煮ていました。
上からその様子を見たのですが、クレーンで豆を運んで洗ったり、砂糖を入れたり。
なぜかこれが見飽きない。

11月に入ると、お正月製品を作るそうです。
水曜日は本来は休みだけど、お豆の部は忙しくなってきたので、休出だったそうです。

P1000069c

見学のあとは、直売所で買い物。
メンマやアサリ。
塩煮の豆、佃煮。とお安く沢山有りました。
12月28日に行くと良いことが有りそうですが、朝から行列だそうです。

南部フーズ 通販もあります。

P1000070c

戦利品(笑)の見せあいっこ
あら、そんなのもあったの?

このあとは、同じ敷地にある、お菓子の直売所も襲撃しまいた。
こんなに入って350円よ。
ちょっとくらい壊れていたって、味には関係ないわよね。

と、どんどんと買い物袋が増えて行くのでした。

そして、最後は

美濃屋あられ製造本舗さんの見学
P1000076c

昭和32年に建てられてそうです。

P1000078c

焼いて、つけダレを付けただけのあられです。
しっとりしてました。
これから乾燥させて、わさびを付けるそうです。
濃口醤油のこだわり特製だれ

P1000079c

沢山の試食品
こんなに沢山の種類が有るとは知りませんでした。
直売所は、安売りをする日もあるそうです。
ネットでも買えますよ。

美濃屋あられ製造本舗


朝は寒いくらいでしたが、南部フーズさんをあとにする頃には、バスの中は暑いくらいになっていました。

朝は漁を見る事も出来なかったし、どうなる事かと思っていたけど、女性陣は買い物をする毎に、元気になって行くようでした。

P1000087c

で、私もこんなに買ってしまいました。

楽しかった、面白かった、また来年もよろしく。と言う声を聞くことが出来て、安堵の私でした。
幹事の小森さん、昔宮さん、メンバーの皆さん、お疲れさまでした。

さて、来年はどうなるのかなぁ。

濱の料理人の次のイベントは
いずみ野小学校のスーパー給食です。

子供たちは喜んでくれるかなぁ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ ポチッとお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

大人の社会見学のチラシです

 先ほど、ご案内したチラシです。
ご興味のある方は、どうぞダウンロードしてください。
 
現場視察チラシをダウンロード

20120919


| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人の社会見学。今年は漁港です。

おはようございます。
安定しない天気が続きますね。
暑さ寒さも彼岸まで。といますが、今年はどうなるんでしょうね。

さて、今年も濱の料理人では、生産現場視察のツアーを開催します。
10月31日なので、その頃にはきっと涼しくなっていることでしょう。

昨年の、調味料関係の見学とランチは大好評でした。
今年は、海関係に行きます。
ランチは、地魚の天ぷらや地野菜のご飯です。
私は、今から楽しみです。

金沢漁港と言えば、穴子らしいのですが、今年はこの暑さで、不漁というか、捕れても、暑いので死んでしまったりするそうです。
運が良ければ、取れたて穴子の天ぷらもあり。
願えば叶う、で、今から願っています。

ちょっと、朝が早いのですが、漁港ですからね。早いです。
南部市場では、食品からパックものまで、いろいろ面白いものがありますよ。
早起きは三文の得です。

大人の社会見学を楽しみましょう。
ご応募お待ちしています。
質問等は、私もお受けします。
お気軽にどうぞ。

******募集要項*******

畑の幸もあれば、海の幸も、そして加工品もあるのが横浜の良い所。
今年は海の幸にスポットを当て、横浜の南側の生産現場を視察します!
筒漁での穴子を中心に、海苔やワカメなどの漁業を行っている金沢漁港。
日本で最初に、横浜で作られた「清水屋ケチャップ」の復刻版を作る横濱屋本舗。
生のりの佃煮を作る南部フーズ、横浜の老舗あられ屋美濃屋あられ製造本舗へお邪魔します。
昼食は昨年の視察で好評だった岩井の胡麻油を使って揚げた、地魚のてんぷらや地野菜を中心に、美味しい定食をご用意しています!

○開催日時
10 月31 日(水)

○集合場所・時間
京浜急行・金沢八景駅改札前
※出発はシーサイドライン金沢八景駅前
午前7 時20 分
※7 時30 分に出発致します。
解散場所:横浜駅東口(15 時半頃予定)

○視察先
金沢漁港
南部市場関連棟
横濱屋本舗食堂(清水屋ケチャップ)
南部フーズ(海苔などの海産品加工)
美濃屋あられ製造本舗

○募集人数・参加費用
募集人数:27 名
濱の料理人会員3,500 円
     一般4,500 円
※横濱屋本舗食堂での昼食代を含む

○申し込み〆切
10月24日(水)

○生産現場視察に関するお問合せ
濱の料理人事務局
E-mail:hamanoryourinin@gmail.com
WEB ページ:http://hamanoryourinin.com/
Facebook:www.facebook.com/hamanoryourinin

○お申込み先:上記濱の料理人WEB ページもしくはFAX
FAX 050-3737-6284

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

濱の鉄人料理コンテスト授賞式終了

 終わりました。
いろいろ大変だったけど、勉強にもなったし…

2日前から、もう疲れたぁー、と身体が訴えだしたけど、あと2日頑張ろう、と何とか今日の午後は普通に過ごせました。

反省することは多々あるけど、終わった!!!って感じ。

ステージでは、持ち時間ピッタリに終わった事がものすごーく感激でした。

フィナーレ

濱の鉄人は、菊名のれすとらんさいとうさんの斉藤良治さん
濱の料理人賞は、国際ホテルの服部徹さんと、藤が丘のナチュラーレボーノさんの植木真さん

特別賞に、驛の食卓さん、シャンドブレさん、保土ヶ谷のつねとらさん、キッチンまんとうべるさん、南太田フォーラムめぐカフェさんが選ばれました。

私は実行委員長としては、全店に挨拶にいった事かなぁ。

とにかく滞りなく終わって良かった。

これから、1週間の休みをとって、身体メンテナンス。
ゆっくり休んできます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ
ポチッとお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

デザートに味噌

 今日は巣鴨で「名前のことだま」の研究会でした。
向かう途中で、「今日はナチュラーレボーノさんに行きます」って友人からメールをが来て…。
私もいついけるかな。と思っていたところでした。
明日ならいける。と思ったら明日は火曜だった。お店は休みです。今日は祝日の月曜だった。

調べてみたら巣鴨からは1時間弱で藤が丘に行けることがわかったので、講座が終わってから電話をしてみました。

普通なら決して一人では行けなさそうなお店です。
この濱の鉄人コンテストが有るからいける。って感じです。
コンテストに感謝です。

一人で大きなピザを食べ。
ちょっと唐辛子が…
身体がホカホカして来ました。

メランザーネ

何インチかなぁ。
大きかったですが、一人でぺろりと食べました。
それぞれの素材の味をしっかり感じました。
生地も良い感じ。
窯が違うなぁ。
安曇野でも石窯のピザを食べて来たけど、石窯っていいな。
満腹で帰りの電車で、グウグウ寝てしまい、気付いたのが横浜で良かったです。

そして、コンテストに参加の「セミフレッド・横濱カラメッロ」

セミフレッド・横濱カラメッロ

デザートに味噌を使う。って凄いです。
また、これが違和感がないのです。
考えてみたら、味噌と甘味は日本食では沢山ありますけどね。

6月のミクニさんもそうですが、今までは考えたことも無かった食材を使ってみる。
その機会が、この鉄人コンテストであったなら、私はそれだけでも凄いな、と思いました。

参加店さんが頑張ってくれている。いろいろな事を考えてくれてる。
それって凄いのですが、濱の料理人はそれをどうして行くか、をしっかり考えて行かないと、申し訳無い。って気持ちにもなりました。

少ない人数で運営をしているので、本当に至らない点ばかりなのですが、どこのお店さんを訪ねても前向きに考えてくれていた、本当に感謝です。

活動はボランティアです。
自分の財布からお金はどんどん出て行きますが、今回のコンテスト参加店さんにうかがって、普通に食べたのでは感じない何かを感じて、心も温かくなったのです。

そして、ボーノさんには3回目ですが、今日初めてこのカウンターを知りました。
素晴らしいです。
私好みのカウンター

素晴らしいカウンター

一人で行かなければこの席には案内はしてもらえなかったと思います。
それも嬉しかった。


スタンプラリーカードを持って一人で来店された女性の方もいるそうです。
このあたりを廻って見ようと思っています。って事でした。

このコンテストを切っ掛けに、新たなお客さんが足を運んでいただける。
それも考えていたでの、少数かも知れないけど、それも嬉しかった。

スタンプラリーはあと6日間です。
どれだけの方が廻っていただけるか。


また、神様に祈っちゃおう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ
ポチッとお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

つねとらさんへ

濱の鉄人料理コンテスト参加店のつねとらさんに行きました。

東戸塚からバスで行って見ました。
今井町と言うバス停からすぐでした。

コンテスト料理

塩を使って描かれた、満月でお月見です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ
ポチッとお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

めぐカフェさんへ

 いい気候ですね。秋です。
第2回“濱の鉄人料理コンテスト”が始まって、5日が過ぎました。
参加店さんの動きが気にはなっているのですが…

今日は、エントリーNO6のhttp://cafegirls.blog104.fc2.com/めぐカフェさんに行って来ました。
ここは営業日が、火曜、水曜なので、コンテストが始まって今日が初日になります。

手作りポスター

 なんとも可愛いポスターが張って有りました。

ディスプレー

時間が限られているので、なかなか準備が出来なくてぇ。とのことでした。

コンテストセット
 
 普段はデザートは別売ですが、コンテスト様にセットにしました。
スープは他にも有りましたよ。
 参加しているのは、マフィンです。

私が居たときには、皆さんこのセットでしたね。
やっぱり、デザートが付いていた方がいいのですかね。

食べている間にも、どうやったら参加できるのか?
との質問をお客様から受けていました。

確かに読んだだけじゃ、理解できない部分もあるかもしれないなぁ。
字も細かいし。

でも、説明をしたら非常に興味を持っていただけました。


これで、全ての参加店にご挨拶に行けて良かったです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ
ポッチとお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

濱の鉄人表敬訪問しました。

 第2回濱の鉄人料理コンテスト
今日は、訂正リーフレットを2店舗に差し替えに行くのが、私の任務でした。
が、ここまで来たら、新横浜、新横浜に来たら、菊名、そしたら六角橋
ということで、最終的には今日オープンしてる7店舗に挨拶にうかがうことが出来て本当に良かったです。

朝は、10時過ぎに、保土ヶ谷の「つねとら」さんに、訂正が終わったリーフレットを届けに行きました。

つねとらさんの店頭

初めてお伺いしました。
店頭には、こんなステキなディスプレイされてました。
意気込みを感じました
http://www.tunetora.jp/index.html 浜懐石 つねとら さん

全く持って開店前でしたので、コンテストの料理はいただくことは出来ません。
日を改めてうかがうことにします。

次は、藤ヶ丘のナチュラーレボーノさんです
うっかり連絡するのを忘れて、店の手前で思い出しました。
お店に電話をしても、開店前なので通じず。
困ったな、と思って、そうだツイッターだ。とダイレクトメールをお送りしました。

ナチュラーレボーノさん

しかし、店長は仕入れに行かれていました。
残念。
連絡をもっと早くすれば良かったです。
しかし、ダイレクトメールを見ていただけた様で、お店に連絡をちょうど入れてくれました。

http://n-buono.com/ ナチュラーレ・ボーノ さん
無事にリーフレットの差し替え終了して、記念撮影。

ふと、二人で思ったのは、新横浜のブレさんにも行って見よう。となり、それなら、全店にご挨拶と決めたのでした。

シャンドブレさんは、ちょっとわかりにくいところでしたが、知る人ぞ知る。
こういう時って、横浜の南と北って違うなぁ、と思います。


シャンドブレさん

 新横浜の家具の大正堂のところを曲がって、セブンイレブンを右に曲がってから、左斜め上を見ると、見えました。

黄色がかわいいです

駐車場も有りました。

秋のドフィノア

これがコンテストエントリーのパンです。やっと出会えました。参加料理に。
1個丸ごとでなく、半分でも買えます。
私は半分を買いました。

スタンプラリーもいただいて。
良い雰囲気のお店でした。

初対面でしたが、濱の料理人のTシャツを着て行ったので、気持ち良く受け入れてもらいました。
後ろ姿で写真を撮ってもらいました。


さて、さて、ここでお昼の時間。
ここにいたら、さいとうさんね。ということで、電話で予約を入れる。

そして、今日のチャーターカーとさようならです。
運転手ありがとうございました。

れすとらんさいとうさん

 昨日のいや、今日の朝方まで掛かって、作られたディスプレーです。
店の中にも有りました。
 頑張ってくれてるなぁ。
http://www.restaurantsaito.com/ れすとらん さいとうさん

私は初めての訪問です。いろいろ見回してしまいました。
店長のさいとうさんは、濱の料理人の会員どうしなので、気軽にお話しました。

はまぽーくのポシェ 自家製サツマイモのニョッキ

いただきました。
美味しかったですが、関係者としては、コメントは差し控えて置きます。

3人で記念撮影をしてから、さいとうさんに見送っていただきました。

さいとうさんに見送っていただきました

そして、電車に乗って、白楽へ
六角橋商店街の「まんとうキッチン ベル」さんです。
若い女性の店長さんです。
あっ、写真を撮れば良かったわ。と今更思う。

六角橋の商店街は楽しいですね。
次の時間が迫って無ければ、ゆっくり見たかったです。が残念です。

先日の火事の後がまだ生々しかったです


まんとうキッチンベルさん

 場所はちゃんとはわかっていなかったのですが、肉まんの旗
そして、店頭にはコンテストのポスター。

お昼は食べて来たばかりだし…
二人で食べようか、と思っていたのですが、テイクアウトも出来ると言うのでお願いしました。
おかずだけをパックしてもらいました。
ベル風ハンバーグです。

ベル風ハンバーグ

初めてお会いしたのですが、いろいろ話しが弾みました。
やっぱり、コンテストのスタンプはかわいい、って。
いいスタンプが出来たので、私も嬉しいです。


さて、2時半です。
3時までの横浜国際ホテルさんに移動です

横浜国際ホテル玄関
 入り口には、シェフの写真入りのポスターがお迎えしてくれました。
コンテストにこうやって力を入れていただけると、主催者側としては、嬉しいです。

http://yokohama.khgrp.co.jp/restaurant/oak/index.html 横浜国際ホテル レストランオークさん

入り口でシェフとお話をしていたら、女性のお客さまが、アッシパルマンテェ美味しかったです。と
シェフに会えた事を感激していただき、記念写真も撮りました。

アッシパルマンテェ
 胡麻油は写っていましたね。こんな感じでディスプレーされていました。
残念な事に、バイキングの中の1種なので、いただく事は出来ませんでした。
次回にランチに来ます。

一気に来たので、疲れので、桜木町に行く前に、ちょっと休憩しました

そして、驛の食卓さんは昼の休憩中でした。挨拶だけさせていただきました。

これで、今日オープンしている参加店さんには全部ご挨拶が出来ました。

楽しかったです。
あとは、めぐカフェさんですが、営業日は、9月は火曜と、水曜です。

朝の10時〜4時半まで、動き回りましたが、訪問できて良かったね。Iさんと、労働後の1杯をいただいて、解散しました。

あとは、沢山のお客様が足を運んでいただける事を願うばかりです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ
ポチッとお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第2回濱の鉄人料理コンテストの詳細

本日23日から、コンテストは始まりました。
スタンプラリー&応募用紙は参加店さんにありますので、是非足を運んでください。


期間は10月16日までです。
連休も挟んでいます。

横浜に観光に来られた方にも参加していただけると嬉しいです。
地図を載せればいいのですね。
また考えます。


1.驛の食卓|ケチャップ
王道ナポリタン
1,200円
国産初のケチャップを復刻した清水屋ケチャップと山澤農園の野菜と、焼き上げると香ばしい独特の風味を持ったみやじ豚まで入った豪華ナポリタンです!こだわりの手造りビールと一緒にお召し上がりください。

〒231-0013 横浜市中区住吉町6-68-1 横浜関内地所ビル1・2F TEL:045-641-9901
営業時間:Lunch/11:30~15:00 Dinner/18:00~23:00(土曜日/11:30~23:00 日曜日/11:30~21:00)

2.シャン・ド・ブレ|味噌、醤油
横浜再発見!!秋のドフィノア
380円
横浜の地産地消をテーマに考え、今回は味噌をメインに使いました。パンは、味噌と同じ発酵食品なので相性がよく、キノコやじゃがいも、玉ねぎなどの横浜産の野菜とも相性がよいため、非常に美味しく仕上がっております。このパンを通じて横浜の食材を“再発見”していただければと思います。

〒222-0032横浜市港北区大豆戸町1149  TEL:045-431-7788
営業時間:10:00~18:00(定休 月曜日、火曜日・祝日の場合は営業)

3.ナチュラーレ・ボーノ|味噌、ハチミツ
セミフレッド・横濱カラメッロ!
500円
「半分凍った」という意味の、卵と生クリームで作るイタリアのアイスクリーム「セミフレッド」を、横浜産の卵、ハチミツと味噌を使い、カラメル風味にアレンジ致しました。濃厚でまろやかな口当たりと、浜なし・浜ぶどう・浜柿などの旬の果物サッパリ感のコントラストをお楽しみください。

〒227-0043 横浜市青葉区藤が丘2-4-3 藤が丘会館B1F TEL:045-978-0355
営業時間:Lunch/11:30~15:00 Dinner/18:00~22:00(定休 火曜日)

4.浜懐石 つねとら|醤油、味噌
仲秋の月と一献
1,800円
季節を活かした情景を描いた「仲秋の月と一献」。丸盆に雲に掛かる満月を描き、その手前に料理を盛りつけました。添え物のすすき、団子、うさぎなどで全体の季節感を表現しました。秋鯖一塩焼きをはじめ、横浜産の味噌や里芋を使った汁物など、目も舌も十分に楽しめる料理内容です。

〒240-0036 横浜市保土ヶ谷区新桜ヶ丘1-36-6 TEL:045-351-3557
営業時間:Lunch/11:30~14:30 Dinner/17:30~22:00(定休 木曜日、第三水曜日)

5.まんとうキッチン ベル|醤油、味噌
ベル風ハンバーグ 津久井在来の味噌汁・ライス付き
800円
玉ねぎのみじん切りに、赤ワイン、ニンニク、醤油(横浜醤油)で煮込んだソースで作ったオリジナルハンバーグです。津久井在来の味噌汁とライス付きです。

〒221-0802 横浜市神奈川区六角橋1-10-2  TEL:045-432-3005
営業時間:11:30~19:00(定休 月曜日)

6.めぐカフェ|ハチミツ
サツマイモと黒ゴマのハニーマフィン
マフィン単品200円 野菜スープ・パン・ドリンクとのセット650円
国産小麦粉、北海道産バター、きび砂糖、新鮮な玉子、アルミフリーのベーキングパウダー安全で材料にこだわった生地に、横浜産のサツマイモとハチミツをたっぷり混ぜ込み、ひとつひとつキッチンで焼き上げます。

〒232-0006 横浜市南区南太田1-7-20 TEL:045-714-5911 
営業時間:9月27日(火)・28日(水)、10月4日(火)・5日(水) ・11日(火)、12日(水)、16日(日) 11:30~16:00

7.横浜国際ホテル|胡麻油
岩井の胡麻油香るハマポークのアッシパルマンティエ
ランチ1,995円、ディナー3,500円のバイキング内のメニューとして提供
フランスの伝統的な料理、アッシパルマンティエです。柔らかく煮込んだハマポークの赤ワイン煮に、胡麻油の香りとコクを加えた北あかりのピューレを載せ、グラタンに焼き上げました。ハマポークの赤ワイン煮とピューレを一緒にすくってお召し上がりください。

〒220-0005 横浜市西区南幸2-16-28 TEL:045-311-1311
営業時間:Lunch/11:00~15:00 Dinner/17:30~21:00

8.れすとらん さいとう|胡麻油、醤油、ハチミツ
濱っぽく!はまぽーくのポシェ 自家製サツマイモのニョッキとともに
1,785円~3,150円のランチコース内のメイン料理として提供
しっかりと塩味の入った豚肉は口の中でとろけるほど柔らかく、ハチミツ風味のコンソメと上品な味わいの黄白胡麻油のソースが甘く包んでくれています。マスカルポーネチーズで和えた、自家製の紅あずまと紫芋で作った2色のもっちもちニョッキ。味のまとめ役は酸味のきいた醤油バルサミコソースです。

〒222-0011 横浜市港北区菊名6-13-41 ラピス菊名1F TEL:045-434-1761
営業時間:Lunch/11:30~14:30 Dinner/18:00~22:00(定休 月曜日、第ニ日曜日)


“濱の鉄人”料理コンテストとは
横浜は農業がとても盛んな都市であることをみなさんは知っていますか。野菜はもちろん、醤油や味噌、胡麻油など、こだわりを持って長年調味料を作り続けてきた企業も横浜にはあります。そんな素敵な食材にわたしたちは恵まれています。“濱の鉄人”料理コンテストとは、横浜産の食材を使って新たな横浜名物を生み出そうというイベントです。このコンテストで選ばれた料理人は、横浜の地産地消の優れた担い手として称えられ、“濱の鉄人”の称号が与えられます。

テーマ
横浜産の調味料を引き立てる地産地消メニュー

開催期間
9/23(金)~10/16(日)  コンテスト開催期間
11/5(土) “濱の鉄人”表彰式(「食と農の祭典2011」 / クイーズスクエア横浜)

参加方法
“濱の鉄人”料理コンテストにエントリーしているお店の料理を食べ、チラシに付いているハガキに3店舗以上のスタンプを集める。
※3店舗以上回った方にのみ、コンテスト審査資格とプレゼント応募資格があります。

①エントリー料理を食べて、ハガキにスタンプをもらう。
②3店舗以上のエントリー料理を食べる。
③一番気に入ったお店の料理を選び、その料理を三ツ星で評価する。
④必要事項を記入し、ハガキを送る。

ハガキ応募締め切り 10/21(金)必着

プレゼント
A賞(8店舗回った方)
横浜ロイヤルパークホテル ペアお食事券 5名様
B賞(6~7店舗回った方)
横浜産の野菜とお肉詰め合わせセット 10名様
C賞(3~5店舗回った方)
横浜産の調味料詰め合わせセット 20名様
※応募者多数の場合は、抽選になります。
※当選結果は、12月上旬頃までにプレゼントの発送をもって代えさせていただきます。

テーマ食材の紹介
岩井の胡麻油
創業以来150年余、化学的製法や添加物を一切使用せず圧搾法にこだわり香味抜群な胡麻油を造り続けております。精選された白胡麻種子を丁寧に焙煎し、手間を惜しまず伝統的な製法でじっくりと時間をかけて仕上げた逸品です。

日本味噌
明治18年の創業以来、味や風味にこだわりを持ち、時代のニーズに即した味噌を製造しております。今回、使用する神奈川県産味噌「津久井」も日々高まる食への安全・地産地消にお応えし、県内の固有の希少価値の高い大豆を老舗の職人技による仕込み・発酵方法で製造しました。

横浜醤油
太平洋戦争中の昭和12年から看板を守り続けている老舗です。横浜市内で唯一、醤油醸造を行っており、無添加でコクのある醤油を醸造するため、大量生産をせず、一貫した手作りにこだわりを持っていることが特徴です。地元の人たちに長年愛され続けてきた醤油をご賞味ください。

横濱屋本舗
みなさん、トマトやナポリタンが横浜発祥であることをご存知ですか?日本最古のケチャップ「清水屋ケチャップ」の復刻版です。国産や有機の食材にこだわり、コクのある味わいが特徴です。このケチャップを使って、懐かしい味を思い出してみませんか?

Hama Boom Boom! プロジェクト
人と環境が結びつき、街を活性化することを目指して、新横浜で養蜂活動を実施しているプロジェクトです。みなさんも活動に参加して、今回使用される新横浜産のハチミツを一緒にとってみませんか?都市の環境がもたらす恵みを実感できるかもしれませんよ。

横浜の調味料について
今回使用する調味料はどれも通常のそれらより少し割高です。その理由は生産者が全て想いを込めて作っているからです。この大都市横浜で安心、安全で作り手の顔が見える調味料という非常に価値あるモノたちを我々市民がしっかりと守り、次世代に繋げることが大切です。そのために少しだけその価値に対してお金がかかっています。今回のコンテストを通して皆さんと、調味料生産者たちを守っていくという意志を共有する事ができればと思っております。

過去の受賞作品
第1回“濱の鉄人”料理コンテスト
濱の鉄人 受賞「サトイモ肉まん」
矢島農園のサトイモ、ハム工房まいおかの豚肉「はまぽーく」を使った地産地消メニューです。地元の食材をふんだんに使い、サトイモをうまく生かした料理である点が高く評価されました。

濱の料理人について
「濱の料理人」は、料理人や市場関係者、生産者、管理栄養士などをメンバーに、横浜の地産地消を進める目的で発足いたしました。
飲食店、個々の料理人、一般のサポートしてくださる方々と一緒に、できること、継続できることから、ゆっくりと「地産地消推進」の活動をしていきたいと考えています。

お問い合わせ
“濱の鉄人”料理コンテスト事務局
TEL:090-7820-2512 FAX:045-904-8512
MAIL:hamanoryourinin@gmail.com

主催:濱の料理人
後援:横浜市環境創造局
協賛:井上富蔵商店、岩井の胡麻油、エバラ食品工業、キリンビール、JA横浜、日本味噌、
Hama Boom Boom! プロジェクト、藤岡食品、藤代商店、横浜醤油、横浜屋本舗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

第2回 濱の鉄人 料理コンテスト明日から開始

今日も暑かったですね。
お彼岸で、こんなにも暑いとは…

さて、いよいよ、明日からです。
濱の鉄人コンテストです。
今年は、皆様に参加店で召し上がっていただいて、評価していただく、って形です。
スタンプラリーにもなってますから、3個以上集めてくださいね。
そうすると、賞品が当たります。

って、いうより、投票権利が3店舗廻らないと、資格が無いのよね。
頑張って3店舗廻って欲しいと、心より祈っています。

とにかく、皆様に投票いただかないと、コンテストが成立しないのですから。
一人でも、多くの方に参加して欲しいと願っています。


21日の朝日新聞にも記事が載ったそうです。
まだ、私は確認できてませんけど…
メディアからの取材の申込みも来ているようです。


チラシやリーフレットの写真は後で載せます。

http://www.hamanoryourinin.com/ 濱の料理人のHP

コンテストのページが、昨日の台風の影響を受けて、まだ公開されていないのです。
リーフレットの曜日が間違っていて、それも手作業で直して、配布直しをしました。

始まる前からバタバタしてますが、始める前にいろんな災難に遭ったので、これ以上の事はない!と信じています。

私の胸のざわめきは、何を意味しているのだろう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ
ポチッとお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)