« やり直し してみました | トップページ | 地球のいのち »

2004.03.12

世の中なんか変

 さて、不具合も治ったので気を取り直してやってみましょう。3月の2日に書いた物を少し書き直しました。

 世の中このままでいいのでしょうか。いのちを守るために、いのちの事を考えてみたいと思います。いのちって人だけでなく動物、植物、地球自体も含めていのちです。でも、そんなに難しいことではなくて、身の回りの事で考えて見たいのです。科学的に実証するとかそんなことではなく、人間の根本、いのちの根本、ある意味で私の直感、感想、そんな事を書いていきたいと思ってます。

 自分が間違ったことをしたのに無理に正当化したり、反省もせず責任も取らず、あげくに法改正で自分を守ったりする。どう考えても世間的には間違っている、モラルも何もないと思われているのに、自分は悪くない、正しい。国民のためにやってます。なって言ってバッチをはずさない国民の代表が本当に国民の事を考えているのでしょうか。自分の事だけのような気がする。

 厚生労働省が認可しても、本当かな、いいのかな、なんか裏が有るんじゃない。って思うことが最近多い。議員がいいと言った、大学の偉い先生がいいと言った。国の機関がいいと言った。でも、どうして世の中はどんどん悪くなっていくんでしょうか。
モラルは無くなり、他人の物は自分の物、自分の物は自分の物。自分さえよければ人がどうなろうと関係ない、今が楽しければいいじゃない、後がどうなろうと。

 自分の事は自分で守る。何が本当で何が嘘なのか、誰が私の事をだまそうとしているのか。今は個人が情報の海の中で小さな浮き輪で漂っているような物です。全体なんて見えません。それでも、何が正しいのか、自分に合っているのか、判断する力を持っていかないと、この荒海を乗り切れずに、本当に遭難してしまいます。

 医学が進んだ進んだと言うけど、どうして病気は撲滅されないのだろう。外科的には進んだかもしれないが、疾病は無くならないばかりか正体不明な複雑な病気が増えていく。何かがおかしいのだ。

 こんなに長い間牛乳を飲んでいるのに、なんで子供の骨折が増えていくんだろう、なんで骨粗鬆症になるんだろう。確かに寿命が延びたから、蔓延している症状も有るかもしれない。でも…

 お上の言うとおりにしていたら、いのちは守れない。今までの事を常識としていたらいのちは守れない。歳を取ったら病気に掛かる。が常識でなく、非常識になる時代が来て欲しいと思う。

 そのためには、どうしたらいいんだろう。私はどうもその謎は食べ物に有ると思うのです。戦後40年目ぐらいから、短期間にこんなに食生活が変わった国は世界中でどこにも無いと言われていました。その後の20年はもっと急激な変化をしました。その結果が今出て来ているんでは無いかと思う。
 ある意味、日本人は人体実験されているのでしょうか。

 世界一多国籍料理を食べているらしい、この日本。豊食(ほうしょく)だ、豊食だと喜んでいる場合じゃ無いんです。豊食は、飽食、呆食、放食、崩食などという時が当てている人もいるのです。

 主食であるご飯を長い期間食べていない人もいるという。 何を食べているのでしょう。3歳になるまで、ご飯とみそ汁を食べたことがない、って子がいたそうです。幼稚園の給食で初めて食べたそうです。世の中いったいどうなって行くのでしょう。

 そんな事を、少しずつ書いていきます。あくまでも、私の感想です。思いこみも激しいので、思い違いも有るかもしれません。でも、日々感じるこのやるせない気持ちや、憤りをどこかに投げつけたいのです。ココログならば、簡単に書き込んで行けるかな。と始めたのでした。

|

« やり直し してみました | トップページ | 地球のいのち »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世の中なんか変:

« やり直し してみました | トップページ | 地球のいのち »