« 玄米の炊き方続報 | トップページ | 今どきの子供って »

2004.05.12

5月12日の夕食

 煮物の味付けって悩みますか?私も昔々はお料理の本を手元に置いて味付けした時もあります。
でも、一度本を見て調味料を入れていると、大さじ何杯だ。何CCだって全然覚えないんですよね。それで、適当にドボドボって入れれば、薄いから足したりしてると、濃くなり尚かつ、味のバランスが良くないんですね。で、煮物はメニューから遠のいてしまい、フライパン料理ばかりの時も有りました。

 料理の味付けは足し算で引き算は無いんですね。そこが難し。ところが、ある時大さじとか、何CCって見るから覚えられないのよ。と言われて目から鱗。

 それからは1:1:2。もうほとんどこれ。なんでもこれ。酒:みりん:醤油
わが家はほとんど砂糖は使わないのでこんな感じ。本当はみりんも使わない方がいい。使わない料理も有ります。酒は料理酒より、ただのお酒の方がいいし、お肉系の場合は泡盛や焼酎の方がコクが出るような気がする。

 出汁の量に寄って大さじだったり、小さじだったり。だいたいいい感じになります。醤油を入れてしまえば、みりんを入れても余り変わらないので、もうそれまでよ。ってところでしょうか。
040512.jpg

【主食】玄米黒米五穀米入り
【みそ汁】小松菜、沖縄麩、ネギ、ジャガイモ

【おかず1】鯵の塩焼き
 〈材料〉鯵、大根
 〈調味料〉醤油

【おかず2】大和芋の煮っ転がし
 〈材料〉大和芋
 〈調味料〉みりん、醤油

【小皿】山ウドのゆず味噌和え、べか菜のお浸し

 今日の煮っ転がしも1:1:2。こんなに便利な事はない。
生食用の鯵が1尾78円。昨日はもう少し大きくて100円。たたきにしようと思ったけど、焼きました。

|

« 玄米の炊き方続報 | トップページ | 今どきの子供って »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

わが家の粗食」カテゴリの記事

コメント

achaさん、こんにちは。

うちの煮物は、出汁:みりん:しょうゆ=8:1:1です。
お魚は、水、酒、みりん、しょうゆ:8:1:1:1です。

これは、TVで、京都の料亭の料理人がしているのを見て(笑)
お肉や魚を入れるときはお酒もいれますが、そうか。お酒をいれるとうまみが違うのかな??

投稿: えと | 2004.05.13 16:34

こんばんは。

さすが、京都ですね。醤油が少ない。それは薄口醤油なのかしら。
私は何も考えずに、お酒は使っています。
たまに、白たまりなんて言う、調味料も使うけど。

投稿: acha | 2004.05.13 23:58

そうですね。煮物は薄口しょうゆです。
チョーコーのものを使っています。
もうこれなしでは、煮物はできません!(頼り切っています)

煮魚は、濃い口のしょうゆを使っています。

投稿: えと | 2004.05.14 10:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月12日の夕食:

« 玄米の炊き方続報 | トップページ | 今どきの子供って »