« 6月7日の夕食 | トップページ | 6月9日の夕食 »

2004.06.09

副流煙(受動喫煙)の怖さ

 昨日は怖い思いをしました。副流煙とか受動喫煙が身体に良くない、直接吸うより怖いことは事は知っていたが、何がどうなるのかって、知りませんでした。急性影響って事が有るんですよ。本当に怖かったです。身をもって体験してしまいました。

 友達と待ち合わせをしていたら、「この場所は禁煙になりました。」の張り紙。喫煙者はどんどん肩身が狭くなるなぁ。と思ったのです。
 友達がやって来て、仕事帰りの彼女はたばこが吸いたいと言うので、喫茶店を探したのですが時間的なのか空席なし。仕方無くMクドでお茶をすることになり、喫煙フロアーに上がりました。

 ドアを開けた瞬間、たばこの凄い臭が鼻を襲いました。煙は無いのだがエアコンを通して臭いが循環している感じ。窓を開けたい。
 今日は私のお願い事を聞いてもらうという負い目が有る、私の話がすんだら移動すればいいか。と臭いところに座ったのです。

 ここの部屋は10テーブルほどでそんなに広くは無いのです。奥の席には3,4歳の女の子を二人連れたお母さん風と、どうして喫煙フロアにいるのか分からない女子高校生二人。隣はアベック。この段階では臭いはあるものの吸っている人はいなかったのです。

 友達はたばこに火を付けて、自分が風下の席に移動したのですが、隣の席に人が座れば彼女がどこに座ろうと関係は無くなります。
 しばらく話しに夢中になっていると、なんか目から涙がにじんで来たのです。この部屋空気が薄くない?と友達に聞いても、そうかな。でも、臭いよね。と吸う本人でも臭かったらしい。

 空気を吸うたびにこの空気を吸っているんだ。空気汚染のまっただ中にいるんだな。子どもは大丈夫なんだろうか。もっと小さい子も入ってきた。なんで子連れでこんなところに入ってくるんだろう。と思っていると満席状態。ほとんどの席から煙が上がっていた。なんか息苦しい。全身にたばこの臭いが染みついた感じ。

 結局おしゃべりな私たちはコーヒー1杯で1時間以上もいてしまったのです。夕食の支度をするんでしょう。と腰を上げたのでした。

 電車に乗ると眠気がやって来たので少しウトウト。胃がむかむかするので起きました。頭も重い。服からの臭いも気になる。そういえば、昔たばこを吸ったときに、こんな感じだったな。あんな狭い部屋であれだけの煙を吸ったからやっぱり影響が有るのか。と電車の中ではこんあ感じだったのです。

 夕飯は何にしようとスーパーに寄ったものの、何を食べたいかは思い当たらないし、あんなにお腹が減ったいたのに、食欲はどこかに消えてしまった。
 
 胃の調子がどんどんおかしくなって来る。頭も回転しない感じ。なんだろう、どうしたんだろう。帰ろう、帰って早くこの服を脱ぎたい。

 家に着く頃には、何とも言えない気分。持っていた物をすべて投げ出し、服を脱いだ。顔も洗った。身体も洗いたい。とお風呂を沸かす。

 もう立っているのもだめ。ベッドに横になるのだが、臭いのが気になってだめ。やっぱりお風呂だ。とまだ半分しかお湯が張られていないお風呂に。シャワーで頭のてっぺんから足の先まで洗う。洗っただけでは臭いが取れない感じなので、湯船に浸かって皮膚をふやかそう。

 頭がもうろうとして、脈拍も凄い。ドクドク、ドクドクと流れていく。空気が足りない。このまま倒れたりしないよね。と自分に聞いてみる。お湯の温度はいつものようにぬるいのでお風呂のせいではないと思う。

 ゲップが頻繁に出るようになって、気持ちも悪いし、お腹も変。飛び出してはだめだ。とゆっくりお風呂から上がる。身体を拭くのももどかしく、もう倒れそう。

 トイレに駆け込んでもどす。出て来た物はお昼に食べたスパゲティーの油。やっぱり油は消化しにくいんだな。食べてからもう7時間も過ぎているのに。なんて客観的に吐瀉物を見ている自分が変だった。

 ベッドに転がるように潜り込む。胃のあたりが熱い。脈も凄い。頭も変。呼吸も苦しい。腎臓のあたりの背中も痛いし、寝返りも打てない。指を動かすしてみると、動くから脳じゃない。と自分で変な判断をしてみる。空気が空気が、と大きく深呼吸を何度もしました。
 何、何だろう。脳溢血とか脳梗塞とか、そんなことは無いよね。とまた自分に問いかける。
 健康法が趣味であり、あんなに食べ物にも気を遣っていたのに最後がこれじゃね。なんて言われている姿まで浮かんでくる。

 2度ほどトイレに駆け込む。上と下から出してみる。食中毒?下痢じゃないから違うよね。変な物は食べてないよね。とまたまた自分に問いかける。

 おかしくなってから2時間。夫からの帰るメール。やっとの事で「具合が悪くて夕食の支度は出来てないからなんか買って。」と打ち返す。しばらくウトウト寝る。気づくと胃はずいぶんと楽になり、全身のこわばりも消えてきた。

 夫が1時間後に帰ってきて、どうしたの。と問い、そりゃぁ副流煙だよ。と。でもこんなにひどくなるの?たばこって。本当に怖いね。自分が以前は吸っていたのにこんなになるんだ。身体に悪いよね。気づかないのは怖い。あの子どもたちは大丈夫なんだろうか。

 狭い部屋だったので、ニコチン濃度が高かったのですね。全身から煙を吸った事になったのです。皮膚呼吸ですね。血管に入るんですよね。

 友達の煙なんか関係なかったんです。喫煙フロアーなのに換気は他より悪かったような。そんなになるまで気づかない私もアホかもしれないが、涙目と少し酸素が足りないなぁ。って感じだったんです。それがあんなになるとは。とにかくたばこの煙は怖いです。

 今日も半日は調子が悪かった。夕食は食べられなかったので24時間ぶりの昼ご飯。しかし、ほとんど食べられず。ネットで副流煙の害について検索してみたら有りましたね。まさに私の症状でした。

多くのネットには

 環境中たばこ煙を構成する副流煙は各種成分の濃度が高く、アルカリ性のためニコチンが強く作用することによります。常習喫煙者より非喫煙者の方が、反応が強いことも確かめられています。

 急性影響としては、体の粘膜がたばこの煙、特に副流煙にさらされることによって生ずる刺激症状で、せき、喘嗚(ぜんめい)、動悸、 息切れ、頭痛、鼻症状(くしゃみ、鼻閉、鼻汁、かゆみなど)、眼症状(痛み、流涙、かゆみ、瞬目など)、心拍増加、血管収縮等、食欲不振、吐き気や嘔吐を引き起こします。

と書いて有りました。副流煙は怖いです。狭い部屋での喫煙は本当に怖いです。

|

« 6月7日の夕食 | トップページ | 6月9日の夕食 »

心と体」カテゴリの記事

生きること」カテゴリの記事

コメント

うわぁ~。なんて怖いの!!!

喫煙フロアーだったら、換気くらいちゃんとして欲しいよね。
それにしても、副流煙でそこまでなるとは、全然知らなかった。
もっと世の中で認識されないと大変だよね!
そんなところへ子供を連れてきて、
子供の脳とかに影響でないのかな。

投稿: まるぴん | 2004.06.11 15:24

こんちは。
本当に、こんなになるとは思っていなかったのよ。びっくり。
一昨日も昨日もなぜかテレビで副流煙についてやってましたが、副流煙は発ガン率が高いとか。
確かに、それも怖いけど、将来ガンになっても本当に副流煙の影響か分からない、けど急性影響ははっきりしているもの。

こんな状況に慣れてしまえば、症状も出なくなるんですよね。本当に怖い。子どもたちも知らず知らずに影響されて行くんですね。

カラオケボックスでの喫煙も凄い影響でしょうね。
レストランや喫茶店に行って、喫煙席に座ってもそれなりの広さがあれば、濃度は薄いんでしょうね。こんなになることは無かったもの。

投稿: acha | 2004.06.11 16:59

気持ちは分かりますが、明らかにパニック障害の症状です。 勿論、キッカケはタバコの煙による息苦しさや不快感ですが、それ以外の症状は心理的要因のものです。 もしタバコの煙に急性毒性があったとすればその場に居合わせた他の人も同じ症状が出るはずですし、ましてや子供さんがいた場合、急性毒性であれば最初に倒れるハズです。
タバコの煙が有害であるのは間違いないでしょうが、何でもタバコの煙のせいにするのは正しくないことです。 むしろ、あなたにはパニック症候群を起こす素地があることを知って予防に努めたほうが良いと思います。 発症してしまうとかなり辛いですので、気を付けてくださいね。

投稿: GoGo | 2005.07.19 03:01

That's cool that we are able to receive the personal loans moreover, it opens completely new opportunities.

投稿: HOLLIEHines28 | 2012.02.07 17:04

凄く同感します。
私が小さいころから父が毎日私のいる前で吸っています。

中学生のときくらいからなるべく部屋にいくようにはしていますが。

いつも頭が痛くなるし気持ち悪くなるし息苦しいし脈も凄くはやくなる。
やっぱりタバコって怖いですね。

投稿: イチ | 2013.02.20 16:04

イチさん、おはようございます。

昔は当たり前に家の中で吸ってましたよね。
たばこの煙から離れた方が余計に敏感になります。
歩きたばこも、本人はいいと思っているのでしょうが、相当遠くからでも臭うし、その人の後ろは歩けないですね。

投稿: acha | 2013.02.22 08:28

私も50代になりましてから高血圧など実感するようになり副流煙が怖くなりました。

投稿: 花の慶次 | 2014.02.24 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21276/741496

この記事へのトラックバック一覧です: 副流煙(受動喫煙)の怖さ:

» 今更,ゆーても,しゃーないんだが。 [爆笑する準備はできていた?(geotea.blog)]
たばこの害はどのようなものがあるのか,その因果関係が明らかでないために,これまでJTは,中途半端な表記で曖昧に逃れてきました。 私は,かなりきつめの嫌煙家なの... [続きを読む]

受信: 2004.11.06 00:42

» 他人の煙は吸いたくない [受動喫煙@日記]
「他人の煙は吸いたくないね」 これは、誰の言葉だと思う? 何と、喫煙者の言葉である。 喫煙者もやっぱり、他人の煙は吸いたくないんである。 私は今までずっと、喫煙... [続きを読む]

受信: 2005.02.09 16:28

« 6月7日の夕食 | トップページ | 6月9日の夕食 »