« おでん鍋 12月9日の夕食 | トップページ | 城門ラーメン 12月11日の夕食 »

2004.12.12

お腹が減ったらご飯を食べよう

 これって当たり前のようでいて、案外違うんですよね。できていないんです。
どちらかというと、ご飯って時間が来ると食べるんです。お腹が減っていなくても。
習慣で食べてしまうんですよね。私もそうでした。

 確かに、集団生活(会社)をしていると、お腹が空こうが空くまいが、昼休みにはご飯を食べるんですよね。その時間に食べなければならない。
 会社勤めのという習慣ができて、労働者には休み時間を与えなくてはならない。そして昼休みが出来、昼休みにご飯を食べる様になったと、何かで読んだことがあります。3食食べる様になったのは、そんなに昔のことではないと言う。
 アフタヌーンティーという習慣も、一日2食ではお腹が空いたからと甘い物とお茶を飲んだことから始まったという。外国でも2食だったらしい。

 お腹が空かないで食べるより、空いたら食べる方が身体にもいいんです。
朝も無理に食べる必要は無いんです。食欲が無いからとパンやクッキー、果てはドーナッツなんて食べたり。何も無理をする必要は無いんです。きっぱり食べなければいいのです。水分は必要ですが。

 身体の要求に従って食べると、身体にもいい。一日3食食べなければならない、って事は無いのです。自分のペースにすればいいのです。

 食べたくないときは食べない。風邪を引いて食欲が無いときも無理に食べる必要は無いんです。
今は風邪と闘うことに身体のすべてを向かわせ、食べる、消化させる事にエネルギーを使わない方がいいのです。風邪が治りかけて食欲が出て来たら食べればいいのです。
 食べないと早く治らないは、間違いです。卵酒やハチミツ大根、梅干し茶などを飲んで、水分を摂って充分の睡眠。熱もそれで下がります。

 食べたくなったら食べると、ご飯は美味しいし、身体にいいような気がする。そんなに沢山食べなくても満足。沢山食べるから、お腹が空く。って事も実感します。

 変な時間にご飯を食べるわけにはいかない。そうですね。変な時間に無理に食べるから、変な時間になる。
 朝ご飯を無理に食べていた人は、食べるのを止めればいいのです。そして10時頃にお腹が空いたら、飴の一個を食べるとか。本当は小さめのおにぎりがいいんですけど。
 そうすると、お昼休みにも食べられる。そのうちに飴もおにぎりも不要になって、美味しくランチが食べられます。
 3時のおやつも、甘い物は止めておく。すると夕食に時間にはしっかりお腹が空く。もし、夕食が9時とか10時になるようだったら、7時頃にお菓子じゃなくておにぎりを食べて、本来の夕食の時間には軽く食べる。

 と言うわけで、ご飯はお腹が空いたら食べましょう。

|

« おでん鍋 12月9日の夕食 | トップページ | 城門ラーメン 12月11日の夕食 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

生きること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お腹が減ったらご飯を食べよう:

« おでん鍋 12月9日の夕食 | トップページ | 城門ラーメン 12月11日の夕食 »