« 一口カツ 12月23日の夕食 | トップページ | 正嗣の餃子 12月25日の夕食 »

2004.12.24

土鍋焼きビビンバ風 12月24日の夕食

 今日は世間様ではクリスマスイブ。一歩も外へ出ていないのでどうなっているかさっぱり。ランドマークは全館点灯を今年もやっているらしい。
 元々わが家にはクリスマスのイベントは無い。プリたちだけが「メリークリスマス」とはしゃぐだけ。

041224-1

【主食】土鍋焼きビビンバ風
 〈材料〉ご飯、小松菜、ニンジン、タマネギ、豚肉、白ごま、ロメインレタス、ニンニク、長ネギ、卵、キムチ、大根の葉。
 〈調味料〉ごま油、醤油、塩、コチジャン、砂糖

【おかず】残りのおでん
【スープ】リケンのわかめスープ

 なぜかクリスマスイブにビビンバ。もやしもほうれん草も牛挽きも無いけど作ってみた。石鍋がない。やっぱりあのお焦げが食べたい。考えついたのは土鍋。ビビンバは今までに2回しか食べたことがない。一度は黄色い看板の店の。もう一度は韓国で。まぁ、混ぜて食べればビビンバだ。と言うことであり合わせでビビンバ風。

041224-2

 土鍋に茶碗一杯のご飯を入れたらあまりに少ない。と言うわけで2杯近くのご飯を入れてしまった。
 ロメインレタスを乗せてかき回した。かき回していると何かが足りない、そうだ卵だ。と言うわけで写真には卵が写っていない。
 さすがにお腹が一杯。今日もおでんが余ってしまった。

作り方
 長ネギ、ニンニクをみじん切りにして大さじ2、白ごま、ごま油も大さじ2、醤油が大さじ1。よく混ぜる。これを半分にして、片方には砂糖を小さじ1と塩小さじ半分を入れる。
 砂糖の入っていない方を、茹でた小松菜とタマネギに別々に絡ませる。入っている方は肉を炒める時に入れる。汁気が無くなるまで充分に炒める。

 暖めた土鍋にご飯をいれて、それぞれの具を並べる。蓋をしてビリビリと音を聞いて、ここか。と思ったら火を止める。これでお焦げが出来ていなければ、かき回したときにまた火にかければいいんだ。と適当に。
 調味料も適当でいいと思う。私の作り方が余りにもアバウトなんだが、それでいいじゃない。これで充分にビビンバの感じだった。味見をしながら自分の味にしていくことが大切だと思う。

|

« 一口カツ 12月23日の夕食 | トップページ | 正嗣の餃子 12月25日の夕食 »

わが家の粗食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土鍋焼きビビンバ風 12月24日の夕食:

« 一口カツ 12月23日の夕食 | トップページ | 正嗣の餃子 12月25日の夕食 »