« ポトフ 12月20日の夕食 | トップページ | 小松菜と油揚げの煮浸し 12月21日の夕食 »

2004.12.21

おひつが来た

041221-1
 陶器で出来たおひつです。前々から陶器のご飯を炊く鍋が欲しかった。いろいろ探しているけど、値段の違いは何なんだろう。焼きの質が違うのだろうか。3万から2千円ぐらいまである。まだ、電気炊飯器が元気なので、そんなに真剣にはなってないけど、探すだけは探している。

 そしたら、友人から陶器のおひつを教えてもらった。その人も美味しいご飯があればおかずなんていらない。って考え方。その人が使ってとってもいい。と言うのだから、こりゃ、いいんだろう。木のおひつだと管理が大変でしょう。と言う。
 私は友達から譲ってもらった、木のおひつを使っているのだが、確かにうっかりするとカビは生えるし。最近はたががゆるんで来て、ずっこける。彼女は平松洋子さんの買い物71勝負を読んで、ピンと来たという。

 私もネットで調べてみた。見れば見るほど欲しくなる。でも、3週間は考えた。衝動買いをしていいことはないのが私。
 けっこう売れているらしい。と言うことで昨日「やまほん陶房」に電話をしてファックスで注文したら、もう届いた。
 明朝が楽しみ。炊きたてのご飯を入れると、ほどよく水分が飛び、ご飯が美味しくなると言う。また、使っての感想は後日に。
 送料込みで5040円は、ネット通販で買うより安いと思う。少し前のクロワッサンにも紹介されていた。0595−44−1600

|

« ポトフ 12月20日の夕食 | トップページ | 小松菜と油揚げの煮浸し 12月21日の夕食 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おひつが来た:

« ポトフ 12月20日の夕食 | トップページ | 小松菜と油揚げの煮浸し 12月21日の夕食 »