« 小諸天池窯・岡本一道・作陶展 | トップページ | 天こ盛りそば »

2005.02.11

高野豆腐の含め煮 2月10日の夕食

0210-1 昼は暖かかったけど、日が落ちたら寒い。しかし、陽が延びました。1時間ぐらい延びたような気がする。
 今日はまだ夫が本調子ではないので、さっぱり系。久しぶりに高野豆腐の登場。若い頃は好きじゃなかった食材。作るのはけっこう簡単。こういうのを伝統食っていうのかな。

【主食】五分搗き米五穀黒米入り
【みそ汁】豆腐、小松菜、葱

【おかず1】高野豆腐の含め煮
 〈材料〉高野豆腐、大根、蓮根、昆布、舞茸、セリ
 〈調味料〉出汁、みりん、酒、醤油

【おかず2】鯖の塩焼き
 〈材料〉鯖、大根
 〈調味料〉ポン酢
 戻さなくていい高野豆腐は簡単。だし汁700ぐらいに酒、みりんを大さじ2入れて、塩をひとつまみ、醤油は大さじ1以上でお好み。沸騰したらこの中に高野豆腐を入れる。わが家は砂糖は使わないけど、使うなら一番最初に入れる。
 大根は米粒を少し入れて下ゆでしてからの方が短時間で味が染みこむのが早いらしい。
後はお好みの材料を入れて10分から15分中火で煮るだけ。
 椎茸にするか、舞茸にするか考えて舞茸にしたから黒くなってしまった。海老やニンジンを入れればもと見た目が美味しそうになっただろう。

|

« 小諸天池窯・岡本一道・作陶展 | トップページ | 天こ盛りそば »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

わが家の粗食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高野豆腐の含め煮 2月10日の夕食:

« 小諸天池窯・岡本一道・作陶展 | トップページ | 天こ盛りそば »