« わが家の風邪薬 | トップページ | 小諸天池窯・岡本一道・作陶展 »

2005.02.09

もうじきバレンタインデーかぁ

0209-1バレンタインデーなんて、チョコレート会社の策略。義理チョコを買うぐらいならアフリカの子供たちに義捐金にすべきだぁ。と若い頃は会社で息巻いていました。

 さて、バレンタインデーが近いからって訳では無いけど、チョコレートを使うお菓子を作ってみた。サツマイモのトリュフ。新聞に奥薗壽子氏のレシピが載っていた。
 わが家にはサツマイモが余っていた。なぜか板チョコもあった。干し芋も一度やってもういいや。ってところだったので、こりゃ幸いと作ってみたのでした。体調も上向いていた今日はやる気満々。

 このレシピの良いところは、分量が載っていないところ。自分の好きで作るので、全国で同じ物を作っているだろうけど、100人が100種類のサツマイモのトリュフを作ったことだろう。
しゃれたお皿があればもっと美味しそうに見えただろうな。

私の作り方
サツマイモ500グラム、板チョコ1枚、バター30グラムくらい、牛乳50ccぐらい。
サツマイモをアルミの包んでフライパンで40分焼くとあったのだが、わが家にはサーモンの薫製鍋があるのでこれで石焼き芋にした。
アツアツのうちに皮をむいて潰す、刻んだチョコレートとバターを入れて、牛乳をチョロチョロ入れてねる。甘くなかったら砂糖を入れるとあったが、チョコレートの量でも違うのだろう。
一口大に丸める。冷めたら、ココアを掛ける。出来上がり。丸めたところで食べた味とココアをまぶしてからの味は全然違う。美味しさ倍増、ココアって美味しい。

見た目にはしっかりトリュフだけど、味は全然違う。最後にはサツマイモの味がして美味しい。全部を一人で食べてしまいそうだから、今日は友だちにおっそ分けだ。
 

|

« わが家の風邪薬 | トップページ | 小諸天池窯・岡本一道・作陶展 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もうじきバレンタインデーかぁ:

« わが家の風邪薬 | トップページ | 小諸天池窯・岡本一道・作陶展 »