« 今年も行ってきました。犬山祭り | トップページ | 焼きおにぎりみそ味 »

2005.04.05

土鍋炊飯に懲り中

 だいぶ前から、土鍋でご飯が炊きたい!と思って、土鍋を探していた。

ここ数年で炊飯専用の土鍋がずいぶんと出ている。あまりに有るのでどれがどういいのか、さっぱり。

インターネット通販などでデータを見たり、本屋で立ち読みしたり。

 2千円台から3万円台まであるのだ。何がどう違うのだろう。3万円のはどこでも絶賛しているが、いいものを買いたいとは思うのだけど、熱しやすく冷めやすいachaさんだから、飽きたときにどうするのか。と考えると、なかなか手が出ない。

店に行っては手に取る物、買わずに帰って来ること数度。

0405

 で、いろいろ考えて、ごく普通の土鍋を買うことにした。わが家には一人用の土鍋が有るので躊躇していたがこれでは1合を炊くのがやっと。

 炊飯用の土鍋だと、専用だから応用がないかも。普通の土鍋だったら他にも使えるし、最近は豆を煮るにも土鍋の良さがわかって来たので、炊飯に飽きても使いようがある。あの小さな土鍋でもいい感じに炊けるのだから、何も炊飯専用にしなくてもいい。とやっと決断できたのです。

 3月の半ばになると、土鍋のシーズンも終わりなのか7号型が3割引で売っていたので、即決。

0405-1

 炊きあがったご飯にはしっかり「カニの穴」も有るし、ご飯が光っているように思う。当然旨い。

さて、その炊き方が問題。

 いろいろ調べて、いろいろやっています。けっこうアバウトでも炊けることがわかりました。まだまだ試行錯誤中ですが、2,3炊き方を書きましょう。

その前に、ご飯の浸し方。

 といだお米をざるに上げて15分。そして、再び計量する。それと同じ量の水で炊くといいらしい。(知ってましたぁ。私は知りませんでした。炊飯器には印が付いてるし、玄米の時は1.5倍ほどの水加減だし。)

今までは、ここでお鍋にセットしていたのだが、ここのところは、これをビニールに入れて冷蔵庫に一晩。入れるときに16穀米も振り入れておく。

 そして、翌朝に土鍋に入れて、わが家は堅めのご飯が好きなので、水は少しだけ少なくしてセット。5分ぐらい置いて、強火でゴー。

 水に浸す時間が長いほど、柔らかく炊けると言うが、今のところよくわからない。

2合のご飯の炊き方。

1番目 

強火で沸騰させ、5分中火、5分弱火。強火で10秒。蒸らし10分後しゃもじで鍋底からかき回す。お焦げだぁ。中途半端なお焦げが出来た。

 わが家の場合は、これで陶器のおひつに移すのだが、おひつに移さない場合はふきんを掛けて水分を飛ばすといいと思う。

2番目

沸騰させ、弱火で10分。強火で10秒。以下同じ。

これでも、お焦げが出来る。沸騰してからかき回してもみたがやっぱり少し焦げる。

最後の強火の時は鍋に耳を当てて音を聞いてもみる。どこで止めるかが楽しい。

 中火で沸騰までと言うのもやってみたが、炊きあがりがどうも気にくわなかった。

強火で一気に沸騰させることがいいらしい。

3番目

強火で沸騰させてから、少しだけ火を弱めて、鍋をずらして沸騰状態を2分ほど続ける。それから8分超弱火。最後に10秒ほど強火。これだとお焦げは殆どできない。

 これが今のところベターな感じ。今朝は1,5合なのに、一晩たてばすっかり忘れて2合分の水を入れてしまったが、そんなに柔らかくもなく、炊きあがった。おにぎりも普通に出来上がった。水加減に気を使っていたが、けっこうアバウトでもいいのがわかった。

 ついに今までの炊飯器はお蔵入りした。狭い台所では2種類は置けぬ。

|

« 今年も行ってきました。犬山祭り | トップページ | 焼きおにぎりみそ味 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土鍋炊飯に懲り中:

« 今年も行ってきました。犬山祭り | トップページ | 焼きおにぎりみそ味 »