« タンメン (インスタントラーメン) | トップページ | 季節の変わり目の役目 »

2005.04.13

鮭とネギの炊き込みご飯

 久しぶりに本を広げて見つけたご飯。でも、やっぱり毎度の事ながらacha風になりました。

鮭は生鮭でしたが、わが家にあったのは塩鮭だし。オリーブオイルの使い方も調味料もacha流。まぁ、いいっか。と塩水に鮭を30分ほどつけてみました。

 お焦げが美味しかった。おかずが少ないから、いつもより大きめなお茶碗だったのに、お代わり。旨い。

0412-3

【主食】鮭とネギのご飯(7分搗き米十六穀米入り)

 〈材料〉塩鮭、昆布、ネギ、海苔

 〈調味料〉酒 大1、醤油 大1、塩 小1 オリーブオイル 大2

【みそ汁】小松菜、豆腐、ネギ

【おかず1】がんもどきと小松菜の含め煮

 〈材料〉がんもどき、小松菜

 〈調味料〉酒、みりん、醤油

【おかず2】塩辛

0412-1  0412-2

【作り方】

 鮭はオリーブオイル大1でフライパンで焦げ目が付くくらいに焼く。

 土鍋にお米を入れて1.1倍の水加減。調味料をいれて、昆布を敷いて鮭を乗せて、隙間にネギの小口切りをばらまく。

 オリーブオイル大1を振りかけて中火で沸騰まで。3分ほど沸騰させてから弱火で15分。最後に30秒ほど強火にしてから火を止めて5分蒸らしてから、鮭と昆布を取り出して、骨と皮を取ってから、鍋に戻してかき混ぜる。

 普通に炊くより沸騰加減が少なくて吹きこぼれてこないから心配になったが、穴からはしっかり湯気が出ているし、蓋の周りも泡立っている。いつもは8分しか炊かないのに15分には不安があって、最初は10分、そして3分、2分。と鍋の音を聞きながら伸ばしてみた。結局は15分。焦げてる臭いはネギでかき消されてわからなかった。でも、このお焦げが美味しかった。オリーブオイルはどうなることかと思ったけど、悪くはなかった。炊き込みご飯は簡単でいいね。

banner_02励ましのワンクリックお願いします

|

« タンメン (インスタントラーメン) | トップページ | 季節の変わり目の役目 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鮭とネギの炊き込みご飯:

« タンメン (インスタントラーメン) | トップページ | 季節の変わり目の役目 »