« なすコーンカレー | トップページ | チー助が成長しない(__;) »

2005.08.04

頭だけじゃだめよね

 料理をすると頭がよくなる、ってどこかで研究したらしいけど、そんなの昔から言われてないかしら。料理は右脳と左脳が仲良く働かないと出来ないもんなんです。片方だけじゃだめなんです。頭だけがよくても出来ないのよ、って。

 料理って並行的にやっていくんですよね。一個一個かたづけるのではなく、暖かい物は暖かく、冷たい物は冷たくして、ご飯の時間に出す。これは右脳だけでも、左脳だけでも出来ないと言う。総合力とでも言うのかな。

 だからか、最近は料理本に横軸が入っているとか。どう作るのではなく、3品の料理を同時に出来上げるために、時間経過を表すというか。鍋の湯が沸く間に、ほうれん草を洗うとか。みんなマニュアルが無いと出来ないって事ですね。

 小さいときに料理を始めた場合と、大人になってから始めた場合とでは、習得する時間が全然違うことと、応用力も違うらしい。
 食べることが好きな人は自然と料理を始める歳も若いと思う。有る保育園では、自分のお昼ご飯を自分たちで作るという。おむつをした子供が包丁を使うというのだから、頼もしい。小さい頃から包丁の使い方を習えば、間違った使い方もしないことだろう。
 あぶない、あぶないではなく、ちゃんと使い方を教えればいいんですよね。

 頭がいいから料理が出来る訳じゃなし、料理が出来ても頭がいい訳じゃ無い。愛情も探求心も必要。だけど、自分で美味しい物を食べたい作りたい。って気持ちが一番大事なのかな。料理って奥が深いんですよね。

|

« なすコーンカレー | トップページ | チー助が成長しない(__;) »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頭だけじゃだめよね:

« なすコーンカレー | トップページ | チー助が成長しない(__;) »