« 元旦 | トップページ | 箱根駅伝でお正月を感じ »

2006.01.03

ハレの日

 今日は夫の実家へ。〈あ、さ抜き〉は忘れて、今日はハレの日と考えよう。と言うと、今日は雨だ。と言う。晴れじゃなくて、ハレの日。ハレの良き日に。の晴れ。特別な日って事よ。
 普通のお正月から〈あ、さ抜き〉は考えられないものね。と言うわけで今日は食べてきました。行くときと帰ってきてからでは体重がなんと1.8キロ増えておりました。アチャー。

1月2日のご飯
0102-1 0102-2


0102-3 0102-4

 このほかにも、伊達巻き、おいなりさんも有りました。
 今年は煮物があまり無かったのが、寂しいような、丁度良かったような。
 イチゴ、リンゴ、クッキーとお腹が一杯だ、一杯だ。といいながら食べてしまった。
 糖分の中でも果糖(果物)が一番良くない。と聞いたので、久しぶりの果物だった。
 糖分も非常に感じたし、味も妙に濃く感じた。これが普通の味なんだろうけど、ここのところは薄味三昧だったもの。
【あさ】
【○○】

banner_ß02励ましのワンクリックお願いします

|

« 元旦 | トップページ | 箱根駅伝でお正月を感じ »

achaのご飯日記」カテゴリの記事

砂糖と油抜き」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。今年もよろしく!
ところで、4つの写真の左下のお料理、鶏もも肉をたこ糸で巻いて、しょうゆ、みりん、酒各1の漬け汁に漬けて1時間ほど蒸したものでは?そして敷いてあるのはレタスの千切り。うちの叔母の得意料理にそっくりなんだけど。昔料理雑誌で覚えたものらしい。
我が家は一通りおせち料理を作りました。去年は黒豆が大好きだった娘は、今年は紅白なますが気に入ったようでした。去年からすっぱいものが大好きなので。
味付けですが、うちのお節はほとんど砂糖なしです(黒豆と栗きんとんは砂糖入り)。これは、2001年12月号の「きょうの料理」にあった村田吉弘さん(料亭「菊乃井」の主人)のレシピ。例えば、お煮しめはしょうゆ、みりん、だし汁が1:1:8とか、割合で書いてあるの。村田さんのレシピは、お節に限らず、ほとんど砂糖を使っていないので、お勧めです。今度お見せしますわ。
他にうちにあるのは、「村田吉弘の和食はかんたん」(光文社)です。

投稿: よりこ | 2006.01.04 12:42

よりちゃん、ありがとう。
こちらこそよろしくお願いします。

義母に作り方は聞かなかったわ。甘くは無かった。中にゴボウとニンジンが巻いていたのも有ったわね。レタスの千切りじゃなくて、キャベツでした。
 わが家も砂糖はなしの味付けだけど、普通はおせち料理には使うよね。実家もお正月近くなると、砂糖も買わないと。ってやってました。
 夫がおせちをほとんど食べないので、夫の実家に行ってもおせちらしいおせちは用意してないのよね。
 よりちゃんはエライ。子供にはしっかり伝統を継承してね。

 そのきょうの料理は私も買いました。たまたま番組を見ていてこれは便利と思ったのよね。料理本を見ながら大さじ1とか2とかって覚えるといつまでも、本が必要だけど、比率で覚えるのは便利だな、と思ったのよ。
しかし、しばらくして、結婚をするけど、料理が苦手。って子が遊びに来てその本を妙に気に入り、これなら私にも出来そう。と言うので、気前よくあげてしまったのよ。
 時たま、あれは必要なところを写して渡せば良かった。と思うのです。

投稿: acha | 2006.01.04 20:57

「村田吉弘の和食はかんたん」が見つからないなぁ。もっと大きな本屋に行かないと駄目かなぁ

投稿: acha | 2006.01.06 09:08

新しい本ではないからかもね。今度お見せするわ。気に入ったら、ネットショップで買ってください。

投稿: よりこ | 2006.01.06 11:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハレの日:

« 元旦 | トップページ | 箱根駅伝でお正月を感じ »