« イソフラボン | トップページ | 和食の素 »

2006.02.02

ここが踏ん張りどころか

 ここのところの気圧の変化や気温の変化を身体が感じるのか、それとも砂糖、油抜きのご飯が7週目になったので、身体が変化してきたのか、不調感が強い。具合が悪い、って感じではないのだが。
 日曜の午後からどうもいまいち。天気も良くないし、好転現象なのか。ここが踏ん張りどころだ。後半分じゃないか。
 今日は、前々からの料理教室。薬膳でもマクロでも無いので普通のご飯。そして、今日はパスタ。先月は油で揚げるメニューだったのでお休みにしたのだが、今回はオリーブオイルは使うけど、久しぶりのハレの日と決めて行くことにした。
 すると、どうだろう。行く前はいまいちだった体調が随分と楽になった。逆を予想していたので、びっくり。
 気ままなおしゃべりと、久しぶりの洋食に心も身体も満足したのだろうか。そんなに我慢をしていたつもりは無かったが、やっぱりこんなご飯も時には身体が欲求するのだろうか。
 コロッケをこんなに長い間食べないのは初めてか。
調子に乗って、このままなし崩しにならないようにしないと。

2月2日のご飯
写真はクリックすると拡大します
《お昼》カネロニ、ブイヤベーススープ、サラダ
0202-1
 カネロニにもオリーブオイルを入れて作ったのだが、こんな油でも私の舌は敏感に感じた。オーブンで焼いたので食感は良かった。
ブイヤベーススープを作りながら、この油をすくい取ろうか、とも思ってしまった。食後は嫌な感じではなく、油が口の中に残っていた。

《晩ご飯》がんもどきとかぶの含め煮、まぐろの山かけ、とんぶり納豆

0202-2
【主食】三分搗き米、赤米入り

【おかず1】がんもどきとかぶの含め煮
 〈材料〉五目がんもどき、かぶ、かぶの葉、ブナしめじ
 〈調味料〉出汁、酒、みりん、醤油
 がんもどきは鍋でしっかり油抜きをしてから。

【おかず2】まぐろの山かけ
 〈材料〉まぐろのぶつ切り、山芋
 〈調味料〉出汁、醤油、わさび
 山かけのとろろには本来は味付けをしないものかな、薄く醤油で味付け。

0202-5 0202-4 
【おかず3】とんぶり納豆
 〈材料〉納豆、ネギ、とんぶり
 〈調味料〉辛子、醤油

【みそ汁】里芋、下仁田ネギ、ワカメ

【まごはやさしい】【あさ】
【○○○○○○○】【○X】
後から、ご飯にごま塩をかけた。
自己評価【△】 

お昼にオリーブオイル。久しぶりの味で舌が敏感だったが、塩も砂糖も油も摂らないでいると舌が敏感に感じる。辛い味に鈍感になっている人がいるが、摂れば摂るほど舌は鈍感になる。って実感。

banner_02励ましのワンクリックお願いします

|

« イソフラボン | トップページ | 和食の素 »

achaのご飯日記」カテゴリの記事

砂糖と油抜き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここが踏ん張りどころか:

« イソフラボン | トップページ | 和食の素 »