« 寒かった | トップページ | 春爛漫の好調 »

2006.04.02

化学調味料の味

 クッキングスクールの講師をやっている知人、最近は「蒸し器」が無い家庭が増えてきて、メニューの蒸し物に対応するために、電子レンジが導入されるという。蒸し物は電子レンジでやり、使い方の説明もするそうな。
 世の中変わって行くのだが、本当の出汁の味や本来の物の味では、何かが足りないという受講者も増えてきたという。
 小麦粉とバターにローリエ、味付けは塩胡椒。こんな風にして作った純正なホワイトソースを試食をすると「何かが足りない、ひと味足りない」と言う人がいるらしい。知人はそれは化学調味料の味だろう、と思ったという。
 市販されている物には、必ず入っているし、ホワイトソースにコンソメが入っている場合もあるという。

 そう言えば、高校の家庭科の講師をしている叔母が言っていたことを思い出した。
 昆布と鰹節で取った出汁と、本だしで取った出汁の味比べをする授業。本当は、本物の出汁の味を知ってもらい、それが美味しい。って授業のはずなのに、クラスの大半の生徒が、本だしの味の方を選んだのには、がっくりだった。と言うのだ。

 世の中、何を買ってもアミノ酸等やグルタミン酸ナトリウムが入っている。砂糖同様に入ってない物を探すのが大変なくらい。それだけ、舌、味蕾は化学調味料慣れしているのだ。そして、濃い味でなければ、美味しくない舌になってしまっている。素の味や薄味では味蕾が反応しないのだろう。

 昨日も、和食の素の話し。この味では満足出来ない人は沢山いることだろうと。
 出汁味と切れ味は日本にしかない味なのだが、世の中はどんどん変わって行くんだなぁ。本物は忘れられてしまうのだろうか
 
4月2日のご飯
写真はクリックすると拡大します

《お昼》椎茸納豆うどん
04021
 祭で地場産業の生椎茸を買って来たので、焼いて乗せてみた。

《晩ご飯》野菜室一掃煮物、鯵の干物、みそ汁

04022
【主食】三搗き米十六穀米入り

【おかず1】野菜室一掃煮物
 〈材料〉昆布、椎茸、タマネギ、ネギ、じゃがいも、長芋、ニンジン、ゴボウ
 〈調味料〉和食の素(1:5)

04023

 野菜はほとんど無い。買い物に行く予定だったが、外は春の嵐。出掛けたくない。とにかく冷蔵庫にある物で作ってみた。野菜室はスッカラカン

【おかず2】鯵の干物
 〈材料〉鯵の干物 半身
 
【みそ汁】長芋、茎ワカメ、油揚げ、レタス

【まごはやさしい】【あさ】
【○X○○○○○】【XX】
 自己評価【○】
 ほうれん草の胡麻和えが食べたかった。白菜のあんかけ煮が食べたかった。でも、冷蔵庫に有った葉っぱ物はレタスだけ。どうしようかと思ったけど、最後にみそ汁に入れた。

banner_02励ましのワンクリックお願いします

|

« 寒かった | トップページ | 春爛漫の好調 »

achaのご飯日記」カテゴリの記事

砂糖と油抜き」カテゴリの記事

コメント

achaさんお久し振りです。
 その昔、20年以上前のことです。
 当時、私は都心勤務のサラリーマンでしたが、しばしば、昼食に立ちそばを食べていました。
 おおむね味に違和感がなかったのですが、ある店に入ったところ違和感がありました。
 間もなく、それは化学調味料の味だとわかりました。
 こんな店が存在できるというのは、化学調味料ファンもいるというか、多いということですね。
 私は最近、節約の意味もありますが、味の面でも外食をさけています。
 外食すると、食後に油分がなかなかめけないものですから。
 少し長すぎてごめんなさい。

投稿: 矢だれ | 2006.04.04 00:24

おはようございます、矢だれさん。
長くなんて無いですよ、ありがとうございます。
うまみ調味料。なんて言っていた時期もありますよね。
簡単便利、本物の味に近い、って。確かに便利だけど…
簡単、便利、早い、楽。って事でいろんなものを捨ててきてしまった60年間の様な気がします。
 外食はどんどんと味が濃くなっているように思います。濃く=美味しい、って事になりつつあるような。
日本料理の、淡泊、素材の味。って感じなくなりますね。舌は濃い味に慣れていくのですね。
 何かしら、身体に影響も有るでしょうね。

投稿: acha | 2006.04.04 10:43

こんにちは。春らしいお天気が続いていますね。
外に出ると、桜はもちろんいろんなお花が咲いていてうれしくなりますね。
achaさんも体調がよいみたいでよかったです。

化学調味料ってあふれてて嫌になります。
この前、中華料理のディナーをいただいたとき、前菜からずーっと化学調味料で、どれ食べても化学調味料の味で…げんなりしました。
外食は、原価計算を考えると、いったい何を使ってるのだろうかと思います。特に、バイキングとか。

化学調味料なしでは、物足りないのは、中毒性もあるということなのでしょうか。

どなたかがおっしゃってたと思うのですが、
大根は大根、にんじんはにんじん、鮭は鮭の味がするからおいしいのに。と思います。

投稿: なまず | 2006.04.06 11:42

なまずさん、こんにちは。
そうなんですよ、久しぶりに身も心も軽い春なんです。でも、去年も3月は調子が良くて、その反動が4月に来ましからね、この好調がちょっと恐いんです。
 中華料理症候群、なんていわれてましたよね。舌がしびれてくるとか。なんであんなに使うんでしょうね。
確かに中毒性や依存性が有るんじゃないかと思います。慣れてしまうと、舌もしびれないし。
実家でも長い間何でもかんでも味の素でしたよ。それが無いと何も始まらない、って感じ。醤油とそれはコンビでしたね。
いかに、安い材料を使って本物らしくするか。偽物をいかに本物に仕立てるか。って感じかなぁ。
安い物は、やっぱり恐いですよ。
世の中も見た目って事を重視してますからね。

投稿: acha | 2006.04.09 10:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 化学調味料の味:

« 寒かった | トップページ | 春爛漫の好調 »