« 冷やし夏野菜そば | トップページ | 胡麻よごし »

2006.07.31

ごま汁

 横浜の郷土食って何でしょう。どこの地方にも郷土食と言うのが有るのに、横浜では思い出す物が殆ど無いと言います。

 横浜と言えば、シュウマイがあまりにも有名。でも、郷土食では無いのですね。

 横浜の農家に伝わるという「ごま汁」と言うのが有るそうです。
 これは、愛媛の「さつま汁」や宮崎の「冷や汁」に似ています。

 農家のお昼というのは、簡単にすぐ食べられる。と言うのが共通。

 さつま汁は、魚のすり身を味噌仕立て。冷や汁には豆腐が入っている。

 温かいご飯に冷たい汁をかけるのと、冷たいご飯に冷たい汁をかける物、両方とも冷たい。の違いが有るかなぁ。

 ご飯をいつ炊くかと言う違いもある。朝か夕か。

 沖縄そばも同じ考え。麺は茹でおいて、農作業から帰って来て、温めた液をかけてたべる。だから、あまり熱くないのが本来らしい。

 お昼は手間も時間もかけずにすますことは、どこも共通。

 さて、横浜の「ごま汁」どこにも有りそうな汁なんです。何かの具を入れれば、なんか汁になる。

 それほど簡単だけど、暑い日のお昼にはサラリと食べられてお勧めかなぁ。
 味噌汁をかけるのとは、やっぱり違う。この方が美味しい。

 うどんを入れてもいいな。と思ったのです。 

7月31日の一品
写真はクリックすると拡大します
《お昼》ごま汁

ごま汁

 〈材料〉ミョウガ、ネギ、生姜、紫蘇、キュウリ、ごま、味噌、ご飯、出汁
 
 作り方は、ごまをすり鉢でよくあたる。ひとり分だと、大さじ2杯、5人分でカップ半分。
 ここでよく擂ると、後でコクが出て美味しい汁になる。

 味噌を入れてよーく混ぜ合わせながら擂る。一人10グラム程か。大さじ2杯ぐらいか。

 出汁は冷ましてからでも、温かいままでも。一人分で1カップの見当。ごま味噌を伸ばしながら、入れていく。

 ミョウガ、ネギ、生姜、紫蘇は薬味。紫蘇以外はみじん切り。紫蘇は千切り。キュウリは輪切り。
 古漬けなども刻んで入れるといい。

 茶碗にご飯を盛って、薬味をお好みで乗せてか、汁を注ぐ。
 汁は氷を入れて冷やしてもいいかなぁ。

banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いです

|

« 冷やし夏野菜そば | トップページ | 胡麻よごし »

achaのご飯日記」カテゴリの記事

旬の食べ物(夏)」カテゴリの記事

コメント

ごま汁は温かいままで、キュウリの輪切りを浮かべるだけのシンプルなもの
それをご飯にかけて食べる
ご飯は温かくても冷たくてもどちらでも

投稿: タッちゃん | 2018.04.26 09:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21276/11166953

この記事へのトラックバック一覧です: ごま汁:

« 冷やし夏野菜そば | トップページ | 胡麻よごし »