« 続ご飯の炊き方 | トップページ | じゃがいもの煮物 »

2006.08.15

佐賀のがばいばぁちゃん

 先日「佐賀のがばいばぁちゃん」を見てきた。ここのところ、見たいと思っていた映画を見損なってばかりだったので、誘われてラッキーでした。

 ★人間は死ぬまで夢を持て!その夢が叶わなくても、ししょせん夢だから!

 ★ケチは最低、節約は天才

 ★人に気付かれないのが本当の優しさ、本当の親切
 
 ★悲しい話は夜するな。つらい話しも昼にすれば何と言うこともない。

 がばいばぁちゃんだけでなく、昔の人は凄かった。知恵が沢山有った。
 明治、大正生まれの人たちに、もっと沢山の事を教わっておけば良かった。

 4人の明治生まれのじいちゃんばあちゃんはもういない。
 ばあちゃんの、ナスの塩漬けを教わっておけば良かった。母はその漬け方を知らない。

 昭和初期の人も戦前の生き方はちゃんと覚えていない。身につく前に戦争になってしまった。せめて、終戦当時18歳にはなっていないと。
 すると、79歳かぁ。戦後は遠くなって、日本の風習も遠くなった。

 戦争で分断され、多くのことが継承しなかった。日本の風習、文化、生活の知恵。消えてしまった。

 嘆いてみても仕方ないから、私たちが祖先になろう。今あることを伝承していこう、と言ってくれくれたのは、「危ないコンビニ食」を書かれた山田博士先生。

 確かに、私が知っていて、次の世代が知らないこともある。

 どんなに文化が進んでも、日本人の本質は変わらないと思う。出汁の味が懐かしいのも、日本人だから。
 昔の人の知恵って、生きることが目的。

 女は下半身を冷やしてはだめ。足を冷やすな、腰を冷やすな、太ももを冷やすな。
 いくらジェンダフリーだと言っても、身体は変わらない。

 今の状態だったら、あと、10年たったら、婦人科が大変だろう。

妊婦は冷やさないほうがいいよ。ソックスはいたら。
だって寒くないもの。
そういう事じゃなくて。

 妊娠しても、生活も食事も何も変えない人がいるという。
 難産の挙げ句、吸引して頭蓋骨骨折。だれが悪いんだろうか。
 なんで難産になるのだろうか。体質?それだけで片付けられる物だろうか。
 周りの人も産科の先生も、もっと何かをしないと。

 でも、他人の話に耳を貸さない人が多くなった。

 なんで昭和30年代や1970年代が懐かしいのだろう。
 あの時代を知らない人までが、何かを感じるらしい。なぜか懐かしいと。
 まだまだ、日本人根性が残っていた時代。

 その日本人根性の行き先がどこで違ってしまったのか。
 もはや戦後ではない。の32年頃だろうか。

 食べ物も大きく変わった。

何かが違う、何かが。
その何かを修正しないと、この先どうなるのか。

 先日はびっくりした。妊婦がお腹を出して歩いている様に見えた。一瞬自分の目を疑う。
 病気でお腹が出ているんだろうか。と、本気で思った。
 ローライドのパンツで上はブラウス1枚。まんまるお腹の形がはっきりと外からでもわかる。
 パンツの線上にちょこんとお腹は乗っている。この冷房のきつい中、こんな格好でいいのだろうか。

 やっぱりあれは妊婦だ。と確信したとき、私が愕然とした。それでいいのだろうか。誰かが教えていないのだろうか。聞かないのだろうか。
 苦労するのは本人だけど、生まれてくる子供も試練だろう。

 ここは日本だ。この先どうなるのだ。

 核家族も3世代目を向かえている。動物園の動物が子育てを放棄するのは、育て方を知らないからだという。
 単独のおりの中で、3世代も過ごせば本能から子育てが消えてしまうと言う。

 人間だって、3世代目になれば、継承も伝承も消えてしまうのだろう。
 
 食事は100年食べ続けないと、本当の安全はわからないという。
 100年って3世代が終わる頃らしい。

 何を言ってもだめ。みんなが自分で気付かなければ。

 私に何が出来るのだろう。

と、映画を見た話から、脈絡もなく変な方向の話しになってしまった。せっかく書いたから、アップしよう。

banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いです

|

« 続ご飯の炊き方 | トップページ | じゃがいもの煮物 »

わたしの思い」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
うんうんって頷きながら読みました。
20歳過ぎまで一緒に住んでいた祖母に
たくさんの事を教えてもらいました。
それでももっと話しを聞いておけばよかったと思います。
同居と言う恵まれた環境で育ってよかった。
会う事もできない境遇の人もいますものね。
「私達が祖先になろう」・・・そうですよね。
でも最近は他人を叱るのも怖い。
大人が子供を怖がってどうする?でも怖いです。
どうしましょう。。。

投稿: yokopri | 2006.08.16 11:17

 こんばんは。
そうですか、おばあちゃんと一緒に暮らしていましたか。貴重な経験ですよね。
 私は小さい頃に、よく預けられました。でも、小学校の低学年ぐらいまでだったので、料理までは教わらなかった。

 大声でさわぐでねぇ。女が大股開いて座るんじゃないよ。敷居を踏むとは、主の顔を踏むのと同じだ。
 ちゃんと覚えてないのが悲しい。

 人の子どもだろうが、だれだろうが、悪いことをしている子供をちゃんと叱ってましたよね。
 なんで、今は私も含めて出来ないのだろう。
 叱られて素直に聞かない。親が文句を言いに来る。子どもが怖い。

 子どもの本質、親の本質。

何だろうなぁ

投稿: acha | 2006.08.16 21:06

こんばんは★
同じく「がばいばぁちゃん・・」あたしは
本で読みましたー。

そして涙しちゃいました。
とってもいい話ですよね♪

そして・・
毎日のachaさんのご飯!!いつも実に美味しそう!!

見るのが楽しみでなりません・笑

投稿: 裕子(きらり★) | 2006.08.22 01:36

きらり★さん、ありがとう。

がばいばぁちゃんのご飯でもマラソン大会で新記録ですものね。
巨人の工藤選手も、粗食だというし。

簡単で美味しい物がいいですよね。
大した物を作っていないのに、ありがとう。

投稿: acha | 2006.08.22 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21276/11458169

この記事へのトラックバック一覧です: 佐賀のがばいばぁちゃん:

« 続ご飯の炊き方 | トップページ | じゃがいもの煮物 »