« 冬瓜入り薬膳スープ | トップページ | 冬瓜と豚肉の煮物 »

2006.08.30

ゴーヤ炒め

 ゴーヤは苦いから絶対にもう食べない。って子どもじゃなくていい歳のおじさんの発言。
 他のおじさんは、あの苦みの美味しさがわからないのは、子どもだからよ。なんて言ったり。

 それはちょっと、手間をかければ苦みも少なくなるし、夏にこんなにいい食べ物は無いのに。と言っても聞き入れない。

 間違った料理方法で、その食材の本当の美味しさとか、価値が伝わらないのは、悲しい。
 ゴーヤは苦瓜って言うくらいだから、確かに苦い。それがいいと言う人も確かにいる。
 でも、自分の好みの苦さに出来るのもいいと思う。

 ようは、綿の取り方とその後の処理だと思う。
わが家も、一番最初にゴーヤを使った時は、今後これは絶対に食べないから。と言われた。

 でも、今は食べてる。沖縄で食べたゴーヤチャンプルがそんなに苦くなかったらしい。何でだろう、といろいろやってみて、わが家のゴーヤの味になった。


8月30日のご飯

【ゴーヤ炒め】
 今日はシンプルに炒めてみたので、チャンプルーって感じではない。
 塩味だけで充分に美味しい。

ゴーヤ炒め

 〈材料〉ゴーヤ、エノキ、卵、鰹節
 〈調味料〉塩、胡椒

 ゴーヤは縦に二つ割りにして、綿を取る。この綿の取り具合でも苦み度は変わってくる。最初に料理した時は、普通のスプーンで普通に取ったので、綿がかなり残っていたのかも。

 今は、グレープフルーツのスプーン、先がギザギザのあれで、ごりごり。以前は緑色が見えるまでやっていたけど、最近はそこまでしない。苦さに慣れてきたのだろうか。

 そして、今日はそのまま綿のあったところに塩をふる。しばらく放置して、他の野菜を切ったりしてから、3ミリぐらいの幅に切って、混ぜて置く。

 熱湯にさっと通してから、炒め始める。これで、苦みは殆ど残らないが、最近はここまでやると、ちと味が寂しいか。今日は炒めたのだから、熱湯に通さなくても良かったかもしれない。

 綿の取り方、切る厚さ。いろんな事で苦みが変わるから、いろいろやるといいんだけど、一度食べて諦めてしまう人はどのくらいいるんだろう。

 ちゅらさんのせいか、ひと頃より出回り方も、産地も増えてきたから、また食べているかなぁ。

その他のおかず

banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いです

|

« 冬瓜入り薬膳スープ | トップページ | 冬瓜と豚肉の煮物 »

achaのご飯日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴーヤ炒め:

« 冬瓜入り薬膳スープ | トップページ | 冬瓜と豚肉の煮物 »