« 白菜汁 | トップページ | 三浦大根と京芋の煮物 »

2006.12.25

芸術のクリスマス

 昨日はフルートとピアノのコンサート。今日は国立劇場で歌舞伎。
元禄忠臣蔵。これは思いがけないクリスマスプレゼントでした。

 一昨年に、誘われて国立劇場に歌舞伎を見にいってなれば1枚だけのチケットのピンチヒッターに躊躇したかも知れない。1度の経験というのは大きな事。心強い事だった。

 劇場にはギリギリに着いてしまった。すぐにイヤホンを借りて、そのまま奥のエレベーターへ。その手前でお弁当を買って、5番扉一目参。すぐさま席の番号を見て、「ごめんなさい、失礼します」といいながら着席。その瞬間に消灯で真っ暗。

 劇場に入ってから、1秒の隙もなく動けた自分が凄い。いつもなら、どこかで迷いが生じている。
 歌舞伎も新しい物は、言い回しもわかるし、ちょっと難しい台詞は、イヤホンで説明してくれるから、いい。

 討ち入りは12月14日となっているが旧暦ので日付。新暦に直せば1月30日。雪が降っても不思議ではない。
 切腹の日も2月4日となっているが、新暦だと3月20日だという。

 いろんな出来事や行事が、新暦でそのままと、置き換えた物があるが、そこら辺が、今の私には非常に興味があること。
 時間を作って調べてみたいと思っている。

 たまには、日本の芸能にひたるのもいいね。

 昨日のコンサートは心の癒し。フルートを聞きながら、私もオカリナを随分と吹いてないなぁ、またやってみよう、と思った。
 音楽っていいなぁ。

 今日は、今日で。忠臣蔵の終末って知らなかった。松の廊下とか、討ち入り。そんな所は断続的に見ていたけど。
 何で、罪人のはずなのに、ヒーローだったのかと思っていた。

 そんなこんなで、心のどこかにはガラス磨き…掃除…。なんて思っていたけど、充実した2日間だった。

味噌  エビとアボガド

 昨日はイブ。女二人でピザを食べました。
目黒の駅近くで食べた、エビとアボガドのピザと味噌のピザ。
しかし、ちと焦げが多すぎるよね。


コロッケ定食

 今日も、なんか作るの面倒。スーパーに寄ったら、鶏のももが山のように焼かれていた。つけだれには砂糖を使っているので、止めた。
そして、なぜかやっぱりコロッケ。


banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いですブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 白菜汁 | トップページ | 三浦大根と京芋の煮物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

achaのご飯日記」カテゴリの記事

コメント

ピンチヒッターありがとう。無駄にならなくてよかったわ。
今日は名古屋から終電1つ前で帰ってきました。
ちかれたびー(古!)

投稿: よりこ | 2006.12.26 01:07

よりちゃん、お疲れ様でした。
日帰りで名古屋出張は大変だよね。それも目一杯仕事して。

私はおかげさまで優雅なクリスマスでした。
ありがとう。
右隣は空席。周辺にも空席がちょっと有ったけど、みんな楽しみにしていながら、
風邪とかノロとか仕事とかで来られなかっただろうなぁ。

投稿: acha | 2006.12.26 11:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芸術のクリスマス:

« 白菜汁 | トップページ | 三浦大根と京芋の煮物 »