« 【食育シンポジウムのご案内】 | トップページ | 1000000人のキャンドルナイトin湘南〜でんきをけしてスローな夜を〜 »

2006.12.13

早寝・早起き・朝ごはん

陰山英男先生、そう百マス計算の先生です。
百ます計算が速くできれば、頭も良くなる、って、大変でしたね。

 でも、百マス計算をさせたら、余計に算数が嫌いになったとか、いろんな弊害が出た、ある教育者の発言でマスコミで騒がれた事もありました。

計算が速ければ、何事にもいいんじゃないか、と私は思っていたのですが、やっぱり、そこには有りました。

 生活の基本 早寝・早起き・朝ごはん が出来てなければ、百マス計算は上達しないという。

 マスコミでは報道をあまりされなかったが、陰山先生は、まずは、早寝・早起き・朝ごはん の習慣を付けてから、百マス計算にトライさせたという。

 昨今の、小学生は、この生活の基本が出来ていない。新聞も書いてあったが、今どきの小学生9時に寝るなんて事は、殆ど無いらしい。高学年になると、12時は当たり前とか。

 やっぱり、子どもはよく寝て、よく食べることが、重要。

 小学校時代は、身長が伸びる時期と、体重が増える時期がある。子どもから大人になるためには、体重だって増える。内臓だって、脳みそだってそれで出来ていく。

 それが、小学校4年生で体重が増えたからと、ダイエット。それも、お母さんが一緒にやろうって言った。と。

 炭酸飲料を飲まないとか、砂糖たっぷりのお菓子やジャンクフードを食べない。それくらいの食事制限なら何も言わない。その方がいいに決まっている。そういうのを食べ過ぎるから、体重も脂肪も増えているのだから。

 それが、ご飯を食べない、大人がやるダイエット。食べる時期に食べなければ、身体は出来ない。
 それでいいのだろうか。ちゃんと内臓が出来るのだろうか。ちゃんと大人になる準備を身体が出来るのだろうか。疑問だ。

 子どもの糖尿病が増えているのは確か。でも、それは、世の中が砂糖を油まみれ。そんな食べ物が余計に太らしている。

 真っ当なご飯を食べれば、異様には太らないだろう。
その上で、身体を作る体重増加は当然。

 食べなければ、脳も働かないから、勉強にも身が入らない。当然百マス計算だって、出来やしないのだ。

 もう少し、食のことを考えてもいいんじゃないだろうか。

 今日の新聞によると、ビジネス街でも、早寝・早起き・朝ごはんブームだと言う。
 丸の内で、朝をテーマにしたイベントが相次いで開催され、朝7時台からのイベントに延べ1000人が参加したと言う。

 身体を動かすイベントや、趣味や習い事らしいが、早起きして、ご飯を食べて生活のリズムが変わったと言う。
 大人がやれば子どももやる。これはいいことだ。

|

« 【食育シンポジウムのご案内】 | トップページ | 1000000人のキャンドルナイトin湘南〜でんきをけしてスローな夜を〜 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私、コレ買ったんですよ。私の自戒の意味をこめて。新年からつけようと思っています。あ、別に頭のいい子に育てたいとかじゃないけど。。。
あ、でも、ちょっとあるかなー。
蔭山先生の本は、いろいろ読みました。なかなか為になるので、参考にしたいですね。

投稿: えと | 2006.12.14 09:25

あら、えとちゃん買ったのね。
頭のいい子にする、とかじゃなくて、普通の子。だよね。

今の普通は普通じゃないよ。考えていることはなんか違う。
学校もそうだけど、家庭での人間としての教えをして欲しいと思うのよね。
一般常識、モラル。

親ももっと大人になってよ。って思うのは私だけだろうか。
だから、やっぱり基本は。早寝、早起きなんだろうな。

投稿: acha | 2006.12.15 17:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早寝・早起き・朝ごはん:

« 【食育シンポジウムのご案内】 | トップページ | 1000000人のキャンドルナイトin湘南〜でんきをけしてスローな夜を〜 »