« 病気は生き方そのもの | トップページ | 白菜と豚肉の鍋 »

2007.01.08

パンの初焼き

 今日は夫の実家に新年の挨拶へ。でも、起きたら不調だった。身体の中で何かが滞っている。朝風呂に入って、体操して。身体を動かせば大丈夫だろう。出発。
動いているうちに体調は戻ってきた。

 昼頃について、それから夜まで休むことなく食べ通し。食べ疲れた感じ。
 
 白神酵母のパン生地を冷凍のままで持って行って、解凍、発酵して、焼いてみた。

 成型は4分割にして丸めただけ。2次発酵はビニールに入れて、ビール缶にお湯を入れて、50分ほど。
小麦粉を振って、包丁で軽くクープ。210度で予熱して、200度で18分の焼成。

 ここで焼きます。と言うと、このオーブンで焼けるの?とだいたいの人が言う。ごく普通のオーブンレンジ。これでパンが焼けますよ。普通のオーブンで焼けるんですよ。と言うとみんなびっくりするけど、どんなオーブンで焼くと想像しているのだろうか。

パン

 ただ、4個一度に焼くので、お隣同士くっついてしまったが…

 私としては出来はいまいちだったのだが、焼きたてホカホカのパンを食べることはあまりないので、みんな「美味しい、美味しい」と喜んで食べてくれた。

 お腹が一杯なはずなのに、あっという間にお腹の中に入ってしまった。慌てて最後の1個が記念撮影。

 家で作るパンは、すぐに食べればどんな環境で作っても美味しい。出来立ては何でも美味しいなぁ。

banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いですブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 病気は生き方そのもの | トップページ | 白菜と豚肉の鍋 »

手作り おやつ&パン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パンの初焼き:

« 病気は生き方そのもの | トップページ | 白菜と豚肉の鍋 »