« 大根と豚肉 | トップページ | 必然の出会い »

2007.01.13

スキムミルクのシチュー

 じゃがいもニンジンタマネギ、チキン。と来ればシチューを作りたくなる。
 小麦粉もバターも有るが、牛乳が無い。それだけを買いに行くのはなぁ。
 そうだ、スキムミルクが有った。それでやってみよう。

スキムミルクのシチュー

 〈材料〉しめじ、じゃがいも、タマネギ、ニンジン、鶏肉、ほうれん草
 〈調味料〉塩、胡椒、スキムミルク(80グラム)、バター(25グラム)、小麦粉(25グラム)

 油は使わない。要するに炒めないで作ってみた。

1. 材料の鶏肉までを鍋に重ね入れる。大事なことは鶏肉を一口大に切って、塩で軽く揉んでおく
 ヒタヒタの水を入れてから、塩をひとふり。沸騰後5分ほど弱火で。今日はシャトルシェフなので15分の保温。保温鍋で無くとも、10分ほど煮たら、火を止めて待っても大丈夫だと思う。

2. その間に、バターと小麦粉を炒めておく。弱火でザラザラがサラサラになり、しっとりぐらいまで焦げないように。

3. 野菜を煮ていた鍋から別鍋に3カップの煮汁を取り出す。そこにスキムミルク大さじ10杯くらいの80グラムを入れて溶かす。あまり熱くない方がスキムミルクが溶けやすい。

4.  2の鍋に3を少しずつ入れていき伸ばす。最初に多めに入れた方がダマが出来にくいように思う。出来ても根気よくかき回せばつぶれて行く。

5.1の鍋に入れて、火にかけ味を見ながら塩胡椒を足していく。
濃度も自分好みに。

夕飯 
 コンソメも昆布も使わなかったのに、なんといい味なんでしょう。最後に茹でたほうれん草。
緑物が他に有ればそれで良し。本当はブロッコリーを入れたかった。


 そして、シチューと言えばやっぱりパンだわね。パンを焼きました。年末に冷凍したホシノ酵母のパンです。

ナッツパン 解凍は200ワットのレンジで3分ほどしてから、自然解凍。2時間ぐらい。
 成型でガスを抜きすぎたか、2次発酵は40度の箱の中で1時間半やっても殆ど姿が変わらず。


切ったパン やっぱりホシノ酵母は冷凍では無理かなぁ。諦めて焼くことにした。とりあえずは、窯伸び少々。切ってみたら、気泡が…
 すだちも何やら、上に上にと有るので、酵母も働いていた、ということかな。

 でも、もう少し膨らんで欲しかった。味はいい、噛めば噛むほど美味しい。
 美味しいから、今日も食べ過ぎかなぁ。



banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いですブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 大根と豚肉 | トップページ | 必然の出会い »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

手作り おやつ&パン」カテゴリの記事

旬の食べ物(冬)」カテゴリの記事

achaのご飯日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スキムミルクのシチュー:

« 大根と豚肉 | トップページ | 必然の出会い »