« アバウトミーに質問したら | トップページ | 自家製ビール酵母でビアパン »

2007.10.23

一口餃子

餃子が食べたい!と突如思う。

それも一口餃子。
作ってみたけど、ちょっと焼きが甘かったかなぁ。
いつもは、ばらしてお皿に盛るのだが、今日はそのまま羽を強調してみました。

一口餃子

今日の作り方は、いつもとちょっと違います。
実は、右手の中指と薬指に切り傷。だから、具をコネコネ出来ない(^_^;)
で、フードプロセッサーで具を作りました。

豚肉もブロックで買って来て。
白菜、キャベツ、ニラ、生姜、豚肉、塩、コショウ、ごま油、はちみつ、醤油。

餃子の焼き方はいろいろ有るだろうけど、1度蒸してから焼くといい。なんて言うけど面倒。
で、私の最近の焼き方は、
フライパンに餃子を並べて、火をつけて、熱湯を餃子の半分ぐらいまでいれて、蓋をして中火で3分。
まぁ、これで、蒸したことになる。

だいたい3分で水分は殆ど無くなるが、まだ有ったら、無くなるまで。
ほぼ無くなったら、餃子の上からごま油をたらーり、たらーりと落とす。全部で大さじ1から2ぐらい。

そして、焼き続ける。3分ほどして、火を強める。
フライパンの回りに羽が出来てきて、それに色が着いてくる。
この色と、餃子の焦げ具合は同じだというので、この羽の色具合を確かめて、ちょいと、裏を覗いてみる。

いい感じなら、回りからフライ返しを差し込んで、はがして、餃子の上にお皿を乗せて、ひっくり返すと、こんな感じに盛られる。
きれいにはがれる。

早めに食べるのがコツ。ゆっくりして、冷めて来ると、1個1個がはがれにくくなる。
お皿に取ってから、はがすのも有りかなぁ。

餃子の羽は、お湯に片栗粉や小麦粉を入れずとも、作ったときに皿に片栗粉を敷いてその上に、生餃子を乗せれば自然と、羽は出来る。

具がフードプロセッサーでこねたので、口当たりが柔らかかった。
自分で作った餃子が一番だ(^_^)

banner_02 ブログランキング・にほんブログ村へ励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いです

|

« アバウトミーに質問したら | トップページ | 自家製ビール酵母でビアパン »

achaのご飯日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アバウトミーに質問したら | トップページ | 自家製ビール酵母でビアパン »