« ガスオーブンを買ったよ | トップページ | 燻製パーティー »

2007.12.22

いのちの食べかた

 バタバタして、疲れてる。といいながら、
3丁目の夕日も見にいって、そして、先日は渋谷イメージフォーラムまで行って
|いのちの食べかた|を見てきました。

 いのちと食べ物と言うブログのタイトル。これは何かの縁でしょうか。この映画のことを聞いたときから見たかった。
 本来ならもう終わっていたのだが、好評につき12月一杯の上映。

 1日分の整理券を朝の10時半に配るという。
平日の11時の上映に間に合うように行ったのだが、予想を反してガラガラ。
だが、出て来てびっくり
次の1時上映は階段に人が並び、入場は制限されていた。
朝一で正解だったかな。


「ファーストフードが世界を食いつぶす」や「もう、肉も卵も牛乳もいらない!」の実写版というか。
しかし、目で読むのと映像を見るのとでは、印象が違う。

ひよこが工場の流れ作業のように、流れていく。
出荷される、鶏も物の様に流れていく。

豚や牛が、物のように分解されていく。

植物が無機質の物のように集荷されていく。

いのちをいただいて、私達は生きている。
同じ地球の生き物。

いのちと食べ物の関係。
食べかたも意味がある。

 電気ショックで殺され、逆さにつるされて、血抜きをされ、内蔵を切り出され、電気のこぎりで、半身にされる牛を見ていたら、まかり間違ったら、人間!!
なんて思ってしまった。

そして、またもや猿の惑星を思い出す。


無言で映像だけの映画は初めて見た。
あれなら、どこの国でも、どの年代にも分かる。
分かるけど、受け取り方はいろいろだろう。

banner_02 ブログランキング・にほんブログ村へ励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いです

|

« ガスオーブンを買ったよ | トップページ | 燻製パーティー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガスオーブンを買ったよ | トップページ | 燻製パーティー »