« 炊飯器で黒豆 | トップページ | ホームパーティ »

2008.06.01

野菜が固いって

 電車の中で、向かいに座った女子高生がハンバーガーを食べ出した。
なにげに見ていると、3回噛んで飲み込んでいる。

3回って、噛むとか、咀嚼するって言うより、かみ分けた。
飲み込みやすいために、分けた。って感じ。

ひたすら、ハンバーガーを見つめながら、食べる。
電車の中だから、早く食べ終わりたいと、噛まずに飲み込んでいるのだろうか。


もし、一口がもっと小さければ、そのまま飲み込んだ か。

昔、飼っていた犬を思い出した。
パック、ゴックン
噛んで食べなよ。とよく言った。


野菜炒め


今日の昼ご飯はあり合わせの野菜を炒めた。
トマト、タマネギ、青梗菜。
卵で軽く閉じてみた。

最近は、トマトをベースにした野菜炒めに凝っている。
美味しい、旨い。

で、食べながら思った事は、野菜は3口で飲み込めない。
パンやひき肉は飲み込めるけど…

もしかして、野菜嫌いの子どもって、噛むのが面倒?

私はスーパーで買う野菜が、本当の野菜の味がしない、まずいから食べないと思っていた。
地物市で試食に出す野菜を親御さんがびっくりするくらいに食べるから。


青梗菜は飲み込めない。
ほうれん草や小松菜は切り方に寄っては、咀嚼が大変。
大きいと飲み込むのも大変。

だから、ほうれん草は固いからいや。なんで言う幼稚園生がいるのだ。
なかなか飲み込めない=固い って表現だったのかぁ。

と、昼を食べながら一人納得をする私でした。

banner_02 ブログランキング・にほんブログ村へ励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いです

|

« 炊飯器で黒豆 | トップページ | ホームパーティ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 炊飯器で黒豆 | トップページ | ホームパーティ »