« acha's Room 通信  第2号 | トップページ | アゲハチョウの観察 »

2008.07.24

アゲハチョウの幼虫だって

 頂いた山椒の木。ふと見ると、下の方の葉っぱがきれいに無くなって居る。
つい2、3日前はこんなじゃなかった。

鳥の糞?

確かに、こんな鳥の糞みたいな虫がいました。
7ミリぐらいでした。

それが…

終令幼虫"

いつの間にか、こんのなのになってました。終令幼虫といって、もうじきさなぎになるそうです。
ツンツンと触ると、オレンジ色の角と口のあたりに黄色いひげが出て来ます。
その姿がなんとも言えず、おかしい。

写真を撮ろうと、ツンツンしたらもうその芸を披露してくれませんでした。


数えて見たら、茶色に緑合計10匹

このままで行くと、小さい山椒の木は丸裸になります。
幼虫は、柑橘系の葉っぱも好きだという。
引っ越しさせるか、このまま住まわせるか。

夏休みの自由研究かなぁ。

このアゲハチョウは、もしかしたら木更津から海を渡って来たのかも知れない。
それも、車に乗ってアクアラインで。

木更津で宿った命が、横浜は南区で生まれる。なんてちょっといいなぁ。

banner_02 ブログランキング・にほんブログ村へ励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いです

|

« acha's Room 通信  第2号 | トップページ | アゲハチョウの観察 »

生きること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« acha's Room 通信  第2号 | トップページ | アゲハチョウの観察 »