« 伊達巻き | トップページ | 菊芋のトマトスープ »

2010.01.27

ブロッコリーと切り干し大根

 寒いときに冬野菜が甘くなるのは、春に向けて花を咲かせたり、種を作るからと、この前知りました。

大根もキャベツも白菜も甘くなりました。

さて、ブロッコリーですが、茎はどうしてますか?
筋が多いから、前はそのままにすると筋張って食べられなかったので、もったいないことに私は捨てていました。
もう10年ぐらい前の話ですが…

今は、筋をむいて、房よりちょっと多めに茹でて食べています。

しかし、ごく最近、アメリカ暮らしの方から、ブロッコリーは生野菜よ。と聞きまして。
なんでもやってみるachaなんですね

やって見ました。
房はモソモソしていて私にはだめでした。

しかし、茎は良い感じです。茹でるよりいいかもしれません。
今日は細切りにして、ヒラタケにんじんと炒めました
軽く炒めても良い感じでした。

そして、今年は雨が降らず乾燥しているので、切り干し大根が上手くできます。
7センチほどの長さに輪切りにしてから、繊維にそって2センチ幅に切ってから、櫛刃に切って干します。
ベランダで軽く一日干して、酢醤油で食べてもいいですよ。
サラダでもOKですし。

しっかり、干してから戻してそのままサラダにしてもいいです
キュウリやツナであえて。

切り干し大根と言うのは、煮るとばかり思っていたのですが、生でも食べらるって凄いです。

冬野菜は、食べる間に数時間でもいいのでお日様にあてると甘くなります
余裕のある場合はやって見てください。

にんじん、タマネギ、だいこん、はくさい、キャベツ、さつまいもを干して、焼いてみるのもお勧めです。


写真が無くてごめんなさい。
今度は絵で表して見ようかしら

|

« 伊達巻き | トップページ | 菊芋のトマトスープ »

旬の食べ物(冬)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊達巻き | トップページ | 菊芋のトマトスープ »