« 2013年3月 | トップページ | 2016年2月 »

2014年3月の1件の記事

2014.03.07

食の安全って

 ご無沙汰してます。

で、今日はTPPに関しての記事が気になって。

実の所、TPPがどんな影響を受けて行くのかは、不明ですが、私の直感は、生産者さんと知り合いになって置いた方がいい。ってのを感じます。

FBなどでも、最近は食の安全や、砂糖の怖さ、電子レンジの怖さなどを載せてくれているので、私もいい方向かな、とは思っているのですが
ブログでは分からなかった事がFBでは分かるのですね。
世の中には、いろんな考え方の人がいる。

売られている物に、悪い物があるはずはない。とか
砂糖を沢山摂っていても、健康だ!とか
天然だろうか、化学的だろうが、添加物は添加物だ

まぁ、それはそれで良いと思う。

これからの医療だってどうなって行くのか。

みんなが生きて行くためには、お金が必要
確かにそう。

お医者さんだって、そう。

でも、今の医療を表面でみると、こんな私でもいろいろ考えてしまう。

食べた物が身体を作る。
他の命をもらって、自分の命を長らえている。

やはり、そこが基本には違いない。

今朝のNHKの「ごちそうさん」でも、他に命の上に自分がいる。ような台詞でした。

TPPで、いろんな物が安くなる。
安いから飛びつく。って思っているのだとうか。

だから安くしないと売れない。
今の体制ではダメだ。
と思われている。

良い物を手に入れるのは、高額を出さないとならなくなる。
いや、価格戦争に負けて、みんな安く出来る所から、品物は流れて来る。


ちゃんと考えていたら、安い物だけを選んで買えない、食べられ無い。
なにから作られているものなのか分からない
コストダウンの為のものが身体にいいのか?

そこで、私が思うのは、生産者さんの存在なのです。
売られている物が訳の分からないものばかりになったら、どうするのか。

昔の体制に戻ってしまうのかも知れないけど、直接に買ったり、物々交換だったり。
自分たちで、自分たちの命を育てて行かないと。

で、今日のニュースにこんなのがあったのです。
一部だけ引用させてもらいます。

中期的には大都市を中心に、キッチンがないか、あっても冷蔵庫と電子レンジを置くスペースしかないマンションが当たり前になってくるだろう。こうした影響も視野に入れた「TPP対策」が必要になるだろうと予測している。

こんな事になったら、日本の人口は、もっと減少して、医療費もまかなえないことになる。
こんなTPP対策が本当なんだろうか。と思って

久しぶりの、私のたわいことです

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2016年2月 »