« 2014年3月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年2月の1件の記事

2016.02.16

ご冥福をお祈りします、岡田先生

 こんにちは、こちらはだいぶご無沙汰しています。

私が食事療法で体調を治す事を決心したのが、沈丁堂の岡田先生の本を読んでからです。

思い起こせば、私の初診察の日に先生は心臓に打撃を受けていたのですね。
その後は10年大丈夫だったのになぁ

去年の春にも体調不良でお休みして
その後も、休みながら診察をして。
やっと一日診察になって来たかなぁ、と思っていました。

11月の診察日に、今朝、先生は発熱をさてれ休診の連絡。
その後12月にも連絡をしたのですが、まだお休みをされていました。

私の漢方はまだ有ったので、その時も来院がせず
しかし、何だろう、大丈夫かな。とは思いつつ

さすがにもう漢方もないなぁ、と思って
何気に、週末はHPを見たのですが、ない
消えてる

なんか嫌な予感。

夏以降の先生は生気がないとうか、大丈夫?ってこっちが聞く感じでした。

休み明けに電話をしても通じず。

病院は開院宣伝も、閉院案内もないのかぁ。
HPに現状があればいいのになぁ、と思いながらも、web検索をしてみる

やっと見つかりました。
仙台から、藤沢に通っていた方が書かれていました。

12月24日にお亡くなりになったと。
やはり恩人と書かれてました。

私が12月に電話をしたのがいつだか忘れてしまいましたが、その後ですね。

10年以上もお世話になっていながら、最後がこんな感じなのは、なんだか寂しいです。

患者さんと一緒に忘年会をする、と言うなんともユニークな発想の先生でした。

この漢方飲んで、食事に気をつけていれば、大きな病気にはかからないよ。

と、良く言われてましたが、心臓はだめたっだのかなぁ。
頑張り過ぎですね。

まだお若いし、いろいろ思いは残っているでしょうね。

私の心残りは、血液検査のデータをいただいておけば良かった、ってことです。

ちょっと心が空しい日になりました。
先生のご冥福をお祈りします。

| | コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2016年4月 »