カテゴリー「外食」の15件の記事

2007.11.12

パスタランチ

外食をする機会がほとんど無い。かなぁ、私。
確かにレストランってあんまり行かなかった。た。と言う過去形になりつつあるか。

というのは、家の近所に(歩いていけるところ)イタリアンレストランが出来たのです。
砂糖抜きの食事が条件の私としては、イタメシは第一候補になる種類。

店の名は、マール
Marc&Cane Regalo

ここは、鎌倉野菜とか、地場野菜にこだわっての料理。
味付けも、それらの味を壊さないようにしているとか。

始めていったのは、10月の最初の金曜の夜。
私達で満席。その後は何組かのお客様をお断り状態。

すごい流行っているね。と同行者と、ヒソヒソ。
結局、私達二人は閉店時間までいてしまい、お客さんがいなくなってから、この店を紹介してくれた人の話なんてしてみる。

「世間は狭い」って状態で、ちょっとご縁がつながっていました。
最近の私は縁、縁、時の縁。って感じ。
いろんなところにつながって、芋づる的。
いやー不思議。

そして、今夜の混み方はマスターもびっくり、だったそうです。

お店の人と知り合いになれるって、何か嬉しい。
イケメンっていうのかなぁ。で、気さくで楽しい。
料理に事や野菜のことをもっとお客さんに話したい。って感じ。

で、今日は初めて近所の友人とランチに行きました。

サラダ しらすと白菜のアリオリーオ

鎌倉野菜のサラダのドレッシングはビーツで作ったという。パスタは塩味。これにコーヒーがついて880円。
デザート付きも有ります。

店構え ドックサロン

 店の前には看板も着いて、いい感じになって来ました。
隣は、奥様のドックサロン
 マールはワンコも一緒に入れるお店です。ただし、躾がきちんと出来てないと、お帰り願うそうです。
 ソファーにちんまり座っているワンコはぬいぐるみのようだった。

 吉野町界隈に、こんな素敵でこだわった店はない。末永く、地元に根付いてもらいたい。と思う私です。

banner_02 ブログランキング・にほんブログ村へ励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いです

| | コメント (0)

2007.01.14

必然の出会い

 昨年の夏からはいろんな人達に出会った。何かのつながりや縁を感じる人との出会いが多かった。こんなに出会ったのは今までの人生の中で初めてかも知れない。

 その中で秋に出会ったやすらぎの里のメンバー。珍しく在京の人が多かったので、再会をかねて新年会をすることに。

 出会いは縁。出会いは偶然では無く必然。その出会いは自分のために何かになる。 
 楽、苦、成長、気づき、嫉妬。自分の成長のためにも何かを得るものと、最近つくづく思う。
 波長が合うから初対面でも何かを感じる。当然波長が会わなければ、接触もしたくないだろう。

 そう考えると、今日の7人は何かを感じる物がお互いに有るのだろう。

 月と陰暦についてなんと無く思っていたことが、ここの一人に出会った事で、私の中で花咲いた、って感じだし。
 人の出会うことで、何かを知ることは嬉しい。

 で、今日は新宿のベジダイニング。野菜の専門店。美味しかった。
川崎や横浜にも有るようだから、行って見よう。

各地の野菜  白菜の煮浸し

 写真を撮るのを忘れて食べた、飲んだ。でも、3600円だった。人数が多いといろいろ食べられて嬉しい。

banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いですブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.07

病気は生き方そのもの

 今日は銀座まで安保徹先生の講演に友人3人と行ってきた。
病気は生き方そのもの。確かに。病気は生き方の通信簿。って話を前に聞いたことがあります。
 自己免疫力を上げることで、病気を治したり、病気を防いだり。確かに。

 昼前に東銀座の5番出口で待ち合わせ。その後どこかでお昼を食べてから。
 その出口で待っていると、何やら並んでいる喫茶店がある。看板にはコーヒー&サンドと書いてある、昔ながらのたたずまいの店。サンドイッチか。気になるなぁ。

喫茶YOU

 と、ちょっと様子をうかがいに行く。すぐ隣は歌舞伎座。日曜祝日もランチが有るようだ。
 そうこうしていると3人が揃った。一人が「あっ、このお店って、オムライスが有名なのよ」という。
 確かに、ランチにはオムライスが一番に書かれている。

 5人ばかり並んでいたが、私たちも並ぶことに。私はケチャップがだめなんだ。でも、カルボナーラも有るし。

 結局一人だけがオムライスをチョイス。
運ばれて来たそれは、プリプリしながらテーブルに置かれた。オムレツじゃないの。って言うくらいにチキンライスが隠れていた。

プリプリオムライス プリプリオムライス

 スプーンで真ん中をなぞるように切ると、パッカーと口を開けたオムレツ。おいしーよ。と満足げに食べていました。

カルボナーラ  私のカルボナーラはまあ普通。もう一人のナポリタンも、喫茶店の普通のナポリタンだったという。


サービスコーヒー  ランチは飲み物付き。3人でコーヒー。クリームが何とも。これは生クリームでは無いそうです。牛乳を振って作ったという。生乳じゃないからバターにはならないだろうけど…


 高校の頃、近くの喫茶店はコーヒーでも必ず生クリームが山ほど付いてきたなぁ。なんて思い出した。

 ここのクリームは、珍しいって感じで、それほどの驚きの味では無かった。

 コーヒー付きで1000円。ちょっと物足りないかな。ランチセットなら、もう一声サラダぐらい付いてもいいような。これが銀座の値段かな。

 食べ終わって12時半に店を出ると、その列は入った時の3倍にはなっていた。

 話の種の店でしたが、最近もTVで放映していたとか。そこまでして食べるかなぁ。
 武蔵中原にある多羅葉樹は美味しかったなぁ。有機物のサラダ、コーヒーが付いた。また食べたい。と、思うオムレツだ。


 さて、講演はたまに睡魔に襲われながらも、ためになる話が印象に残る。生の話ってやっぱりいいな。

 ストレスも免疫力を下げる。人間関係もだし、パソコンも。筋肉の緊張、肩こり、しびれ、歯ぎしり。全てがストレス。なんと無くわかるような気がする。 

 パソコンは長時間使うとストレスがたまるので、陽のあるうちの4時間で、陽が落ちたら止めて、他に仕事にするという。うー、それはなかなか難しい。

 まじめ、頑張り屋さんも、気をつけた方がいい。休み休みやった方がいいという。
 何事も適当適宜ってこと。

 脈が速いと眠れない。薬を飲むと排毒作用で脈が速くなる。誘眠剤を飲んでも脈が速くなるし、不安除去剤を飲んでも脈は速くなると言う。
 要するに飲まない方がよく眠れるという、常識とは違う現象。常識は時代と共に変わると言うので、自己免疫力を上げて、病気になったら、焦らず、身体の声を聞いて、自分で治す、って常識になるのはいつのことか。

 座り疲れたので、お茶でも。といいながら銀座4丁目の方に行くが、賑やかになればなるほど、茶店は混んでる。

竹富島
 私は松坂屋の裏手に用事が有った。それではそちら方面へと歩いていく。向かうが、途中に「竹富島」という沖縄料理の店を発見。お茶よりビール?ってわけで、入って見る。


 店の中には石垣があったり、ちょっといい感じ。最近はちょっとしゃれた沖縄料理の店が増えてきた。

 オリオンビールに泡盛。フーチャンプルー、ピザにお好み焼き、きのことアロエのサラダetc 食べました、食べました。満腹、満足
ヘチマのピザ メニュー

 ここの所食べ過ぎだなぁ。

banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いですブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.26

帯広へ行ってました

 16日から2泊で帯広に行ってきました。

06161 162

163 164

 帯広の豚丼。美味しかった。卵かけご飯も美味しかった。地元の牛乳もおいしかった

続きはこちらでどうぞ。
achaの旅紀行別館: 帯広へ    

banner_02励ましのワンクリックお願いします

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.04.08

伊豆高原の桜並木

 調子がいい、こんな快適な春はいつ以来なのかなぁ。
あんまり調子が良すぎて、恐いくらい。これで、悪くなったらどこまで悪くなるんだろう。
調子がいい場合こそ気をつけなさい。少し休んだり、気分転換が必要。と言うことで、伊豆高原の桜を見てきました。さすがにちょっと盛りは過ぎてる、って感じだけど、花吹雪がきれいに舞って、舞って。
 桜って、こんなにきれいだったのよね。きれいに咲いてくれてありがとう、って感じでした。

04061

そんで、食べてしまいました。こんな看板にひかれてコーヒーだけを飲むつもりで入った店。
コーヒーだけなら680円。ホットドックをつけても950円。悩んで食べてしました。
パンはこんなに甘い物だったかしら。舌にビンビンのバターロールの甘さが入ってくる。
ホットドックならもう少し単純な味のパンが良かったかなぁ。

04071 04072

banner_02励ましのワンクリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.22

ニュージーランドでの食事

 海外に行くと体調が良くなりますよ。と先生に言われて、出かけたのだが、本当に良かった。不思議なくらいに今回は良かった。
ずーっと、だるかったり、胸詰まりを感じたり、息苦しかったり、もういろんな症状が有ったのに、現地では何一つ感じることはなく、便秘さえもない。朝起きたときに不調感もだるさもない、気持ちよく起きられる。これが普通の人の体調なのか。と実感。
 過去4回の海外でも行くときは不調でも、現地では良かった、でも、後半からは不調だったり、帰りの飛行機の中では胸が苦しくて、胃は重たいし。と絶不調で帰ってきたのでした。
 今回は理由がわかっていたせいか、嘘のように本当に快調な毎日。光線過敏症の症状さえ出なかった。

 現地では何を食べてもいいですよ、漢方の飲まなくていいし。と言われて、ほんとかいな。と思っていたけど、本当でした。大丈夫でした。
 でも、帰国の2日前からは砂糖は摂らないで。そうしないと、また元に戻りますよ。って注意。
 そうか、今までが現地では調子が良くて、食べ物も考えずに何でも食べていたので、その反動も強かったのかもしれない。疲れたと言っては、毎日甘い物を食べていた。

 何でも食べていいよ。と言われた物の、甘い物に関しては今回は怖かったので、あまり食べなかった。大好きなアイスクリームやソフトクリームを食べたのは1回だけ。
 油に関しては、3ヶ月目に入っていて解禁日も近かったので、さほど気は使わなかったのだが、自炊が多く油を使う機会はあまり無かった。
そして最後の日はおかゆや白米にしてみたのでした。
 フランスの時のように、心ひくスイーツがなかったことが幸いでした。

 7泊のうち、夕食をレストランで食べたのは1回、その他は自炊。5回が自炊で1回がレトルト。昼もちゃんとしたレストランで食べたのは1回。自炊が1回であとはサンドイッチやパン。

 旅に出てまでも自炊じゃ大変でしょうって、そんな事は少しは有ったけど、泊まるところ泊まるところにキッチンが有るんですよね。
 いつもの旅だってスーパーで買ってくることが多いのだから。今回は火が使えるので、もう嬉しい。旅の基本はキャンプだ。大した物は作りませんから。なんと理想的な旅だったのでしょう。滞在費の安いこと安い。日本では考えられないくらい。
詳しくは旅日記で。

 小さい写真でごめんなさいね。いずれ旅日記でちゃんと書き上げるので、今回は小さい写真で一気にアップ。ダブる写真も有るから、こんな感じかなぁと。
 後日の旅日記を乞うご期待!と言っても、4月になるだろうなぁ、出来るのは。

ニュージーランド南島の旅紀行 出来たのは、9月でした

3月12日
n03-02
 機内での朝ご飯のオムレツ、トロッとしていて美味しかった。

n03-03
 3時のおやつ。カフェラテとラズベリーマフィン。私はスコーンとマフィンを間違ってました。

n03-04
 現地初日の夕飯。食べに行くつもりが、まさかのキッチン付きの部屋で。私の腕が鳴る。生野菜が量り売りされているのは便利便利。ツナ缶を混ぜただけでいい感じ。
 醤油と塩は持っていたいったのです。

3月13日
n03-05
 お昼はドライブインでサンドイッチを買って、移動の途中で景色を見ながら。

n03-06
 湖を見ながらの夕食。サーモンスライスを買いました。

3月14日
n03-07 n03-08
 お昼はドライブインでサンドイッチとカプチーノ

n03-10
  夕食は今夜も自炊。温野菜とピザ。この日に限ってオーブンがない宿でした。仕方なく電子レンジでチン。

3月15日
n03-11 n03-09
 昼は、クィーンズタウンに向かう途中のワイナリーのレストランで。木漏れ日がいい感じの店でした。

n03-13
 今夜も自炊。外で食べる元気も無かったので簡単に。私はハム。夫はステーキ。自分で焼くと言ったのに…。

3月16日
n03-14
 昼は折り返して来て、14日と同じドライブインで。街道沿いには店が無いから、距離的に同じところになる。

n03-16 n03-17
 この日の夕食はレストラン。噂のフィッシュ&ポテト   サーモンパテの前菜

n03-18
 何とかパン。これだけれお腹が一杯。メインは何だったのでしょう。

3月17日
n03-19
 どこへも行かない安息日のお昼はパック入りのラビオリと缶詰のパスタソース。そして、サンドイッチ。

n03-21
 今夜も昨日行った店で食べられなかったサーモンステーキを食べる予定だったのだが、お昼を食べ過ぎてお腹は減らないし、旅の疲れが…
で、トーストを食べたのでした。

3月18日
n03-22
 今日から、食事制限開催の予定。持参した、アルファ米でお昼用のおにぎりを作ってから出発。中に入れる物が無いので、お醤油のおにぎり。でも、結局はこれだけではなくサンドイッチも食べてしまった。

n03-23
 夜は、おかゆに醤油ご飯。夫までこれにつきあったのでした。

banner_02励ましのワンクリックお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.10.29

別腹

今日は天気予報がはずれたのか、当たったのか。とにかく2時過ぎまでは降らなくて良かった。
舞浜に行ってきました。JALのキャーンペンで当たったのに、不調だったり、二人の予定が合わなかったり、天気が悪かったりで、今月いっぱいの期限にあわてて…
 夫がシーには行ったことが無いというので、シーに。4時間ほどしかいなかったけど、それなりに満足。
結局はイクスピアリの舞浜地ビールが一番良かったのかなぁ。

私も3週間ぶりに別腹。甘い物は控えていたので、今日はご褒美、って事で食べました。
珈琲とセットで700円。単品だと600円。セットで食べないとちょっと高いかなぁ。
プチシューだし。
1029

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.13

シュークレート 2種

 いい加減何とかしないと。気持ちの問題。朝起きられないから、夜眠れない。もう1週間だ。体内時計だっていくらなんでも修正しないと。蒸し暑いせいじゃないよね。
 仕事もたまってきたし、今日こそは開始だ。と午前中から思ってはいるものの、だるいなぁ。

 翌日もレストランに行って、懲りずにシュークレートを注文
今日は豪華にコースでオーダー。あちらではメニューって言う。
魚と肉のシュークレートを頼んだのですが、店によって魚も違いました。スズキ、鱒、もう一種がわからなかったけど、とにかく3種類の魚でした。
0613-1

肉の方も3種類。これこれこれが私が思っていたシュークレートでした。
0613-2

シューって、シュークリームのシューじゃなくて、ザワークラフト。
でも、キャベツってシューでしたっけ。シュークリームはキャベツに似てるから。って頭の角にあります。

と言うわけで、私は満足でした。

banner_02励ましのワンクリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.12

シーフードサラダ

寝ても寝ても眠い毎日。いつから平常の生活に戻るのだろうか。と思っていたら、また喉の痛みが…

0612-1

普段から余りボリュームのある物とか、脂っこいものを食べていないし、朝ご飯は食べないので、旅行に出かけると、お腹が余り空かない。
今回も毎日2万歩近くも歩いて、一日中動いているのに、昼に食べたものがなかなか消化しなかったりする。
昼に食べたタルトフランベ。あれから、7時間ぐらいが過ぎているのに、お腹は空かない。
お腹が空いたらご飯を食べる。を信条にしているのですが、そう言っていると、もう一つの「その地のものをその地で食べる」が出来なくなってしまう。
まぁ、食べられなくもないから行ってみようと食べたのが、魚のシュークレート。そして、私はこのサラダ。と言うか、二人で一人前。と言うこと。

ボリュームたっぷり。魚も一杯。オリーブオイルベースのドレッシングが美味しかった。

banner_02励ましのワンクリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.11

シュークレート(choucroute)

 今日もやる気が起こらない。一人だし、ならダラダラ過ごしてみよう。無理に動かなくていいときは動かなくてもいいかも。と思って、ボーっとテレビの画面を見ていたが、腹の立つ、情けない、そんなニュースや番組ばかりなので、やめた。
 なら、寝よう。と寝てみたけど、飽きた。水槽が汚いので水を取り替えてみた。何かしているときはだるくないから、やっぱり動け。って事かな。と悩みの日

 今日の写真はシュークレート。わが家の旅はツアーではなく個人旅行なので、情報はネットや本。ところがこのアルザス地方というのは、フランスの本を買っても1ページの紹介があるだけ。
 本屋にも何度も足を運んだけどないし、旅行会社のパンフでもアルザスに行くツアーはほとんど無かった。
詳しくはいつか作るだろう旅紀行に書きます。
で、役に立ったのがお勧め本に載せた、この「アルザス大好き」という山口れいさんの本。昨日のタルトフランベルもこのシュークレートもこの本に載っていて、作り方までが書いてあった。いろいろ参考になりました。
 ちょっと、片寄った内容かな。とは思ったけど、本人が足を運んだところを書いてあるので面白い。
この本に載っていたのはシュークレートでも肉だった。アルザスはドイツに近いので、ソーセージやビールが旨い。で、このシュークレートもソーセージと疑わないで、オーダーしたら、魚だった。???あとでわかった事だが、どちらもあって、この店は「魚料理」の店だったのだ。知らないって、こんな事です。

 0611-1
私の旅の目的はその地の物をその地で食べる。しかし、その地の物が何であるのかわからなければお手上げ。
この本のおかげでいろいろ知ることが出来たのです。

0611-2
 バラの花びら見たいのは、チーズなんです。美味しかった。

banner_02励ましのワンクリックお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)