カテゴリー「常備菜」の4件の記事

2006.11.05

今日も粗食

 切り干し大根、きのこ納豆、ボイルキャベツ。せっかく減った体脂肪を考えると、脂肪系はもう少し我慢しよう。
夕飯

 今日のご飯もお腹にもお肌にもいい。でも、今日はまだお通じなし。玄米に戻ろうかなぁ。と思うのでした。

 今朝の目覚めはさわやかだった。気分良く朝を迎えることが出来て、気持ちよく起きて、気持ちよく、洗濯をして、体操をした。
 そして、散歩に行くと妙に身体が軽くて、歩調も軽く、散歩が楽しかったが、車が多いのが玉に瑕。
 
 天気も良くて気持ち良い一日だった。身体から毒素が出たので、気持ちいいのか。


久しぶりの切り干し大根は、レンジを使って戻してみました。

切り干し大根 〈材料〉切り干し大根 20グラム、ニンジン小半分、しめじ1/4パック、油揚げ1/2 ゆず
 〈調味料〉万能和食の素
 切り干し大根はさっと洗って、ヒタヒタの水を入れて500ワットで3分加熱。ざるにあげて、粗熱を取ってから、水で数回あらって、固く絞る。
 ニンジン、しめじは適当に切って、油揚げも7ミリぐらいに切る。鍋に、しめじ、大根、ニンジン、油揚げを入れて、和食の素と水を1:4(60:240)で入れて、落としぶたをして煮る。沸騰したら弱火でコトコト15分ほど。皿に盛りつけてから、柚子を散らす。
 ちょっと味が濃かった。

きのこ納豆
きのこ納豆 いつもの納豆もちょっと変えると味が違う。初めての挑戦だったけど、なかなかの美味しさ。

適当なきのこ、今日は椎茸としめじ。そして、サラサラにはタマネギ。と思って、これらを薄切りにして鍋に入れて、和食の素1:4で汁気が無くなるまで煮る。冷めてから器に移して、納豆を混ぜて、ネギをトッピング。

ボイルキャベツ

ボイルキャベツ ボイルキャベツには、和食の素の削りぶし&昆布と、山幸さんから買ってきた、ちりめんじゃこを入れてみた。味付けは、もちろん和食の素。

ホントに便利な和食の素。これ一本でいろんな味が出来る。作るのもそんなに面倒ではないし、酒、醤油、みりんの味付けをするなら、これで良し。
もし、和食の素が無ければ、1:2:1の割合かなぁ。

 味噌汁は、昨日の野菜スープに鰹節をちょいと入れて味噌を入れたのでした。
昼は、カレーパウダーと醤油を足して、スープスパに。
 大鍋で煮た野菜スープは小出しにして、いろんな物に出来る。

banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いですブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.07.11

きんぴらごぼう

 世の中では毒だしってのが流行りだしているのだろうか。本屋の健康コーナーには毒だし食事、排毒食事、身体の毒。そんなタイトルが多くなっていた。私が毒だしって言葉に出会ったのはかれこれ5年前。
 そう言えば、スーパーサイズミーの最後に排毒食事の事があったのと関係があるのかな。
 たまには、こんな動物性タンパク質が無いご飯も排毒なんじゃないかな。
 しかし、ひとりだとインスタントみそ汁にするのはまずいかな。

0711


【主食】五分搗き米十六穀米入り
【みそ汁】インスタントみそ汁に麩
【おかず1】きんぴらゴボウ
 〈材料〉ゴボウ、ニンジン、白ごま
 〈調味料〉ごま油、醤油
【おかず2】芽かぶ納豆
 〈材料〉芽かぶ、納豆
 〈調味料〉醤油
【おかず3】ぬか漬け
 〈材料〉キャベツ、大根、生姜
 
 今年はぬか漬けを作る。とずいぶん前から考えていたのが、やっと先週に床を作った。自家製糠900グラム。塩120グラムを1.2リットルでとかした。そして、捨て野菜での試し漬けのキャベツと大根の千切りに生姜の千切り。まだまだぬか漬けの味には遠い。

banner_02励ましのワンクリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.21

蕗の葉の油醤油煮

 春の植物は、香りも味にも特徴がある。大人の味かもしれない。でも、この味が冬の間にたまった身体の毒が排除されるともいう。
 十六穀米がまだもう一袋あると思っていたらなかった。寂しい。

0520

【主食】三分搗き黒米入り
【みそ汁】豆腐、ネギ、沖縄麩、水菜
【おかず1】カロテン炒め
 〈材料〉ニンジン、ブロッコリー、ほうれん草、エリンギ、ソーセージ
 〈調味料〉サラダオイル、オイスターソース
【おかず2】蕗の葉の油醤油煮
 〈材料〉蕗の葉
 〈調味料〉ごま油、酒、みりん、醤油
【おかず3】蕗の葉の梅味噌煮
 〈材料〉蕗のは
 〈調味料〉ごま油、梅干し、味噌
【おかず3】おろし納豆
 〈材料〉大根、納豆、ネギ
 〈調味料〉醤油、辛子

【作り方】蕗の葉の油醤油煮
 蕗の葉は下ゆでして、水にさらしたあと、広げて丸めて細切り。ごま油で炒めて酒、みりん、醤油大1、水大3を入れて水気が無くなるまで煮る。
 梅味噌の方も同じ、梅干しは1個で良かった。味は醤油の方が良かった。蕗の葉のほろ苦さが残っていい感じ。これもご飯が進む一品だわ。
 

banner_02励ましのワンクリックお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.04.29

大根っ葉の油炒め

 食材は丸ごと食べるのがいいのだが、大根の葉もどうやって食べようかと悩む食材。らでぃっしゅの大根にはふさふさの葉っぱがついてくる。軽くゆでて刻んで冷凍をして、チャーハンやみそ汁煮物に使うのだが、なぜかストックがどんどん増える。
 今回は油炒めにして常備菜にしてみた。
0429


【作り方】
 〈材料〉大根の葉、油揚げ、白ごま
 〈調味料〉だし汁、醤油大2、酒大1、みりん大1、ごま油大1
 軽くゆでた葉っぱをごま油で炒める。鍋の熱湯で充分に油抜きした油揚げを5ミリ角ほどに切ってフライパンにいれ炒める。調味料を入れて汁気がなくなるまで炒めて、味見をしながら自分の味にしていく。最後にごまをふる。

banner_02励ましのワンクリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)