カテゴリー「書籍・雑誌」の10件の記事

2008.08.17

変わる家族・変わる食卓

今日はやっと涼しい。横浜は37日間の真夏日だったとか。
今夜は熟睡で来るかな。

和食の素を作っていると、外を通る人が「いい匂い」「煮物?」という声が聞こえる。
出汁の味や匂いって、日本人の根底なんだね。
リンク: いのちと食べ物: 和食の素作り方.

 あの匂いが嫌いな日本人っているのかなぁ。と思っていますが、今日は

 こんな本を読みました。(まだ、半分ですが…)
もしかしたら、近い将来にはいろいろ変わって来るかも知れない。

前々から気になっていた本ですが、やっと手元に届きました。

1998年から年に1度、2002年までの6年間、1日3食1週間分の食事を作り方、食べ方、食べた人、食べた時間を写真入りの日記にしてたものを本にまとめてあります。

出汁の味は好きだけど、自分で作れない。出汁は買う物だと思っている。
いやいや、煮物に出汁を使うことさえ知らない人もいるといる。
結婚するまで、料理をしたことが無かった人も沢山いるようです。

この本を読んでも、なんでそれがいけないの。
時代ってものでしょう。と思う人もいるのだろうなぁ。


私は今まで、生まれたときに家にテレビが有ったか、無かった。かで考え方が違う。と言って来ました。
妹とは5歳違いますが、彼女が生まれたときにはテレビは有りました。

その妹の子どもは昭和産まれと平成生まれ。3歳しか違わないけど、大きく違います。

この本は1960年生まれで線を付けています。これは、ある意味テレビの有無もある。
そして、平成の始めに流行った「41歳寿命説」も昭和35年生まれで線を付けている。

食べる物は買ってくる。ご飯なんて…
気分で作る。ご飯を作る事に時間なんてかけていられない
家族が何を食べているか気にしない。
食費より遊びにお金をかける。

私がなにげに思っていたことが、この本で立証されている。

食べた物が身体をつくり、脳を作る。
逆に言えば、食べた物で病気になり、キレる。

行楽に行くのに、手作り弁当は消えた。
運動会でさえ、コンビニのお弁当。
いつからだろう。

子どもの頃、チューブの宇宙食を見て、将来のご飯はこんな風になる。と思っていた。
現実に、カロリーメイトやゼリーの栄養食品が出ている。

だけど、宇宙食の現実はチューブから固形になっている。

簡単便利を求めてきた現実が今の食事だと思う。
今でさえ、いろんな事が起きているのだから、このままでいいはずはない。

今より、もっと大変ことになってしまう。
生きる。って何?
となりそうだ。


料理以前の料理本 分かるような気がする。

私が持っている知恵なんて当たり前だと思っていたけど、役に立つかもしれない。と
講座を始めることにしたが、間違ってないかもしれない。

立派な料理じゃなくて、普通のご飯。
ハレの食事やなくてケのご飯の作り方。
炊飯器が無くてもご飯が炊ける。
時間をかけなくてもおかずは出来る。

やっぱり地道やっていこう。
自分には子どもがいない。
でも、伝授することは出来る。きっと出来る。

そう言えば、私も親から料理を教わっていない。
煮付けを習ってないないなぁ。

そんな私でも役に立てそうだ。

banner_02 ブログランキング・にほんブログ村へ励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いです

| | コメント (0)

2007.10.04

誕生日大全

 何やら、凄い本です。当たるとか、当たらない。とかそんな範囲の占いじゃない。

夏前に、友達が自分のページのコピーを持っていて、見せてくれた。私はその人にとって力になる、って人だという。

なんだそれ。

としか思ってなかった。

で、9月の末に久しぶりにゆっくり本屋探索。ここのところゆっくり本屋にも行ってなかった。

で、手にしたのがこの本。あれ、これてって…
立ち読み。まずは自分のページ。

いやー、びっくり。
今まで、血液や生年月日の占いは数多く、見てきたけど、これは凄いな。
当たっているし、自分が気付いていない自分がいる。

これって、占いなのぉ。

2800円税別。ちょっと高いなぁ。

と、その場は買わなかったけど、やっぱり欲しい。
Amazonのポイントが有るじゃない。と言うわけでネットで買った。

秘数やら、パーソナルデーにイヤー。
自分が生まれた月日に、年が、こんな意味があるんだ。

読めば読むほど… 凄い
これからの道にも参考になる。
何年後の自分って。

アホな私は、本が来てから、この本は基本は星座占い。だったのかぁ。と気付いた。
今までの星占いとはまったく違う。

私の力になってくれる人。そうか。


しかし、しかし。
私は人の誕生日と出身校はなんど聞いても忘れてしまう。

夫や家族は見たけど
夫は関わりのある家族や近くにいる人の誕生日がズラズラ並んでいる。
だけど、夫は興味が無いらしい。

たまたま本が来た日に行った家で話をしたら、やっぱり、凄い。
と、買ってしまったらしい。

血液も星も信じなかった友達も、これは何かが違う、とはまってしまったようだ。

banner_02 ブログランキング・にほんブログ村へ励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いです

| | コメント (0)

2007.09.25

求めない

 久しぶりに本の紹介をしようと思って、アマゾンに行ったら、なんか変わっていたので、試してみる。

この本に出会ってから、4回も本屋で眺める。
1ページの数行しかない。

何度読んでも、なんか頭に入らない文字。

でも、なんか気になる。

3回も手にとって買わない私って何だろう。
値段も気になる。


で、やっぱり買おうかな。と、帰って来てから近所の本屋に行くと無い。

無いと余計に欲しくなるのが私。

4回目には、本を開くことなく買う。

家に帰ってから2回読むが、まだよく分からないけど、何かに引かれる。

こんな人間にはほど遠いから、分からないのか。

でも、気になるんだ。

banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いですブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

2006.12.13

早寝・早起き・朝ごはん

陰山英男先生、そう百マス計算の先生です。
百ます計算が速くできれば、頭も良くなる、って、大変でしたね。

 でも、百マス計算をさせたら、余計に算数が嫌いになったとか、いろんな弊害が出た、ある教育者の発言でマスコミで騒がれた事もありました。

計算が速ければ、何事にもいいんじゃないか、と私は思っていたのですが、やっぱり、そこには有りました。

 生活の基本 早寝・早起き・朝ごはん が出来てなければ、百マス計算は上達しないという。

 マスコミでは報道をあまりされなかったが、陰山先生は、まずは、早寝・早起き・朝ごはん の習慣を付けてから、百マス計算にトライさせたという。

 昨今の、小学生は、この生活の基本が出来ていない。新聞も書いてあったが、今どきの小学生9時に寝るなんて事は、殆ど無いらしい。高学年になると、12時は当たり前とか。

 やっぱり、子どもはよく寝て、よく食べることが、重要。

 小学校時代は、身長が伸びる時期と、体重が増える時期がある。子どもから大人になるためには、体重だって増える。内臓だって、脳みそだってそれで出来ていく。

 それが、小学校4年生で体重が増えたからと、ダイエット。それも、お母さんが一緒にやろうって言った。と。

 炭酸飲料を飲まないとか、砂糖たっぷりのお菓子やジャンクフードを食べない。それくらいの食事制限なら何も言わない。その方がいいに決まっている。そういうのを食べ過ぎるから、体重も脂肪も増えているのだから。

 それが、ご飯を食べない、大人がやるダイエット。食べる時期に食べなければ、身体は出来ない。
 それでいいのだろうか。ちゃんと内臓が出来るのだろうか。ちゃんと大人になる準備を身体が出来るのだろうか。疑問だ。

 子どもの糖尿病が増えているのは確か。でも、それは、世の中が砂糖を油まみれ。そんな食べ物が余計に太らしている。

 真っ当なご飯を食べれば、異様には太らないだろう。
その上で、身体を作る体重増加は当然。

 食べなければ、脳も働かないから、勉強にも身が入らない。当然百マス計算だって、出来やしないのだ。

 もう少し、食のことを考えてもいいんじゃないだろうか。

 今日の新聞によると、ビジネス街でも、早寝・早起き・朝ごはんブームだと言う。
 丸の内で、朝をテーマにしたイベントが相次いで開催され、朝7時台からのイベントに延べ1000人が参加したと言う。

 身体を動かすイベントや、趣味や習い事らしいが、早起きして、ご飯を食べて生活のリズムが変わったと言う。
 大人がやれば子どももやる。これはいいことだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.04

伊豆高原から帰ってきました

 1週間の湯治から帰ってきました。身も心もスッキリ。極楽な時間を過ごしてきました。

 朝起きて風呂に入り、体操して、散歩して、朝ご飯を食べて、マッサージを受けて、昼寝して…

朝ご飯

 天気も良くて、散歩も気分がいい。森林浴って本当に身体にエネルギーを与えてくれる。

 人間というのは、自然と共同体なんだなぁ。とつくづく。そこで知り合いになった方から「月の癒し」と言う本を教えてもらって、調べたら、月のリズムで暮らす本などもある。
 月とのつながりも深いのだなぁ。と露天風呂から月を眺めたのでした。

 


 やすらぎの里での1週間の話はまた詳しく書きますが、断食だけがダイエットではないし、やっぱり心のやすらぎが必要なんですね。食べ方、食べ物の事も再認識。

 1日だけ断食をして、1食500キロカロリー程の健康食を食べて、体重はマイナス2キロ、体脂肪も2%マイナス。お肌つやつや。心スッキリ。やっぱり、積み立てをして毎年身体の心のリセットに行こう。

banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いですブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.16

ハチドリのひとしずく

 何とも言えない感動。本編はホンの数ページなのだが、考えさせられる。
 自分が出来ることから初めて、変えていこう。焼け石に水だって、沢山集まれば大きな水になる。

 最近、本を読んでも実行できなければ、何にもならない。勉強したとは言えない。と言う話を聞いた。

 私は今までも、本に影響されて、いろいろ実行してきたつもりだったが、やっぱり上には上がいる。
 そして、大それた事じゃなくて、自分の出来ることから始めれば、地球温暖化だって…

ハチドリ計画などを見ると、世の中では密かにブームなってる。
そうそうひとりひとりよね。なんて納得したり。このHPを見ると、本が言わんとしていることがわかります。

先日も、マイ箸を携帯している人と食事をしました。話は聞いていたけど、実行している人はいるんです。
割り箸は間伐材から作っているから、使わなくなったら間伐材が困る、なんて話していたのはだれだったのか。
 今は、割り箸のために中国から輸入しているという。日本の荒れ放題の山を何とかすれば、いいのになぁ。でも、やる人はいない。

フードマイレージ・キャンペーン food-mileage.comを見ると、私はどのくらいCO2が減らせるのか。って真剣に考えたり。ちょっとしたことでいいんです。それが、塵も積もれば山となる。何ですね。

日本は、どこまでも買いあさる国。何を買わされているんだろう。
コーヒーだって、どんな風に作られているのか。
私は、前にも紹介しました、水筒派。自動販売機でペットボトルを買うずに水筒にすると、どれだけ地球にやさしいか。
SlowWaterCafe -ナマケモノのフェアトレード

知ってるよ。から、やってるよ。の生き方に変えます。って感じです。

banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いですブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.11

向田邦子

 座るのも辛かったので、ゴロゴロ横になっていた。寝るのも飽きたので、たまりにたまった本を読み出した。
 もう何年も前に買ったのに読んでいなかった本もたくさんある。この狭い家でじゃまになる本だが、捨てる訳にもいかず…

 そんな中で、向田邦子の本があった。「向田邦子の青春」厳密に言えば向田和子氏。妹さんだ。
 好きだったなぁ。事故で亡くならなければ、76歳。どんな作品を書いたのだろうか。
 この本には若い頃の写真が沢山載っているのだが、何とも魅入ってしまう。

 あ・うん、阿修羅のごとく、隣りの女、冬の運動会、だいこんの花。日曜劇場でも随分とドラマ化されていた。寺内貫太郎一家も忘れられない。
 今のドラマは何とも味気ない。しかし、この時代のドラマは3ヶ月では終わらなかった。今のが短すぎるのかな。

 小説やエッセイを読むと、この方がこのドラマを…と思う。しかし、素敵な人だ。妹さんが書いた本を読むと余計に感じる。

 享年52歳。まだ若かった。それでも、26年たってまだ現代に通じる作品、ドラマがあると言うことは、本当に先が見えているように思う。
 来月はあの事故から26年。なんとも早いものだ。
あの日航機事故からも20年。どうしてこんなにも時の過ぎるのが早いのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.11

人生は出会い

  人との出会いは「縁」だなぁ。とつくづく感じることが有ります。昨日は10年ほど前から参加している、コミュニケーションの勉強会に久しぶりに行ってきました。(株)近藤教育企画. 主催のセミナー。社長とは10年以上の付き合い。社長と言うより、先生ですが。

『職場に「居場所」はありますか?
〜あなたを活かす6つのスキル〜 』
.と言う本も出して、そのころから、居場所、って言葉が世の中に出て来たような気もする。

 最初は会社のセミナーの講師と受講者の関係。自由参加のそのセミナーに参加しなければ出会わなかった人。2泊3日のセミナーで衝撃っていうほどの目から鱗。いままでの人生の中で、こんな人に会ったことがない。私が考えつかなかった方法で会社人生を送ってきた人、私が持っていなかった考え方。人間関係に苦しんでいた私には女神様のように見えたのでした。
 
 一方的に惚れ込んで、ファンレターを送りつけたり…。 コミュニケーションの勉強会を開くから参加しませんか。と誘われた時は嬉しかった。

 それから10年近く、先生の方がどんどんとバージョンアップしていき、研究会の様変わり。単なるコミュニケーションの勉強会から、カウンセリングの研究会へ。
 
 参加してくる人は、会社人事の人や産業カウンセラーやキャリアカウンセラーetc.。私はカウンセリングの勉強はしていないし、会社も辞めたし。と参加を躊躇していると「何言ってるのよ。最初から参加してるんだし、立派に参加資格は有るわよ」と言われ。

 人にカウンセリングすると言う話なのに、私はセミナーに参加するたびに、話を聞いているうちにしっかりカウンセリングされます。毎回何かしらを「得て」、「気づいて」帰って来ます。専門的に勉強をしている訳ではないけど、元々興味が有ることだし、門前の小僧で覚えたことは私の人生にどれだけ役立っていることでしょう。

 今の世の中どれだけコミュニケーションが重要か。それが取れない、人と話がキャッチボール出来ない。就職の面談が上手くできない。自分の頭で考えることが出来ない。そんな若者がどんどん増えているんですね。それを教育する場が必要なんです。教育現場にいる人だって、それが出来ない人が沢山いるわけで。

 会社を辞めてから、社会の歯車から少しはずれたかな、と思っている私ですが、こんなセミナーに参加すると、頭も心もリフレッシュされて、まだまだ大丈夫だぁ、なんて自己満足するのです。
 
 セミナーがグレードアップしてきたので、参加者も昔から比べたら、年齢層も厚くなり外部講師のセミナーもやるようになって、私もいろんな「気」を貰うことが出来て元気になれて嬉しいのです。

 気と言えば、会社の人間関係で凹んでいるときに、なにげに先生にはがきを書くと、忙しいのに必ず返事をくれるのです。そして、そのはがきを読むとパワーエネルギーが伝わって来て、「よーし、負けていられないぞ」と力がみなぎってくるのが不思議だった。

 社員の教育に悩んでいる社長さんのお役に立てる人だと思います。世の中コミュニケーションに悩んでる、困っている人もグループも人事も会社もたくさんいると思います。肩の荷を少しでもおろしてくれるかもしれません。

 人との出会いは「縁」どんな人と縁が出来たことかで、人生は大きく変わって来るのですね。今回もまた何かを得て帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.12

初女お母さんの愛の贈り物を読んで

 佐藤初女さんの事を知ったのは2年前の「やすらぎの里」の本コーナーに有った「おむすび」ってタイトルに惹かれて部屋に持って上がったのでした。「おむすびの祈り」でした。

 読んでいるだけで、安らいでくる。おむすびの力も凄いけど、初女さんの気持ちがおむすびを美味しくさせ、いのちを生き返らせる。
 なんで今まで佐藤初女さんに気づかなかったのだろう。こんな宿が出来たら良いな。という種類の本でした。

続きを読む "初女お母さんの愛の贈り物を読んで"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.08

アミ 小さな宇宙人を読んで

 読み終えた後に、ほのぼの感というか、充実感というか。なかなか良い本でした。
 そうなんだよ。今の世の中「愛」が足りないのだ。恋人にそそぐ愛はあっても隣人や物、植物、食べ物に対する愛がないのだ。家族愛だって昔に比べたらない。子どもの愛し方がわからないというのだから。自分さえよければ良い愛だけを持っていて、他人は関係ない。時に子どもも他人になりえる。

 なんで同じ地球人なのに仲良く暮らせないのか、なんでどこかで殺し合いをするのだろうか。と思っていた。
 争いをするのも、取り合いをするのも、そうかすべての根元は愛だったのか。愛が無いから争うのだ。同じ地球人としての愛があれば争うことはないのだ。世界の人が兄弟愛で分かち合い、助け合えばもっと良い環境になる。良い地球になる。

 このままでは地球人達は、お互いが殺し合う。そして滅びる。頭だけではなく、心の脳が無いとだめなんです。エゴを捨てて愛を育てる。そうか、そういうことか。

 世界11カ国語に翻訳されて出版されているこの本は、日本語も漢字にはふりがなが有ります。小学校の低学年でも読めます。大人が読んでも充分に読み応えは有ると思います。大人が忘れてしまったピュアな気持ちが蘇ってきます。

 「おこらなかった問題やこれからもけっして起こりもしない問題を心配して、頭を悩ませて生きていくのを止めて、もっと "いま" という時を楽しむようにしなくちゃ」と言う。確かにそうそうかもしれない。無駄な考えで脳を疲れさせている場合が多い。

 今地球を救済しないと滅びる。

”すべて、愛にいていないものは、こわされて…
時と共に、忘れ去られて、捨てられていく…”

 エンリケ・バリオス 著
 石原彰二 訳  さくらももこ 絵
 徳間書店発行

| | コメント (2) | トラックバック (0)