カテゴリー「心と体」の54件の記事

2007.11.28

湯たんぽ

 突然の寒さに身体が…

世の中では湯たんぽが流行っているとか。
湯たんぽを作る会社は増産増産で大変だとか。
ミニ湯たんぽとか。

ブリキ、プラが主流らしいが、私のは陶器。もう6年くらいになるだろうか。
袋がへたって来たので、今年は作り直さないと。

湯たんぽ

今年も22日から使い始めてます。例年より遅いかった。
プラの湯たんぽも使った事が有ったけど、陶器の方が具合がいい。
そんなに寒くなければ、次の日も暖かい。

湯たんぽをすると、眠りがいい感じ。
身体、特に下半身を暖めるのはいいのです。
疲れも取れる感じだし。

調子の悪いときも、いいのです。

湯たんぽの他にも、腹巻きが流行っているとか。
寒い中で、腹出しルックを続けて来たギャルたちは、もしかして身体の不調を感じて来たのだろうか。
お腹や下半身を冷やせば、不調になるはずです。
暖めましょうよ、身体。


夕飯ここのところ体調が悪い。
食事にちょっと難あり。米粒を食べるのが少ない。イソフラボンを取ってない。
と言うわけで、納豆に温野菜。温野菜でなんか元気が出て来た。
自家製ゴマドレでいただきました。
残っていた、つぶつぶスープは汁がなくなって…


banner_02 ブログランキング・にほんブログ村へ励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いです

| | コメント (0)

2007.10.06

季節の変わり目

 本来なら、段々と涼しくなって、身体も季節に合ったように変化していくのに、今年は突然の秋。
開いていた毛穴が閉じてきたり、皮膚が冬型になって、熱を放出しにくいようになるとか、身体が冬に向かって準備をするのが、季節の変わり目。身体も慌てているだろうな。

 動物も季節の変わり目に毛が抜け替わる。人間も季節の変わり目には、知らないうちに見えないところで、変化してる。
 血圧も夏と冬では違うそうです。冬の方が少し高くなる。

 その季節の変わり目の身体の変化は結構エネルギーが必要なんでしょう。
インコなども羽が抜け替わるときは、なんか元気がない。

 人間だって、季節の変わり目になると体調がすぐれない人いる。
悪いって訳じゃないけど、疲れやすいとか、だるい、眠れないとか。いつもとちょっと違う。
 身体の変化にエネルギーが取られているんじゃないかなぁ、と私は思います。

 いたって健康か、いたって鈍感な人は感じないかもしれない。

 季節の変わり目は消化器系の毒だし。身体にやさしそうな物を食べて、少しいたわって、食欲の秋に元気に美味しく食べる。
 秋は実りの秋。美味しい物も沢山。でも、体調が悪ければ、その恵みにありつけない。

 消化作業にも沢山のエネルギーが必要です。だから、この時期に沢山食べて、消化にエネルギーを取られると、身体の変化に使うエネルギーが足りなくなって不調になる。と思うのです。
 
 エネルギーが必要というと、だから沢山食べた方がエネルギーが蓄えられる。と思いがちだけど、エネルギーって、食べるから増えるだけじゃない。もって生まれた器量も有るだろうし。
 もともと少ない人は、蓄えるより、食べれば食べるほど、エネルギーが必要で、辛くなるかな。

 きっと私などはその部類だろう。体力が無いわけでも、身体が華奢なわけでもない。食は細いなんて知らない。食べる、食べる。余計なエネルギーを使っている。

 風邪を引いたときも、食べないと早く元気になれない、と思うが、消化に掛かるエネルギーを風邪退治に使う。そのためには、症状が軽くなるまで食べない方が、早く治ります。

 この時期と言っても、今はもうすっかり秋。暑くても立秋あたりから、身体の変化は始まるそうです。敏感に感じる人もいます。食生活を変えたら、感じてきた、って人もいます。

 私はもう何十年もこの時期辛い日々を送っています。敬老の日当たりから勤労感謝の日ぐらいまでは、本当に辛い。

 どう辛いの?と聞かれても説明が出来ない。

 特に、この金木犀の咲く時期は絶頂。春も沈丁花の時期は辛い。


 今年は、瘀血(おけつ)の治療が2年目に入っていることも有るが、調子が悪いな、と言うときは、満腹まで食べない。って一応、心がけてました。
 ちょっと、いつもの秋とは違うのです。
 

banner_02 ブログランキング・にほんブログ村へ励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いです

| | コメント (0)

2007.02.14

花粉症か

 ヘークーション ハークション。ズル。
ここ一週間いろんな人がくしゃみをしている。

で、この私もくしゃみ。鼻もムズムズ。

毎年、花粉の飛び始めの頃は鼻に花粉を感じる。自称花粉探知機。
あー、今年も花粉が舞い始めたね。と、マスクはする。
で、しばらくすれば、大丈夫。

しかし、今年はそれを通り越して、ムズムズ、ヘークーション。たらり。
あら、これって何?
鼻が花粉を追い出す作業をしてる。

今年は花粉が少ないって言うのに。

曇っていても、くしゃみは出る。特に朝に出る。

そして、今日なんて雨が降っているのに、くしゃみどころか、鼻も詰まってきた。
そして、目までなんか異常感。いや、顔面もなんかこわばってる。
喉の奥もべとつく。

もしかして、これって、やっぱり花粉症の発症。
ついに、私の花粉コップも溢れたのか。

この嵐のようなこの湿った風なのに、私の鼻はドンドン詰まる。
花粉だけでなく、湿った埃が張り付いているようだ。

鼻炎だけど、花粉症ではないのよ。っと言いつけて来たけど…

しばらく様子をみよう。

banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いです

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007.01.10

食べ過ぎ警戒警報

 不調だ。何だこの不調感は。今日は本格的な仕事始めなのに出来るのかぁ。
 さんざん身体に問い合わせて、とりあえず現場には行くことにした。
年明けだからそんなにお客さんも来ないだろう、と楽観的に考えよう。

 天気もいいし、風も無く穏やかな日。こんな日に体調が悪いなんて情けない。
 結局はお客さんは午前中には一人。体調のせいか、事が上手く運ばない。
 無理なんだきっと、身体が止めろって言っているんだ。と、午後は休業。早仕舞の決断。

 帰って来てからベッドに入ると、地球に吸い込まれるような感じで身体が落ちていくような感覚。
 身体は疲れている。それなのに、脳はさえているようで眠ることは出来なかった。

 瘀血(おけつ)がそんなに騒いでいるようには感じない。何だろう。

 日記を読み返してわかった。毎年毎年この時期には不調になっている。のど元過ぎれば…なんだなぁ。

 年末からの、暴飲暴食のツケ。食べ過ぎの毒が溜まったのだ。
思い起こせば、7日あたりから少しおかしかったのに、沖縄料理をたらふく食べ、8日は身体が信号を出していたのにもかかわらず、無理矢理動かして、またまた飲んだり食べたり。胃腸に休む時間さえも与えなかった。

 9日も調子がいいもんだから、病院の帰りに買ってきたパンを苦しくなるまで食べたしまった。
 その夜も、美味しい美味しいと満腹。

 で、ついに身体は悲鳴。

 ごめんよ。毎年、毎年。本当に学習能力が無くて。そして、それに気づくのが遅くて。

 私の様な体質でなくても、この時期は年末年始の暴飲暴食に生活の不規則のツケが来る頃。
 なんとなく、身体がだるいとか、疲れるとか、風邪を引くとか。めまいがするとか。
 きっと、胃腸の疲れがいろいろな所に出てくるのだと私は思う。

 半身浴を2時間ほどして、身体をねぎらった。

 今日は夕食を作る元気はなく、昨日の残った鍋に玄米もちを入れて軽く食べた見た。

 ここの所12時前に寝ることも無かったし、大いに反省をして明日に備える。

banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いですブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.20

カラオケで忘年会

 今年は去年に比べると、忘年会が多い。
去年は秋からの不調が続いていて忘年会どころではなかった、と言うのが実情だが…

 このメンバーは、今年の初めに箱根の温泉に行き、最後もカラオケで忘年会。同年代は話が合っていいが、最近は体調のことが多い。
 テニス仲間だが、テニスを止めてからの付き合いの方が何倍にも長くなった。ラケットは何年握ってないだろうか。

 カラオケ屋さんでの忘年会。飲み放題食べ放題にしてもらったが、貸切までにもなっていた。

忘年会

 カラオケと言えば、唐揚げやピザを思い浮かべていったが、なんと、ご覧の通り、って食べ散らかした後の写真になってしまったが、煮物に刺身にきんぴらゴボウ。カサゴの唐揚げが美味しかった。エビもあった。ちょっとハイカラなのが、鶏からの甘酢掛け。
 野沢菜も白いご飯も食べ放題、だが、さすがに食べ切れない。おみやげにしてしまった。
 秋田弁のママには、思わず「おかあさん」と呼びかけてしまうくらい、暖かな感じ。

 カラオケも貸切なので、同世代同士懐かしい歌を思いっきり歌って、なんだか体調もスッキリ。

 腹から声を出すって、いいんだね。若い頃は毎週の様に歌っていた。まだカラオケボックスなんて、殆ど無い頃、リクエストの紙に書いて順番を待ったんだなぁ。

 今は考えられない。何でも有るんだよね、曲。だから楽しいのか。

banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いですブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.12.13

早寝・早起き・朝ごはん

陰山英男先生、そう百マス計算の先生です。
百ます計算が速くできれば、頭も良くなる、って、大変でしたね。

 でも、百マス計算をさせたら、余計に算数が嫌いになったとか、いろんな弊害が出た、ある教育者の発言でマスコミで騒がれた事もありました。

計算が速ければ、何事にもいいんじゃないか、と私は思っていたのですが、やっぱり、そこには有りました。

 生活の基本 早寝・早起き・朝ごはん が出来てなければ、百マス計算は上達しないという。

 マスコミでは報道をあまりされなかったが、陰山先生は、まずは、早寝・早起き・朝ごはん の習慣を付けてから、百マス計算にトライさせたという。

 昨今の、小学生は、この生活の基本が出来ていない。新聞も書いてあったが、今どきの小学生9時に寝るなんて事は、殆ど無いらしい。高学年になると、12時は当たり前とか。

 やっぱり、子どもはよく寝て、よく食べることが、重要。

 小学校時代は、身長が伸びる時期と、体重が増える時期がある。子どもから大人になるためには、体重だって増える。内臓だって、脳みそだってそれで出来ていく。

 それが、小学校4年生で体重が増えたからと、ダイエット。それも、お母さんが一緒にやろうって言った。と。

 炭酸飲料を飲まないとか、砂糖たっぷりのお菓子やジャンクフードを食べない。それくらいの食事制限なら何も言わない。その方がいいに決まっている。そういうのを食べ過ぎるから、体重も脂肪も増えているのだから。

 それが、ご飯を食べない、大人がやるダイエット。食べる時期に食べなければ、身体は出来ない。
 それでいいのだろうか。ちゃんと内臓が出来るのだろうか。ちゃんと大人になる準備を身体が出来るのだろうか。疑問だ。

 子どもの糖尿病が増えているのは確か。でも、それは、世の中が砂糖を油まみれ。そんな食べ物が余計に太らしている。

 真っ当なご飯を食べれば、異様には太らないだろう。
その上で、身体を作る体重増加は当然。

 食べなければ、脳も働かないから、勉強にも身が入らない。当然百マス計算だって、出来やしないのだ。

 もう少し、食のことを考えてもいいんじゃないだろうか。

 今日の新聞によると、ビジネス街でも、早寝・早起き・朝ごはんブームだと言う。
 丸の内で、朝をテーマにしたイベントが相次いで開催され、朝7時台からのイベントに延べ1000人が参加したと言う。

 身体を動かすイベントや、趣味や習い事らしいが、早起きして、ご飯を食べて生活のリズムが変わったと言う。
 大人がやれば子どももやる。これはいいことだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.21

どう防ぐ こどもの肥満

6/24にNHK教育で放送された土曜フォーラム「どう防ぐ こどもの肥満」が、好評につき今週土曜に同じ番組で再放送されることになりました。

前回見逃してしまった方、ぜひご覧ください。
こどもの肥満と言うタイトルですが、大人の人もわかってないひとが多いので、見てもらいたいわ。

◆7/22(土) 午後11:30〜翌日午前0:40(70分)
 NHK教育にて 土曜フォーラム「どう防ぐ こどもの肥満」
リンク: NHK 番組表.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.05

食べ物の影響は凄い

食べたものが身体に影響する。腐った物を食べればお腹を壊すことは知っているし、体験もある。
そんな事は大半の人が知っている(最近は食べ物が腐るって事を知らない若者もいると言うが…)

私の身体も食べたものが影響する。いや、多かれ少なかれみんな影響は受けているけど、感じなかったり、気付かなかったりしてるだけかな。

二日酔いだって、ある意味影響だし。油ものを沢山食べて、胃がもたれるのも影響。

あんこだって、食べ過ぎれば、胃がもたれるし、空きっ腹に甘い物を食べると、胃の調子が悪い、って人もいる。

今朝の私は不調。だるいし、イライラ感も強い。
ここのところ、寝る時間帯が遅くなったことの影響も有るけど、2日間の食事。

いや、水曜日のランチも気分転換として、友とランチ。これはパン食べ放題のレストラン。久しぶりのパンは美味しくて、何個食べただろう。
柔らかくて、口触りのいいパンは何個食べてもお腹にはたまらなかった。

土曜は、友と東京で豪華和食ランチ。
天ぷらも有った。天つゆに砂糖は入っている。みりんだってどんなみりんを使っているやら。
最後には、寒天とあんこのデザート。考えた末に食べてしまった。
 二口だからいいだろうと。

そして、夜はお蕎麦を食べた。美味しいそば屋だった。元々そば屋のチョイスにも悩んだが、心のどこかに、そのくらいなら大丈夫だろう。と。

昨日も友と横浜でランチ。洋食。フランスパンにワインデニシュパン。デザートはチョコレートムース。これは食べない方がいいなぁ。と思いつつ… 半分食べた。

06041  06042

今までなら、同行者に食べてもらっていたのに、一度、たががはずれると、ダラダラ行くよ。っていう先生の言葉が頭をよぎった。

こんなご飯を食べていると、体重もジワジワと増加。

連続はだめだね。
アトピーじゃないから、食べてもすぐに影響は出ないと思っていたけど、やっぱり限度が有った。

この<あ、さ抜き>食事を始めてから、余計に食べたものの影響を感じる。

今朝は、瘀血が力強く波打っているし、イライラするし、考えはまとまらない。だるいし、胃は重たい。
それでも、去年の不調感と比べれば、全然違う。

昨夜はお米を精米するのを忘れたので、今朝は夫のお弁当も作らず。

自業自得だ。

でも、友と楽しくランチしたことで、気分転換は出来たし、みんなで食事が出来たことは幸せだ。
これからも、これは私の中で究極の選択肢になるのだろう

banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いです

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.02.07

陶器の湯たんぽ

 今年は湯たんぽが流行なのだろうか。テレビや雑誌の通販でも売っているし、健康雑誌でも取り上げている。
今日の「はなまる」でもやっていた。冷え性の人のはもってこいだという。確かにそうです。私も5年ほど前から陶器の湯たんぽを愛用している。
 今日も寒かったので、お風呂に入る前に、腿で湯たんぽを抱えてみた。それで湯上がりが違う、と言うから。
確かに、夕方からの寒さで、手足が冷えていたのが、ももを温めただけで、全身が暖かい。
5年前はお風呂から上がって、こんなにのんびりしてはいられなかった。早く布団に入らないと、足が冷えて寝られなくなる。今は、湯たんぽという強い味方と、半身浴で湯冷めはほとんど無い。

 当時は湯たんぽを毎日使っているというと、白い目で見られてる様な気がしたけど、冷えるんだから、これでよく眠れるんだから。と使っていたが、5年後にこんなに流行るとは。
achaの健康法 からだ編.に湯たんぽの事が書いてあるのだが、そのころはまだ毒だし。と言う言葉もメジャーでは無かった。
 湯たんぽを入れて温まって来ると、足の指がなんかべたついて嫌な感じ。これって、汗なんだけど、一種の毒だし。ここで湯たんぽを蹴散らしたくなるときは、5本指の靴下をはいて寝ると、冷え性には極楽、極楽。

 子どもの頃は毎日お風呂は沸かさなかったので、お風呂の無い日は湯たんぽだった。それもブリキので。使い古しのバスタオルにぐるぐる包んで。初めて陶器の湯たんぽを使った日にはそのころを思い出した。懐かしい。

 その後はお風呂も毎日沸かすようになったし、使わなくなっていた。私は足は冷たいのに、電気物が嫌いだったので、電気あんかもほとんど使わなかった。

 毎日布団を干せる環境でもないし、冷たい布団ほど悲しい物は無い。布団乾燥機で暖めていたときも有ったが、湯たんぽにしてからは、これが一番。湯たんぽに羽毛布団で、極楽。人生の中で1/3は睡眠なんですよね。快適にしないと。
 ブリキやプラならば数百円で買える湯たんぽ。陶器はカバーが付いて3千円したかな。でも、5年も持っているし、快適だし、お金には換えられない。って、そんなに目をむくほど高くはないが。
 今は銅の湯たんぽが流行なのかな。いろんな形が有るらしい。

普通が一番だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.08

ドタキャン

 今日はよく働いたので疲れたけど、ちょっと疲れすぎなのは、まだ体調がどこか良くないのかなぁ。
 昨日、書いてから思ったこと。確かに自分の体調を考えて無理ならば、ドタキャンもしかたない事。でも、相手に負担をかける事も確か。

 体調が悪いときに約束をしかねていると、その日の体調でいいよ、その日に決めていいよ。ドタキャンでもかまわないから。と言われたときは、申し訳ないけど心が楽になった。
 約束の日に向かって体調を良くしようとは思うけど、そうならない場合もある。どうしても断れない仕事もある。だから無理になるのか。仕事は仕方ないけど、プライベートは甘えることにした。身体あっての、健康あっての楽しみと割り切ろう。

 それでも、その約束に向かって体調は管理しているつもり。しかし、不思議なことにその時は予定が混み合っていてもわからない。自分が疲れていることがわからない。後からスケジュール帳を見て、あら先週は随分動いたんだ、だからかぁ。と気づくのだ。

 私は今まで自分の体調や気持ちが落ちたときにどうすればいいのかと思っていたが、実は落ちているときより上がっているときが要注意だという。テンションは上がれば落ちる。あがり方が大きい程下がり方も大きい。だから、上がっているときに気をつけなさいと。それを知ったことは大きい。

 とにかく、あと2ヶ月。年末までは自分の体調をコントロールする訓練だ。
 何度も何度もドタキャン被害を人に与えてはならぬ。曖昧な返事もならぬ。です。
 今日は早く寝よう。疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧