カテゴリー「お勧めな物」の11件の記事

2007.07.19

瀬上の森とホタルを守ろう

 横浜もホタルの自生地は少ないけど、まだあるんです。農地だって全体の8%有るんです。
横浜産の野菜だって沢山あるんですよ。

この残された環境を少しでも残したい。子ども達や子孫に残したい。
瀬上地区はその少ない場所のひとつ。そこに宅地やマンション、ショッピングセンターの開発計画が進行しているそうです。
 
一人でも多くの人に、その現状を知って欲しいと、夏休み歌声コンサートが開かれます。
チラシを載せます。ご興味ある方はどうぞよろしく。

コンサートチラシ

banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いですブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.20

神奈川の梅干し

 WAN研究所さんは、はまふぅどコンシェルジェの講座の時にお世話って知り合いました。女と農ネットワークって言うのがいいなぁ、と思っています。
 こそで、神奈川の梅干しを通販しているので、ご紹介します。

 いつも、本物の梅干し。余計な物が入っていない梅干しを探すのに苦労している私ですので、手作りとか梅と塩と紫蘇で作った。と言う梅干しに出会うと嬉しい。

1パック150グラムだそうです。


・・・***・・・***・・・***・・・***・・・***・・・***・・・
作り手による味の「たべくらべ」梅干しシリーズ
神奈川版 定価2,480円+消費税+送料
    組み合せは4種類!
・・・***・・・***・・・***・・・***・・・***・・・***・・・

たべくらべチラシ表  たべくらべチラシ裏

 株式会社WAN研究所では、「風土や作り手による味の個性を楽しんでいただきたい」というコンセプトのもと、企画商品「たべくらべ」を販売しております。

「たべくらべ」は、毎回一つの農産加工品・エリアを取り上げ、それぞれ作り手の異なる3商品を詰め合わせてご提供するものです。

 商品はいずれも、各地域の女性農業者が、手塩にかけて育てた素材を自ら加工したものです。
女性農業者の加工品は、少量生産ゆえなかなか一般の流通には乗りにくい希少商品です。逆に、少量生産だからこそ、添加物やよけいな混ぜものを排除した、まっとうな作り方ができるのです

「たべくらべ」は、現代の私たちが暮らしの中から失いつつある本来の食べものの有りようや、それを育んできた文化を見直し、取り戻そうという試みでもあります。

 今回ご案内するのは、4人の女性たちの手による神奈川の梅干しです。
梅干し(3Lサイズまたはシソ入り)、小梅干し、梅肉、梅しそ漬け、はちみつ梅干しのなかから3つをセットにし、4種類の組み合せを作りました。

 ただいま、申込み受付中です。ファクスまたはホームページからお申し込みください(一部商品は受注後に仕込むため、発送まで1週間ほどかかる場合がありますこと、ご了承ください)。 
送り先(住所・お名前・電話番号)と下記セット番号・注文数と、送り主様のご連絡先(お名前・ご住所・電話番号)をご記入ください。

◆支払方法:代金は前払いです。お手数ですが下記の口座へお振り込みください。
◆振込先:
1)郵便振替口座 00110−5−614698 
2)銀行振込口座 みずほ銀行 渋谷中央支店 普通預金1071522 
       それぞれ名義は 株式会社WAN研究所

■セット番号と商品の組み合わせ(敬称略)
(1)梅干し(穂坂)+小梅(神保)+梅しそ漬け(柏木)
(2)梅干し(柏木)+梅干し(鈴木)+梅肉(穂坂)
(3)梅干し(鈴木)+梅干し(柏木)+小梅(神保)
(4)梅干し(神保)+梅干し(鈴木)+はちみつ梅干し(穂坂)

■送料はWAN研究所までお問い合せくださるか、HPをご参照ください。

◆問い合わせ・申し込み先◆
株式会社WAN研究所 Tel. 03-3462-5931 
               Fax. 03-3462-4932
E-mail info@wan-ken.com 
URL http://www.wan-ken.com

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.10.19

白菜と豚肉の煮物

 どうしたんだろう。不要物の処理をしたせいか。トイレ掃除のおかげか。

 突然、この数日で、いろんな人と出会うチャンスが有る。探していた、天然酵母パンの本にも出会えるし。

 将来自分がやろうと思っていることと関係がある人と出会う、紹介される。
 仕事も降ってきた。イベントのオファーが有ったり、私がやりたいと思っていた仕事の話しも舞い込んできた。どうしたことだろう。

 この本に書いてあることは本当かな。凄いな。運が来たら、今度はそれを本当の道にしないと。なんだか、いろんな人とも出会えて、ウキウキしてきた。
 いい仕事になるようにしよう。


白菜と豚肉の煮物

 今日は白菜と豚肉。水は使わなかった。昆布を鍋底に敷いて、白菜と豚肉を交互に重ねて、塩をひとふりして煮ただけ。後から醤油で味付け。これだけで、旨い、旨い。

もやしのナムル 夕食

banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いですブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.17

伊勢佐木・地モノ市

 暫くの間、アップの日付が前後することをご了承ください。


新鮮な野菜は美味しい。旬の物も美味しい。
何で、こんなに美味しいのかなぁ。

と、いうわけで、地モノ市のお知らせです。
よこはま里山研究所でも、毎週火曜の17時から、地物の野菜等を売ってます。


題名 : 第6回 伊勢佐木・地モノ市
内容 :
イベントのお知らせです。
地物は美味しいですよ。一度食べると、また食べたい。って感じです。
農家の直販って、有るところには有るけど、無いところにはない。
で、私の住んでいるところは、ほとんど無いのです。
だから、こんなイベントは嬉しいのです。


■ 第6回 伊勢佐木・地モノ市 ■
 http://www8.ocn.ne.jp/~satoyama/topics/jimonoichi.htm

 〜その土地、その季節ならではの「地のモノ」が勢揃い!〜
  
 日時:2006年10月22日(日) 11:00〜16:00
 場所:イセザキモール5丁目
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

地モノ市は、その土地、その季節ならではの「地のモノ」が並ぶ市場です。

今回の地モノ市には、収穫されたばかりの神奈川の新米が並びます。そのほかにも、今が旬の秋の新鮮野菜が勢揃い。近くだからこその「地モノ」の美味しさを、ぜひ味わってみて下さい。

地モノ市の目的は、地元の人が地元の物を利用するきっかけをつくる事。これを機に「地モノ」を選ぶ人が増え、それにより、近くの農家や、農業による田園風景が元気になることを願って、伊勢佐木・地モノ市を開催します。

--------------------------------------------------------
◆ 地モノ市に並ぶ品物 ◆
 
◎土作りにこだわった横浜市内産、神奈川県内産の新鮮・安全な農産物
   大根、ニンジン、里芋、玉ねぎ、さつま芋、なす、春菊、キャベツ レタス、サニーレタス、長ねぎ、なめこ、こかぶ、★新米、などなど

 ◎柑橘農家手作りの加工品
   レモンマーマレード、ブルーベリージャム、梅干、梅林漬け

 ◎地モノカフェ
   神奈川産の生姜と片栗粉を使用した、温まる飲み物「あめ湯」

 ※ 品物は気候や畑の状況により変わることがあります。ご了承下さい。

--------------------------------------------------------
日 時:2006年10月22日(日) 11:00〜16:00 (雨天決行)
場 所:イセザキモール5丁目
    (http://www.isezakicho.or.jp/home.html)
主 催:地モノ市実行委員会、協同組合伊勢佐木町商店街

◎お問合せ
 よこはま里山研究所(NORA) 地モノ市実行委員会事務局
  TEL 045-722-9674 
  E-mail nora-y@estate.ocn.ne.jp
  URL http://www8.ocn.ne.jp/~satoyama/
-----------------------------------------------------------

banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いですブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笹目の急須

 日本茶が美味しい季節になりました。不思議だね。秋になると日本茶。
昨年の秋に友達に、ここの笹目の急須の存在を教えてもらった。

 金っけがない、急須でお茶を入れると、いつものお茶が美味しくなるんだよ。なんで、今はマジック急須ばかりなんだろうね。
 昔と比べたら、お茶っぱが細かくなったのね。深蒸し茶も粉茶みたいだし。今までの急須で入れると、粉ばかり出ですぐに目詰まりしてでなくなるから、細かい目になったらしい。茶柱が立つなんて、無くなってしまった。

 茶こし付きの急須だと、お茶っぱが気持ちよく開かないので、かわいそうに思う。窮屈だね、って感じ。

急須外観 急須中

 で、この急須。細かい目なんです。 お茶っぱも気持ちよく開く。美味しくもなる。
 で、最後の一滴までしっかり出るんです。これにはびっくり。感激。

 この細かい目の手作りだという。凄いです。

 それが、3回落として、ついに使えなくなってしまった。しばらくは、茶こしを付けたり、前の急須を使ったり。
 でも、違う。味も違うし、お茶の出方も違う。

 どこかにこの急須が売っていないかと探してみた。この笹目。手作りで高い。高いのに作者の気持ちが入って柄が掘ってあると、7.8千円もする。いつ落として割るかわからないのに…

 で、ランドマークの5階の店に再び行って、買って帰ってきた。3,465円。高いか安いか。確かに高い。でも、美味しさを考えると、高くは無いと思う。帰ってきて、早速、朝と同じお茶を飲むが、やっぱり旨い。
 大事に使おう。

 楽天で探してみたら、こちらにも柄あり。でも、彫り物じゃないからまだ値段は安い。

常滑焼急須 高資緑夏目つる草細目  高資窯急須!居込みによる優しい雰囲気が味わえます!高資黒ルレット三ツ葉急須


banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いですブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.16

ハチドリのひとしずく

 何とも言えない感動。本編はホンの数ページなのだが、考えさせられる。
 自分が出来ることから初めて、変えていこう。焼け石に水だって、沢山集まれば大きな水になる。

 最近、本を読んでも実行できなければ、何にもならない。勉強したとは言えない。と言う話を聞いた。

 私は今までも、本に影響されて、いろいろ実行してきたつもりだったが、やっぱり上には上がいる。
 そして、大それた事じゃなくて、自分の出来ることから始めれば、地球温暖化だって…

ハチドリ計画などを見ると、世の中では密かにブームなってる。
そうそうひとりひとりよね。なんて納得したり。このHPを見ると、本が言わんとしていることがわかります。

先日も、マイ箸を携帯している人と食事をしました。話は聞いていたけど、実行している人はいるんです。
割り箸は間伐材から作っているから、使わなくなったら間伐材が困る、なんて話していたのはだれだったのか。
 今は、割り箸のために中国から輸入しているという。日本の荒れ放題の山を何とかすれば、いいのになぁ。でも、やる人はいない。

フードマイレージ・キャンペーン food-mileage.comを見ると、私はどのくらいCO2が減らせるのか。って真剣に考えたり。ちょっとしたことでいいんです。それが、塵も積もれば山となる。何ですね。

日本は、どこまでも買いあさる国。何を買わされているんだろう。
コーヒーだって、どんな風に作られているのか。
私は、前にも紹介しました、水筒派。自動販売機でペットボトルを買うずに水筒にすると、どれだけ地球にやさしいか。
SlowWaterCafe -ナマケモノのフェアトレード

知ってるよ。から、やってるよ。の生き方に変えます。って感じです。

banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いですブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.15

今日のこだま舎

今週もおまかせ野菜を注文してみました。

おまかせ野菜c

カゴに入って野菜達はやって来ました。
そして、ご覧ください。ビニールに包まれているのは、モロヘイヤとしめじだけ。後は新聞紙や広告です。

 じゃがいも、タマネギ、つるむらさき、キュウリ、インゲン、ピーマン、冬瓜、ナス、しめじ、モロヘイヤ。
 少人数家族のセットだけど、各がちょっと多いかな。
次回は減らしてもらおうっと。

南区では、地場物や、直売所が無いと思っていたら、有ったんです。
 フォーラム南太田で第三金曜の正午から16時まで「地モノ野菜市」を開催していたのです。
 今日はこだま舎を取ってしまったので、エゴマだけを買って来たのですが、次回を忘れなうようにしてみよう。


地モノ野菜市 地モノ野菜市 地モノ野菜市 地モノ野菜市

 10月14日のフォーラム南太田のオータムフェアでも開催するそうです。
 10月22日は伊勢佐木町5.6丁目。

新鮮、取れ立ての野菜は美味しい。

banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いですブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.07

トマトとアスパラのスパ

 まだまだアスパラは有るんです。今日は細めのアスパラを選んで、スパゲティーのソースにしてみました。

 外食が続くと何を食べていいのやら。断れない外食もあるし。
 友達も気を遣ってくれて、和食がいいんじゃない。お蕎麦は?といってくれるのだが、和食ってけっこう砂糖を使っているんですよね。
 お蕎麦だって、つゆには入っているだろうし。

 ただ、甘さに敏感にはなっているが、その素材が持つ甘さなのか、みりんなのか、私の舌では判断が付かないのです。
 みりんだって、熟成本みりんを使っているかどうか、なんて考え出すと、外では食べられなくなる。

 油は目でわかるけど、糖分は食べないとわからないし、素材の糖分かわからない。

外食って難しいですよね。と先生にいうと。
イタリアンがいいですよ。ボクもそうしてる。といわれる。
 油はOKなんだから、大丈夫ですよ。
イタリアンはニンニクとオリーブオイルが基本で、砂糖は滅多に使わないだろうという。

 確かに、塩やチーズはふんだんに使うけど。そうか、イタリアンか。と、医者からの帰りに、もうぜんにパスタが食べたくなった。
 お昼にどこかで食べて帰ろうか。なんて思ったけど、夕食にスパにしたのでした。

《晩ご飯》トマトとアスパラのスパ、サラダ、なぜか納豆

06052

【今日の一品】トマトとアスパラのスパ
 〈材料〉エリンギ、舞茸、えのき、トマト缶、ナス、タマネギ、アスパラ

 〈調味料〉和食の素、塩、グレープシールドオイル
 トマトは缶詰が有ったのでそれを使う。フライパンに重ね煮の要領で食材を重ねるのだが、アスパラは最後にした。
 和食の素を大さじ2杯ほどふりかけて、味を見ながら塩を使う。
 和食の素が無ければ、出汁と醤油がお勧め。昔だったら、コンソメを使った事だろう。
 少し煮込むのだが、アスパラはもう少しシャキシャキした感じにしたかった。
 麺を茹でるタイミングって難しい。
06051

サラダのドレッシングは豆腐のマヨネーズ。
これもやすらぎの里のレシピ

〈材料〉豆腐 1/2丁、菜種油大さじ2、米酢大さじ2、
みりん大さじ1、塩小さじ1/2、コショウ少々

〈作り方〉
1、豆腐を1〜2分ゆでて、ざるにあげて30分位水切りする。
2、ミキサーに調味料と豆腐を入れて、なめらかになるまで攪拌する。

と有るのだが、出してくるのが面倒なので泡たて器でシャカシャカやってみました。
さすがになめらかさが足りない。でも、私的には充分なドレッシング。

 さて、今回は悩んでオイルを使った。最近買ったこのオイルスプレーが何とも重宝。

 好きなオイルを入れて、シュシュと気圧を上げてスプレー。テフロン加工のフライパンだって少しの油で、楽に調理できるようになるし、やっぱりオイルを使いたい時もある。
 でも、ちょっとだけを出すのが大変。これを使うと、ほんのちょっとの量が面全体に吹き掛かるのでいい感じ。

 しかし、フライパンを温める前に吹きかけた方がいい。温めてからだと、霧になったオイルは上へ上へと上がってしまう。

 パンを作るときに、スプレーオイルを使うので知ってはいたが、あれはショートニングで家では使う気にならなかったが、この入れ物を使えば自分の好きなオイルが使えし、大量には入れられないので、オイルの酸化の不安も少ない。久々にわが家のヒット商品かなぁ。それでもあんまり出番はないが…

banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いです

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.06.02

重曹の制汗剤 

 梅雨が来る前の真夏日。ってどういう事でしょう。今年の夏も暑いのでしょうか。暑くなると汗の臭いが気になりますよね。

 身体のことを考えると、市販されている制汗剤は使うのは止めた方がいい。でも、臭いが気になる。確かにそうなんです。家にいるときはいいけど…

 で、去年、クエン酸が制汗剤にも使えます。と書いたのだが、確かに使えるかもしれないが、どうも濃度が難しい。
薄いと効果が無く、何度も使う。
濃くするとべとつく。と不具合。

なんかいい物は無いかと思っていたら、重曹。赤星たみ子さんの本にも載っていた。


汗は酸性、重曹は弱アルカリ。
これは行けるかもしれない。と、何でもやってみる私。

作り方は、200cc、コップ一杯の水に重曹を小さじ1。と有ったので、それでやってみる。
 ボトルに入れて、シェイク。最後に好きな精油。無ければいいかもしれないが、ミントがさっぱり。ハッカもいい。

 腋だけじゃなくて、ハンカチもこれで濡らして、汗をかいたて拭くとさっぱりすると書いてある。スプレーボトルに入れて、シュシュとやるのがいい。
確かに、ミントを抽出した液(結局はお茶と同じ)でタオルを濡らして、身体を拭くとさっぱり気持ちいいし、あせもにもいい。プラス重曹てことで何かが生まれるか。

 4月半ば頃から使い始めたが、今のところ朝、コットンにつけて、拭いておくだけで、一日気にならない。わきがのある人も、どんどんと臭いが薄くなるそうです。

 もっと汗をかくようになったらどうなるんだろう。でも、中和作用だからきっといいだろう。
 続けていくと、どんどんと臭いが出なくなって来るという。

 もっと、暑くなって、汗がダラダラになったら重曹ハンカチも活躍しそうだ。これなら、あの白くならない。って汗ふきも不要ね。
 
 重曹は掃除や洗濯には前からなんとなく使ってはいたが、深くは探求していなかった。
 本を探してみたら、いろいろ有ってびっくり。どれを買えばいいのか悩むほど。

 こんなにいろいろな事に使えるとは、思わなかった。キッチンでの使い方が何とも具合がいい。

ふきんを洗うために、ボールに重曹を溶かして、さて。ふきんを取る時に、手が引っかかって、床に…アチャー。
乾いたら、そこらじゅうが白くなっていて(^_^;)
床の拭き掃除もしてしまった。牛に引かれて善光寺参り。とは違うかぁ。
普段拭かなかった、置物の下も拭いて。

 前にペットボトルの汚れを落とすのに、塩がいいと書いたが、友達曰く、漂白剤を当たり前に様に使ってきれいにしている人たちに、このぐらいの汚れ落ちだったら、納得しないんじゃない。と。

 確かに、ピカピカにきれいになった訳じゃないね。と。
重曹なら、何とか納得してくれるかな。
 水筒もきれいになったけど。

 多少の汚れ落ちが悪くたって、身体や環境への影響を考えたら、これで充分、と私は思う。

 お風呂に入れると、身体が温まる。さすがにここのところは、暖かくなって来たので、ひと頃の半分、大さじ1杯ぐらいかなぁ。それでも汗がなかなかでない私でも出る出る。
 そして、さっぱり。

 重曹って奥が深いよ。

banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.02

食品の裏側


 やっぱり、加工食品会社の人って、自分で作ったものを食べないのかぁ。
 食品添加物で子どもの舌が壊れていく。って大人も同じ。脳だって壊れてしまうのよ。
 たんぱく加水分解物って、そうだったのか。グルタミン酸ナトリウムよりたちが悪いなぁ。

 同じものが売られていたら、食品表示を見て少ない方を買う、値段が高い方を買う。値頃感がなければ買わない。
 調味料は高くても本物を買う。
 なんだ、私の買い方って有ってるじゃない。

 テレビで情報を見なくなったら、本屋に行っても、同じ事の繰り返しなんだなぁ。と思うようになった。
 わが家にも同じような本がゴロゴロしてる。だから、この休みには本の整理をしようと思ったのに出来ない。
 で、この本。食品添加物の本。この手の本も何冊もある。同じようなことかな、と手に取ったら、面白いじゃない。と買ってしまった。

 日本一の添加物屋になる、食品添加物で新しい食文化を作る。食品添加物の神様と言われてた人が会社を辞めて書いた本。
 食品の裏側って言うから、裏事情かと思っていたら、食品添加物の事。
 危ないことは分かっていたけど、簡単便利、作りやすくなる、保存がきく。って事でどんどんと食品添加物を使うアイデアを食品製造会社に伝授していたという。
 
 ところが自分の子どもがそれを食べていたときに、愕然としたという。それは食べちゃだめ。
 作って売ること。買って食べること。これが一致していなかったんですね。
 自分が作ったものは売れればいいだけで、食べるものじゃない。と。
 やっぱり、食品を作っている人は自社製品を食べない、って本当だったのだ。と実感。
 自分が食べたくないものを人に売る。買った人は何が入っているか分からないけど、簡単便利美味しい。って食べる。
 何が使われているか、どうなってしまうかが分かれば口にはしたくないと思う。

 こんな人が、どんどんと世の中の食を悪くした。簡単に作れて売れればいい。安くできればいい。

 食べ物は命をいただくことで、それを調理するのも大変なはず。作って1時間、食べて5分。でも、それが大切。命をいただくのですから。
 それを忘れて、食品添加物のモーレツセールスマンだったのですね。

 気づいて、こんなに恐いですよ、って本を書いて、自らが反省をしているようだけど、一度簡単な事を覚えたら、元に戻すのは大変。
 今まで伝授した会社の製造方法を元に戻す事は出来るのでしょうか。
 自分が食べていくためだから仕方ないのかもしれないけど、やっぱりこんな世界だったんですね。食品の世界。 

 ベストセラーになって、一般の人が沢山読んで、みんなで食品の裏側をみて、台所にないものが入っていたら買わない。って出来たらいいけど、分かっちゃいるけど、便利には変えられない。
 作って売って、体には良くないって分かっちゃいるけど、消費者が欲しいって言うから。

 あーあ、悪循環。自分の命、家族に命を守るのは自分なんです。

 でも、未来をどう生きるか。舌は取り戻せる。食品添加物と付き合う方法までを書いているから、いいのかぁ。
 
 買った離乳食で15年後に子どもに殺されないためには、自分で作りましょうよ。
 たんぱく加水分解物。なんて入っているのを買うのは止めましょうよ。

 本当の出汁の味が分からなくなっている舌は、汚染されています。日本の伝統の味を蘇らせましょうよ。
 日本にしかない味、出汁の味と切れ味。

banner_02励ましのワンクリックお願いします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧