カテゴリー「旧暦」の2件の記事

2007.02.17

旧暦の大晦日

 旧暦の正月というのは、立春も過ぎるので、本当に来春とか、春になったら、と言う言葉が有っていたんですね。
今日が大晦日です。
今年は暖かいから、余計にそう思うのだろうか。


さて、私は旧暦の生活感に興味を持ち始めて5年近くが立ちますが、ここの所世間でも注目を浴びているのかしら。
持っていた本の続版が出たり、しきたりや風習、歳時記的な本が随分と出ています。

で、この本は数年前にやっと探したのに、先週は産経新聞の週間ランクで1位でした。
なんで、今頃この本が…
本屋に行ったら、平積みにされてました。

やっぱり、戦後から今まで西洋化、追いつけ追い越せ、発展、便利とか求めて来たけど、そのためにいとも簡単に捨ててきてしまったことが重要な事だと、気付いたのだろうか。

日本には日本人の生き方、生活の仕方が有るのだと思う。
いろんな物に逆らって来たから、今の世界になったのだろうな。

banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.03

十五夜で七五三

 明けましておめでとうございます。
今年もご愛顧のほどよろしくお願いします。
今年は嫌な事件が少ないといいなぁ。

正月も3日。これで正月は終わりって日ですね。
わが家は今年は旧暦を重視した生活をしてみようと思っています。

年末のはFM横浜で「なごみ歳時記」という本がクイズで当たって、歳事と言うことも頭において見たいと思います。

なごみ歳時記 と、いいながら今年もわが家にはおせち料理は有りませんでした。
黒豆と大根よ京芋は煮ました。
お雑煮も食べました。
おせちは人の家で食べる、って感じになっています。

でも、ふと思うと、おせちというのは、家庭の味だったのに、ここ数年は買う家が増えたのでは無いでしょうか。
デパート、ホテル、ネット。
近い将来は、おせちはセットで買うのがきっと当たり前となることでしょう。

さて、今日は旧暦では11月15日の満月。
満月の時期は、何でも吸収しやすいので、食事も少なめのほうがいいというが、お正月が満月ということは、普段より食べる飲む機会が多いから、体重増量の人が沢山の事でしょう。
かくいう私も、満ちていく月と友に体重も満ちました。

これからは、欠けていく月なので、体重も欠けるようになります。食べる量が少なくても大丈夫に感じますが、やっぱり食べ過ぎはだめよね。

作ることが面倒な正月でも有ります。
今夜のわが家は、冷蔵庫に有る物を並べた、って感じです。

夕飯

クリスマス市で買ったソーセージ。小松菜のお浸し。冷凍餃子。大根とツナのサラダ。焼き豚の紅茶煮。京芋。

banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いですブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)