« お通夜 | トップページ | 暗いところで本を読むと目がよくなる »

2009年9月21日 (月)

喪服

 彼女は洋装だった。

喪服=和装 と言う考えはもう古いのだろうか。
ある意味、和服は悲しさを呼ぶ。条件反射なのだろうか。

冠婚葬祭の服装はそう言えば昔より軽装になっているかもしれない。

私は久しぶりにストッキングとスカートをはいた。
10年前から、日常にスカートをはかなくなった。ズボンのみ。
冷え防止である。

喪服がスカートなので、それを着るときだけ、ストッキングとパンプス。
前に着たのは一昨年の同級生のお葬式。
こんな時だけはくパンプスもかわいそうだなぁ。

このたびは、連絡を受けてから4日も有ったのに、
今日になって、喪服のベルトがない。

黒のバックはどうしたんだろう。と昨夜から考えて。

ベルトは他のを代用。
バックはなぜない、一昨年はどうした。

思い出したのは、今日の朝。
そうだ、一昨年使った前はその3年ぐらい前で、
出してみたら、中はカビ、ボロボロろと皮がもろくなっていた
外側は綺麗なのに。

それできっと処分をしたんだなぁ。
忘れていました。

喪服はそう何回も着る物じゃないので、その時になって思い出す。
一昨年は、黒のストッキングがないことに着替える時に気づいた。
行きがけにかって、途中ではきかえた。

何かないと用意を忘れてしまうのだが、この喪服も若いときに買った物だからさすがにちょっと…、になって来た。
スラックスの喪服を買った方が良さそうだなぁ。

と、またこの時期が過ぎたら忘れてしまうのだろうか。

« お通夜 | トップページ | 暗いところで本を読むと目がよくなる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喪服:

« お通夜 | トップページ | 暗いところで本を読むと目がよくなる »

最近の写真

  • 20141021_185626
  • 20131213_163930c
  • 20131213_111901c