« 伝える | トップページ | 先生と呼ばれて »

2011年11月22日 (火)

オウムの事

 昨日からオウムの事をやってますね。裁判が終結したのです。
裁判が始まってから16年

坂本堤弁護士が殺されてから23年です。

最初はオウムと自分は何の関係もない。と思っていた。
実際には直接は何の関わりもないのです。

しかし…
坂本君の事は本当に残念でなりません。
なぜ彼が殺されなければならなかったのか。
6年もの間埋めらなければならなかったのか。

頭蓋骨にも穴が開いて、歯も壊されて。
むごいです。


先輩の坂本くんが、今話題のオウムの事で被害者の弁護団になっている。とは噂で聞いていた。

そうか、あの坂本堤は弁護士になったんだ。
確かに正義感は強かったなぁ

頭はいいけど、気持ちも良かったし、お茶目でいたずら好きでした。

中学を卒業してからは、東大に入った事も風の噂で聞いていた。

中学の先輩だった坂本君
先生からも慕われて、一目もふた目も置かれていた。
坂本が言うなら、そうだろう。と言うのです。

中学生とは思えぬ話し方。
知識の多さ。

最近聞いた話では、とっぽい同級生の一人は、運動靴のかかとを踏んでいたら、坂本くんに
「山本よ、靴のかかとは踏まれるためにあるんじゃないぞ」と言われたそうです
彼は、その後、中学でも高校でも、かかとを踏んでいる人に、坂本くんに言われた通りに言っていたそうです。
優等生からヤンキーまで、坂本くんを慕っていたのだと思います。

私は中学で坂本くんに会ったときに、中学生って凄いんだな、と思ったのです。
あの時、坂本くんの他にも、赤星くん、岩見くん…、あれもう一人の名前が出て来ない。

とにかくあの4人は凄かった。

後輩としては本当に誇らしかった。

それが、あの様な最期になるとは思ってもいなかった。

あの人が生きていれば、どんな事になっていたのだろうか。

事件が発覚した後に、中学当時の坂本君たちとの談話のテープが有ることを思いだして、実家に取りにいった。
そして、聞いた。
この年になって聞いても、坂本君は凄いことを話していたのだなぁ、と思った。
涙がでた。

今回の事で、坂本一家がテレビに映し出されると心が痛い。
なぜあのような事件が起きたのだろうか。

これからも訳のわからない事件が起きるのだろうか。

人間の心を忘れて欲しくはない。

« 伝える | トップページ | 先生と呼ばれて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オウムの事:

« 伝える | トップページ | 先生と呼ばれて »

最近の写真

  • 20141021_185626
  • 20131213_163930c
  • 20131213_111901c