« 食べたい物が見つからない | トップページ | 「気が済む」のも重要 »

2013年1月12日 (土)

いい家だった。いい時間だった。

 昨日はとてもいい時間を共有できました。
天然素材の家は、家が呼吸をしているようでした。

玄関のたたずまいからも衝撃を受けました。
まるで、Before、Afterの番組のような玄関でした。

淑己ちゃんの愛した家にやっと訪れる事が出来ました。
本当にいいおうちだね。

1年半だったけど、ここに住めて良かったね。
私もこの家に来て元気が出て来たよ。

壁も床も天然素材。
ドアひとつにも、気持ちがこもっている。
気付くと、すべてが引き戸だった。

キッチンもリビングも、二人の思いが一杯詰まっている。

私もこんな家に住みたい。
こんな家を作りたい。

この和室で、ことだま講座を開いて、2階のキッチンとダイニングで料理教室。

庭からは、隣の公園の緑が燦々と入ってくる、なんとも言えない借景。空気。
公園から聞こえてくる、子供の声。

すべてにエネルギーが注がれている。と言う空間。

天井の斜頸も、窓枠も、ずーっと見ていても飽きない。
なんでだろう。
良い雰囲気なんです。

そこかしこに、淑己ちゃんの面影があって。
今日は丁度3回目の月命日。
三ヶ月たっても、そのままになっている場所。
彼女がこれをどうしたかったのか。

痛みも出血も、好転現象と決めて、定期検診にも行かず。
どこにそんなエネルギーがあったのだろうか。

痛みも出血もひどくなって、それでもまだ、冷え取りに挑戦しようとしていた。
私は、ファイブソックスを紹介したけど、そんなにひどいなら、医者に行く方法もあるよ。
と、言ったけど、あの時はもう相当辛かったのね。

意を決して、手術もと思って行った病院で、余命1ヶ月を宣告されるとは思ってもいなかった事だよね。
よく頑張った。
すごいよ。

今日は私が作った、プレッツェルを持って行きました。
6月の時に、次はパンを食べてね。と言ったままだったので、今日はお供えさせていただきました。

そして、今日は生前に淑己ちゃんが仕込んだ醤油のもろみを、旦那さんがしぼって醤油にした物をいただきました。
その醤油の美味しいこと。ただなめるだけでも美味しいし、お刺身が美味しい。
そして、なんと私の持って行ったプレッツェルに付けると旨い。
パンと醤油が合うなんて、思ってもいなかったです。
すごいコラボだわ。

20130112_155919c

今日の偲ぶ会は、私がおうちを拝見したいと言う、わがままを旦那様に開いてもらいました。
どこにどう告知をして良いのかわからずに、ただFacebookだけに書いて。
それでも、伝言をしてくださった方がいて、7名の方にお集まりいただいて、感謝です。

14年しか東京にいなかった彼女の人間ネットワークのすごさに、旦那様も驚いていました。

今回集まっていただけた方々は、邦楽のお仲間が中心でした。
彼女のお琴や三味線にかける気持ちは、命の支えでもあったと思いますが、集まった方々もすごいですね。
それぞれの楽器をお持ちくださり、お一人お一人が淑己ちゃんに捧げてくださり。
皆さん本当に邦楽がお好きなんですね。
お話もつきませんでした。

皆さん何度も涙をこらえていました。
もちろん、私だって。

辛いお話も沢山あるのですが、こういうことって話すことで少しずついい記憶になって行くのだと、自分の体験からも思います。

私は淑己ちゃんに出会わなければ、邦楽の方々と出会うことも有りませんでした。

人との出会いは何かのご縁。
これも何かのご縁です。

この邦楽の演奏は滅多に出会えないし、尺八の生音は初めてでした。
そして、最後に淑己ちゃんの部屋でのお琴の演奏。部屋も淑己ちゃんも喜んでいることでしょう。

お琴や三味線は置かれているのを見て、主のいなくなった楽器たちはどうするのだろう。
決して、安い物じゃないし。

なんて、思ってしまった。

願わくば、10月には「淑己の会」などと言うミニコンサートがこのおうちで開くことをして見たい。と思ったのでした。

6時までの予定が、気付けば10時半でした。
足り去りにくりおうちを出て来ました。

見送っている、旦那様の後ろにきっと淑己ちゃんも見送ってくれていた事と思います。

« 食べたい物が見つからない | トップページ | 「気が済む」のも重要 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いい家だった。いい時間だった。:

« 食べたい物が見つからない | トップページ | 「気が済む」のも重要 »

最近の写真

  • 20141021_185626
  • 20131213_163930c
  • 20131213_111901c