« お正月の思いで3 実家詣で | トップページ | 今の時代 »

2017年1月31日 (火)

お正月の思いで4 よそいき

横浜の手良小屋(てらこや)てらこです。
私の目から見て感じた事や、私の知っている風習、
習慣をつれづれなるままに書かせていただくカテゴリーです。

わが家は、いや我が実家(里)は
風習には疎かったにか、気にしなかったのか。
ある意味、初代核家族の世代
自分の親たちがうるさくしていて事をしなくていい。
気楽だぁ。と思った世代なのかなぁ。
そんな家の子どもですから、そんなに多くの風習は
知らずに育っていました。

神棚も仏壇もない家でした。
それで、大人になってからいろいろ知りました。

親の世代がこだわらずに、捨てて捨ててしまった
そんなものに大事な事が沢山あったのね。

関西より、関東の方が風習には重きを
置いていないことも確かだと思う。

お正月三が日って言うのは特別な日
三が日は、お出かけをしなくても、
着物かよそいきの服でした。
それが、子ども心に嬉しかった。

31suao06
お正月は年神様を迎えて、おもてなしを
する時ですからね
特別な時間だったのですね。

子ども的にはお客さんは来て、
お年玉はいただけるし

そんなよそいき感覚もなくなって、
単なる休みの感じになって来ましたね。

そういえば、子どもの頃はどこかに出かける時は
「よそいき」に着替えましたね。
着替えるって事は表敬なのかなぁ。

普段でも出かける時は着替える。
って感じでした。

今は、滅多なことが無ければ、いつもの服の私。
メリハリって言うのが生活から消えたのかも。

父は今でも、必ず着替えますね。
家にいるときと、出かける時は来ているものが違う
着替えないと、氣持ちが癒されないらしい。

よそいきって表現がなくなったなぁ。

買い物でさえ、着替えた。
行く場所によっても違う。
いまで言う所のドレスコードが違うんですね。

近場に行くときと
横須賀から、横浜に買い物にでかけるときでは
全然違った。
おしゃれをして出かけましました。

今は…
どこに行くにも同じ服の私かも

両親の実家に行って、いとこ達と羽根つきもしましね。
今思えば、絵に描いたようなお正月だったなぁ

そうだ、あの頃の写真をスキャンしてみよう。



講座の申込み問い合わせはこちらから 


手良小屋スケジュールがメインのメルマガを発行しています。
よろしければ登録してください。
http://mail.os7.biz/b/88RE

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
手良小屋(てらこや)
http://acha506.tea-nifty.com/terakoya/
てらこの魔法の筆文字教室
http://terakoya-yokohama.com/tsutefude/
てらこの名前のことだま®
http://acha506.tea-nifty.com/kotodama/
横浜市南区宿町2-40大和ビル209
横浜市営地下鉄 蒔田駅下車 徒歩4分
近所にはコインパーキングあり
手良小屋(てらこや)への地図
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

« お正月の思いで3 実家詣で | トップページ | 今の時代 »

名前のことだま®コラム 風習 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21276/64737407

この記事へのトラックバック一覧です: お正月の思いで4 よそいき:

« お正月の思いで3 実家詣で | トップページ | 今の時代 »