« 第3回名前のことだま初級講座 人生が楽しくなります | トップページ | お正月の思いで4 よそいき »

2017年1月24日 (火)

お正月の思いで3 実家詣で

横浜の手良小屋(てらこや)てらこです。
私の目から見て感じた事や、私の知っている風習、
習慣をつれづれなるままに書かせていただくカテゴリーです。

わが家は、いや我が実家(里)は
風習には疎かったにか、気にしなかったのか。
ある意味、初代核家族の世代
自分の親たちがうるさくしていて事をしなくていい。
気楽だぁ。と思った世代なのかなぁ。
そんな家の子どもですから、そんなに多くの風習は
知らずに育っていました。

神棚も仏壇もない家でした。
それで、大人になってからいろいろ知りました。

親の世代がこだわらずに、捨てて捨ててしまった
そんなものに大事な事が沢山あったのね。

関西より、関東の方が風習には重きを
置いていないことも確かだと思う。


お正月は2日、3日はお年始に行きました。
両親の実家には、叔父叔母も集まって来て、
いとこ達と羽根つきやトランプしてましたね。

小さいいとこ達の面倒を見ながら遊んで。
私は自分の妹は誰かに面倒を見てもらい、
私も誰かを面倒みてました。

みんなが集まるのは年に1度だけ
二人とも横須賀だったので、時間はかからず
当時遠いと思っていた、川崎の親戚もやって来て。

あの頃は、横須賀から川崎や泉区、旭区は遠かったなぁ
って、そんな区も出来ていなかったころ
横浜横須賀道路もなかった。

高速はない自動車の世界としては陸の孤島の
三浦半島って感じ


中央高速に乗るのに、16号をひたすら走って八王子
東名は大井町だったなぁ
第一生命のビルが見えてくると、やっとって感じだった。
乗るまで何時間かかたかぁ


と、話しは逸れましたが
そうやってお正月にみんなで集まって、
ごちそう食べて、おじさん達は酔っ払って。

あの頃はそうやって集まるのが当たり前
今でも、そんな話しは聞きますけどね。

あの時のお料理も田舎のおばさん達がつくって、
母達はなにをしていたのかんぁ
私は中学の頃は、台所で手伝うのが良かったなぁ。

私もお正月は実家詣でをするけど、
人寄せって面倒になるときもある
昔はお嫁さんも大変だっただろうな。

だから、女正月なんて日も有るんだろうけど。


で、最近聞く話は、もう何年も帰ってない。
親とも数年あっていない。とか
兄弟になると10年も会ってない。
なんて、話も聞いた事があります。

どんどんと日本人が守ってきた、
先祖代々って考え方も変わって来たし。

いとこの顔も知らない、と言う事が出てくる。
せめて実家(里)には帰ってみようじゃないの。

31ilah20

旧正月は1月28日です。

ことだま教室は、2月12日(日)13時半からです。


講座の申込み問い合わせはこちらから 


手良小屋スケジュールがメインのメルマガを発行しています。
よろしければ登録してください。
http://mail.os7.biz/b/88RE

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
手良小屋(てらこや)
http://acha506.tea-nifty.com/terakoya/
てらこの魔法の筆文字教室
http://terakoya-yokohama.com/tsutefude/
てらこの名前のことだま®
http://acha506.tea-nifty.com/kotodama/
横浜市南区宿町2-40大和ビル209
横浜市営地下鉄 蒔田駅下車 徒歩4分
近所にはコインパーキングあり
手良小屋(てらこや)への地図
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

« 第3回名前のことだま初級講座 人生が楽しくなります | トップページ | お正月の思いで4 よそいき »

名前のことだま®コラム 風習 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21276/64737336

この記事へのトラックバック一覧です: お正月の思いで3 実家詣で:

« 第3回名前のことだま初級講座 人生が楽しくなります | トップページ | お正月の思いで4 よそいき »