« 12月の名前で紐解く日本の神様の話 | トップページ | 元旦の雑煮は父が作った »

2017年1月 2日 (月)

元旦と元日の話

 こんにちは、横浜の手良小屋(てらこや)です。
ブログに書きたいことは沢山あります。
書く時間をどうやって作ったらいいのでしょうね。

何かをするには、何かを削らないとならない。
そんな私です。

長く書くからいけない
ならば短く
と思うのですが、
これがまた出来なくて。

今年は何かを書いて行きたいと思います。
毎日は無理だけど、週一
そういえば、数年前は週2回は書いていたのよね。

手良小屋、ことだま、伝筆と別立てにしたからかなぁ。
でも、ごったによりいいと思うのね。私は。

と言うわけで、三日坊主になるかもしれないけど
書いて見ました。

わが家は、いや我が実家(里)は
風習には疎かったにか、気にしなかったのか。
ある意味、初代核家族の世代
自分の親たちがうるさくしていて事をしなくていい。
気楽だぁ。と思った世代なのかなぁ。
そんな家の子どもですから、そんなに多くの風習は
知らずに育っていました。

神棚も仏壇もない家でした。

それで、大人になってからいろいろ知りました。

親の世代がこだわらずに、捨てて捨ててしまった
そんなものに大事な事が沢山あったのね。


関西より、関東の方が風習には重きを
置いていないことも確かだと思う。

そんな私が知り得た事をこの
カテゴリーでは書いて行こうと思います。

2017年
今年は穏やかなお正月を迎えました。
初日の出もよく拝めたらしいですね。
私は睡魔に負けました。

あまりに暖かなので元日の午後は散歩には行きました。
家の前から、ずーっと北へ北へと歩きました。

たどり着く先は海。

20170101_150159
昨今は横浜でのドラマの撮影が多いですよね。
そんなところには、観光客も多い

歩くとここは観光地と言う事に実感します。

20170101_151337
そして、ここまでになりました。
この先は進めません。

20170101_152026

ちょっと右に曲がると、こんな景色
ゆっくり歩いて1時間で、こんな景色が見える。
幸せですよね。

20170101_164453
暖か過ぎて暑いくらいでした。が、夕景のころには
寒い。
良い景色
良い元日でした。

さてさて、タイトルの話し

「今年は元旦の夜から働いてんだよ」
「元旦の朝は暖かく」
「元旦の朝から出かけて」
「1月1日の元日に」

と言うような、会話が聞こえて来ました。

「元旦と元日」の話はことだま教室でさせていただいてますが…

ほとんどの方が、意識して使い分けてない。と言います。

今日からはちょっと意識して見てくださいね。

元旦は1月1日の朝 日の出の頃を言います。 
まぁ、午前中って感じでしょうか。
元日は1月1日の事です。

旦の棒は海を表していると覚えると間違えないと思います。
海からお日様が上がってくる状況ですね。

なので、元旦の朝 と言う表現は
「頭が頭痛」
「危険が危ない」
「キムチチゲ鍋」
って表現と同じになります。

元旦の夜はないのですね
元日の夜になります。
元旦は暖かく
元旦から出かけて
元日は1月1日の事になります。

昨年のお正月に見つけたのですが

20160103_140433

年中無休
元旦を除く

と言うことで、1月1日の午後は営業らしい(笑)

晦日って言うと、1月から11月までの末日
末締めとか、晦日締めって言いませんか?
12月は大晦日
大晦日は12月31日の事

今年はアナウンサーがこうやっているところは
耳にはしませんでしたが、
「元旦の朝は日の出が綺麗でした。」
なんて聞いた事がありました。

来年には気を付けてみましょう

手良小屋スケジュールがメインのメルマガを発行しています。
よろしければ登録してください。
http://mail.os7.biz/b/88RE

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
手良小屋(てらこや)
http://acha506.tea-nifty.com/terakoya/
てらこの魔法の筆文字教室
http://terakoya-yokohama.com/tsutefude/
てらこの名前のことだま®
http://acha506.tea-nifty.com/kotodama/
横浜市南区宿町2-40大和ビル209
横浜市営地下鉄 蒔田駅下車 徒歩4分
近所にはコインパーキングあり
手良小屋(てらこや)への地図
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

« 12月の名前で紐解く日本の神様の話 | トップページ | 元旦の雑煮は父が作った »

名前のことだま®コラム 風習 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21276/64724632

この記事へのトラックバック一覧です: 元旦と元日の話:

« 12月の名前で紐解く日本の神様の話 | トップページ | 元旦の雑煮は父が作った »